--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンゴスチュラ引退

2014年04月04日 20:45

アンゴスチュラ(牝3)
4/4  引退
「NFしがらきに到着後、改めて内視鏡検査を行ってもらったところ、やはり両肺から出血の跡が見られました。レース後は左右両鼻腔からかなり多く出血していましたので、おそらく肺からだろうとは思っていましたが、それにしてもこの診断結果は残念です。今回の帰厩後、できるだけ肺への負担が少ないようにと追い切りはポリトラック中心に行ってきました。その中でも、この馬のいいスピードは見せてくれていましたので、使いつつ内臓面もしっかりしてきてくれれば、と思っていたのですが・・・。このまま続けていきたい思いもありますが、馬自身が苦しい思いをする可能性を考えると、これ以上の無理をさせるのは厳しいのかもしれません。本当に申し訳ありません」(安田師)
昨年夏の入厩時から、素晴らしいスピードを見せて先々の活躍を期待させた本馬でしたが、鼻出血という大きな壁が立ちはだかってしまいました。デビュー直前に初めて発症し、その時は約半年の休養を要しています。同じく半年で復帰できたとしても、未勝利戦にはギリギリ間に合うかどうかという時期になりますし、今回は両肺からの出血ということで、さらに厳しい状況が予想されます。以上のような事実を鑑みた上で、安田隆行調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


アンゴスチュラ、ダメージは思いのほか大きく、引退という決断になりました。
本当に残念ですが、この状態では仕方ないですね…。

二度の鼻出血以外にも、1歳時の球節の疲れや帰厩直後の熱発など、根本的に
体質が弱かったのかもしれません。
能力はありそうだったのに、それを全く発揮できないまま終わってしまいました…。
兄メトロノースと同じく、早期デビューから交流重賞という夢を描いて出資したこの
アンゴスチュラでしたが、デビューが遅れて、しかも2戦しかできませんでした。
またもや、出資馬が体質面での問題で引退という結末を迎えてしまいました…。
そういう面で心配なさそうな馬を選んだつもりだったんだけどなぁ。

2戦0勝という戦績と、良血とは言えない血統背景なので、NFでの繁殖入りは
ちょっと難しそうですが、他の場所でもよいので、母として現役時代の無念を
晴らすチャンスを与えてもらえるといいですね。
キャロ募集でなくても、初の牝馬出資馬なので、子供たちが競走馬として走る
ことになれば、応援していきます。

苦しいことの続いた現役時代でしたが、アンゴスチュラ、お疲れ様でした。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト


コメント

  1. ぼんちゃん | URL | -

    残念★

    じゃすさん、こんばんは☆
    アンゴスチュラ、思っていたより症状が重かったみたいですね。
    ダート短距離に適正があるお馬さんなので、最悪でも再ファンドとかかな・・・って思っていたのでびっくりです。
    出資者もつらいですけど、これ以上お馬さんがつらい思いをするのも可哀想ですからね。。。
    アンゴスチュラに幸せな余生があることを祈っております。

    もう1頭、元気が有り余っているお馬さんがいるので(笑)2頭分頑張ってもらいたいですね。
    今のところレース以外で力を発揮されておりますが^^;

  2. まこと | URL | GCA3nAmE

    じゃすさん、こんにちは。

    アンゴスチュラ、本当に残念な結果になりました。
    追い切りの時計も良く、陣営のコメントから楽しみでしたが・・・・。
    じゃすさんと久々のご一緒馬ということで勝利のお祝いをするのが
    楽しみだったのですが、本当に無念です。

    なんとか血を残していって欲しいですね。
    未勝利なのでNFは厳しいかと思いますが、そのスピードを継ぐ仔が見たいです。

  3. じゃす | URL | wZn0fcHk

    ぼんちゃんさんへ

    レース後のコメントでも症状は軽くないと言われていたので覚悟もしていたのですが、実際に引退となってしまうとやっぱりショックです。
    たぶん馬にも苦しい記憶として残っているだろうし、仕方ないんでしょうね。
    健康面では心配いらない馬だと思って出資したのに、本当に馬選びは難しいです…。
    そうですね、元気が有り余っているもう一頭は健康面でも丈夫そうだし、あとはレースでその元気が走るほうに向いてくれれば、期待できると思ってます。
    あの暴走も、オルフェーヴルみたいに後々、逸話として語られるようになってくれないかなと期待してます(笑)

  4. じゃす | URL | wZn0fcHk

    まことさんへ

    ご一緒に勝利を祝えなくて、本当に残念なことになってしまいました。
    無事に走れば最低でも一つは勝ってくれると思ってたんですが…。
    私には初の牝馬出資馬でしたが、NF入りが難しければ、母馬優先権は使えないかなぁ…。
    でも、もしキャロ募集でなくても子供が元気に走る姿、見てみたいですよね。
    お母さんの無念を晴らしてくれるような産駒が出ることを期待したいですね。
    お兄さんも交流重賞勝ち馬だし、無事に繁殖に上がれることを願ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/710-df8ba7cb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。