--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナシュラーク6戦目

2010年06月27日 21:57

ドナシュラーク(牡4)
6/27 羽月厩舎
27日の阪神競馬ではレース序盤からハミを噛んでしまい、直線では伸び
切れず10着。「ゲート内はおとなしかったのですが、スタート後に隣の馬に
ぶつかって、急にスイッチが入ってしまいました。まだ経験が浅い馬ですし、
これからもっと競馬に慣れる必要がありそうですね。前走との単純な比較は
できませんが、跨がった感じは悪くなかったと思いますし、徐々に勘を取り
戻してくれればと思います」(岩田騎手)
休み明けを一度叩いての前進を期待されましたが、道中は頭を高くするなど
折り合いを欠いて力を発揮することができませんでした。今後はトレセンで
状態をしっかり確認し決めていきますが、調教から馬具を使用するなど集
中力を高めて競馬に臨めるよう取り組んでいきます。



ドナシュラーク復帰2戦目です。
前走がタイムオーバーの大惨敗だったのですが、朝の時点ではなんと3番人気!
最終的には5番人気でしたが、私は二桁人気だと思ってたのでビックリしました。

重馬場で、しかも短距離馬が揃う1400mということで、なんとしても好スタートを
決めてほしいと思っていましたが…出遅れではないけど、微妙なスタート。
そこから持ち前の二の足の速さで前に取り付こうとしますが、ここで岩田騎手が
ガッツリと手綱を抑え、行きたがるドナと喧嘩状態。
ほとんど立ち上がっているような体勢で、無理矢理押さえ込もうとしていました。
すんげぇ大喧嘩でしたね、アレは。未勝利戦の時よりも凄かった。
そして中団の内側でコーナーを回り、直線に向くもイマイチ伸びず10着でした。
公式コメントではスタート後にぶつけられた影響でスイッチが入ったとありますし、
いろんな意味でスタートから200mくらいで終わっちゃた感じです。

残念ながら二桁着順となってしまいましたが、私はそんなに悲観しておりません。
正直、向こう上面で大喧嘩が始まった時には前走のような大惨敗を覚悟しましたが、
直線でもバタッと止まったわけでなく、それなりに踏ん張っています。
自分の形に持ち込めないと脆い逃げ馬が、あれだけメチャクチャなレースになって、
重馬場の内を突いて泥を被りながらも、直線で頑張ってたんですから。
キツイレースになりましたが、前走から大幅前進といってもいいでしょう。
次はさらに体調も整うだろうし、スムーズに先手を取れればという条件はつきますが、
改めて勝ち負けを意識してもよいのではないかと思います。

それにしても、ホントにドナシュラークの気性は変わりませんねぇ。筋金入りです。
さすがに今回のレースで陣営も「抑える競馬」を諦めるんじゃないでしょうか。
できれば次は好きなように走らせてあげて欲しいです。
テンの速い馬が揃う短距離戦よりも中距離戦のほうがいいんじゃないですかね?
抑えるよりも、一気にハナを奪ってから息を入れる競馬を狙ったほうがいいのでは。
前に馬がいなくなるまで、ドナの暴走は止まらないと思いますから(笑)
でも、筋金入りな走りたがりな分、レースに嫌気が差すとか、戦意を喪失するとかの
心配をする必要は無さそうですね。次も元気いっぱいの走りを見せてくれるはず。

あとは、悪い馬場の中で走ったので、とにかく脚元に何も無いことを祈ります。
久しぶりの芝戦というだけでも心配なのに、馬場まで荒れてしまいましたからねぇ。
さらに楽しみな一戦になりそうなので、無事にレースに向かって欲しいです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

スポンサーサイト


コメント

  1. ぼんちゃん | URL | -

    う~ん、残念★

    じゃすさん、こんばんは☆
    今日は阪神に応援に行けませんでTV観戦でしたが、なんだかちぐはぐな競馬になってしまい残念でした。
    あそこまで折り合いを欠くとは思いませんでしたが、ああいう場合はやっぱりがっつり抑えないといけないものなんでしょうかね?
    素人判断したら行かせても・・なんて思っちゃいました^^;
    新馬戦の時も折り合いを欠いてましたがあそこまでではなかったですよね。

