--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4歳馬近況

2010年07月15日 23:59

ドナシュラーク(牡4)
7/15 羽月厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「水曜日に帰厩し、今朝さっそく軽めの調教
を開始しましたが、1週間程度でも放牧がいいガス抜きになったようで、いい
リズムで走れていました。脚元も問題ありませんし、これなら順調にペースを
上げていけるでしょう。小倉は芝短距離が1200mしかありませんが、前走の
行きっぷりを見る限りは距離短縮に対応できると思いますし、使いつつ馬体は
良くなってきているので、落ち着いてレースに臨めれば楽しみです」(羽月師)
8月1日の小倉競馬(筑紫特別・芝1200m)に北村友騎手で出走を予定して
います。


せ、千二を使うのですか…!?
前走で芝を使ったのはイレギュラーだった面もあったから、ダート1700mの可能性も
あるかなぁとは思ってましたが、スプリント戦は全くの想定外でした。驚いてます。
ドナシュラークは二の足の速さでハナを奪うタイプなので、スプリント戦で先手を
取るのは厳しそうですが、自分のリズムで走ることができるでしょうか…。
一度短距離戦の流れを覚えてしまうと、距離延長は難しくなると思うので、その前に
圧勝した経験のある芝1700mあたりを試して欲しかったのですが…。
北村友騎手なら、抑えずに行かせてくれそうなので、そこは救いです。
次は期待>心配で、レースを見れると思ってましたが、また心配のほうが大きくなり
そうです。前走みたいに、また方向転換が無いですかねぇ。う~ん…。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

スポンサーサイト


コメント

  1. ぼんちゃん | URL | -

    同じ反応です

    じゃすさん、こんばんは☆
    まったく同じ反応ですね(笑)
    私もえーーっ1200m!?でした。

    てっきり芝1700mか1800mかって思っておりました。
    でも前回1400mを使ったってことで、やはり短距離を考えてらしたんでしょうね。
    きっと逃げるより、自分のペースにあう速さで馬群で我慢する事を教えたいのかと?

    しかしこちらにすると不安がいっぱいになりました。
    わざわざ小倉まで遠征してまた惨敗にならないかなって(汗)
    いや、芝の長いところを逃げて最後まで粘れる保障はないのですが・・・

    どーも2歳の時のきんもくせい特別の印象が強すぎて、逃げて最後突き放すレースを我々は期待してしまいますね^^;

  2. じゃす | URL | wZn0fcHk

    ぼんちゃんさんへ

    スプリント戦は、1700mを使ってみて、その結果を見てからでもいいと思うんですけどねー。
    きんもくせい特別圧勝の実績があるだけに、まずはそこを試してみるのが先では?と思っちゃいます。
    いまさらだけど、短距離は芝1200mしかない小倉より、芝1500m→芝1800mと段階的に延長が可能な札幌のほうがよかったんじゃないかなぁ。
    いったいどんなレースになるのか? 複雑な気分での観戦になりそうです。

  3. Yakuta | URL | -

    スプリント戦ですか!

    まさかのスプリント戦出走でびっくりです^^;
    前走でも短いと思っていたのに、さらに短縮とは・・
    陣営が、強い競馬をしてきた芝の中距離を目標にしないのは少々不可解に思えてきますね。
    力のある馬なので思わぬスプリント適性を発揮するかも知れませんが^^;

  4. じゃす | URL | wZn0fcHk

    Yakutaさんへ

    返信遅れましてすみません。
    気持ちよく行かせられるかが重要な馬なので、スプリント戦の流れに戸惑わないかが一番心配です。テンの速い馬がいっぱいいて簡単に先手を取れない中で、番手で辛抱して直線で伸びることができるのか…? それが可能か、もしくはハナを切って押し切るダッシュ力と地力があればいいんですけどね。
    陣営の狙いが現時点ではハッキリわかりませんが、どんなレースになるのか心配のほうが大きいです。その心配を吹き飛ばしてくれるような走りを見せてくれれば、嬉しいんですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/356-3ade67ee
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。