    レース内容自体は悲観していないので、また次頑張ってもらいたいです。

    私もじゃすさんとほぼ同じ考えで逃げてこそって思ってます。
    自分のリズムで運べれば強いって・・
    なんとか変わり身を期待しています。

  2. じゃす | URL | wZn0fcHk

    ぼんちゃんさんへ

    あれだけ抑えたのは、騎手の判断か、陣営の指示か、どっちなんでしょうね。前走で何だかんだで2番手の競馬ができたから、今回抑える競馬を試した…とか? よくわかりませんが、あれだけの大喧嘩になると、陣営としても控える競馬を吹っ切るいい機会になったかもしれませんよ?
    自分の形に持ち込むのが難しいのは逃げ馬の宿命でもありますから、仕方ない部分もありますよね。大事なのは勝負根性と、惨敗後でもへこたれない精神力! ドナはどっちも持っていると思うので、きっと自分の形さえ掴んでくれれば、強い逃げ馬になってくれると信じてます!

  3. Yakuta | URL | -

    次が楽しみ

    折り合いを欠いた、なんてレベルでない競馬でしたね^^;
    あんなに体重をかけて手綱を引いたら、口の中が大丈夫か心配になってしまいます。
    しかしあれだけ騎手と喧嘩してもバッタリ止まらず、真ん中くらいの着順に来たのは流石に地力がありますね。
    長期休養から着実に立ち直っている印象を持ちました。
    やはり芝でこそでしょうし、ハナを切る競馬になればこのクラスが壁になる馬ではないはずです。
    次走が楽しみになりますね!

  4. じゃす | URL | wZn0fcHk

    Yakutaさんへ

    ドナの口の中も心配ですし、岩田騎手の腕が筋肉痛になっていないかも心配です(笑) 今回は着順としては残念でしたが、今回のレースを機に、中距離でハナを切る競馬に切り替えてくれないかな、とちょっと期待してます。短距離で一本調子になるより、今後のためにもその方がいいと思うんですけどねー。
    今回以外に集めた人気を裏切ったことで、次回は人気も下がると思うので、馬券的にも狙い目なんじゃないかと思ってます(^^) 怪我無く行ってくれれば、非常に楽しみです♪

  5. ティア | URL | -

    二戦目

    じゃすさん、こんばんわ。
    ドナシュラーク復帰二戦目お疲れ様でした!
    今回は芝に戻ったこともあってか、前走よりはだいぶ前進がありましたね。
    ただ、気性の方も相変わらずだったようで、菊花賞のトライアンフマーチを思い出してしまいました^^;

    でも僕はドナ君の場合、アレも長所の一つだと思っているので、次は無理に抑えずガンガン行かせて欲しいと思っているんですよ(出資者でもないのに勝手な言い分かもしれませんが)。
    三歳時のコスモバルクのように、馬の気のままに走らせたほうが結果を出せるタイプの馬って絶対いると思うんです。
    皆さんも大体同じ考えのようですし、次は陣営も吹っ切ってレースに臨んでもらいたいです。

  6. じゃす | URL | wZn0fcHk

    ティアさんへ

    確かに、行きたいのに無理矢理抑えられている姿はかつてのコスモバルクと被るものがありますね~。コスモバルクは年齢を重ねるにつれ、抑えも利くようになりましたが、かわりに走りに迫力が無くなってしまったように思います。年齢的な衰えもあったんでしょうが。
    さすがにあれだけ喧嘩したら、次は好きなように走らせてくれると思うんですが…。いろんな意味で次の小倉でのレースに注目です。体調も戻って、自分の形でレースをして、かつての走りが復活!となってくれることを期待してます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/349-1a54c741
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。