--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVの世代交代

2010年06月15日 23:53

独身の頃に購入して、既に10年以上使っている我が家のテレビ。
いよいよ寿命が近づいてきたようです。見ていると、突然画面が暗くなります。
完全に見えなくなるわけじゃなくて、画面の明度がほぼゼロになるような感じ。
音は聞こえるのですが、極度に見づらいです。
どんな状態かわかりやすいように画像を載っけようと思ったのですが、こういう時に
限って調子が良くて、症状が発生しないのが腹立たしい(笑)


電源を付けたり消したりすると、解消することもあります。

子供達「お父さ~ん、また暗くなったよ~」
わたし「はいは~い、よっこらせ」

と、暗くなる都度呼ばれて、電源ボタンを連打しにいく毎日です。
最近では、ふうきも連打をマスターしたようで、自分で押しにいってます。
ふうきの場合は、連打に加えてTVにビンタをかますという技まで。
これが意外に効くようで、私よりも復旧率が高いです。
「暗くなったTVを復旧させるスキル」、どう考えても他に使う機会ないけど。


しっかし、狙いすましたかのように、いつもいいところで暗くなるんですよねぇ。
馬券を買っているレース中継を見ているときは、頻度が飛躍的に上がる気がする。
その都度、電源ボタン連打しなきゃいけないので、結構ストレスが溜まります。
でも、ダメな時は炎の1秒間10連打かまそうが、復旧しません…。
TVがあるのに、家の中でワンセグで競馬中継を見たことも。


幾度と無く限界を超えてきたTVですが、今回はさすがに無理っぽい。
ボーナスが入ったら、買い換えですかね~。
長年使ってきたTVとお別れは、さびしいなぁ。

さびしいなぁ。


…。


いらっしゃい、地デジ対応TV♪

実は、そろそろ壊れないかとちょっと期待していた自分もいます( ̄∀ ̄)
新しい電化製品を買うのって、どうしてこんなにワクワクするんですかねぇ。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぼんちゃん | URL | -

    TV

    じゃすさん家のTVもとうとうダメになりましたか~。
    やっぱり家電って10年ぐらいで悪くなりますよね。
    ウチのTVも10年目ぐらいで夏に電源がつかなくなったりつけてて突然消えたり、
    消えてると思ったらまた突然ついたり・・・・
    とまぁポルターガイスト状態でした(笑)

    それから約3年我慢しましたが、とうとうつかなくなって・・
    自分は家電とか買うの嫌いで、もったいないって思うし、資源のムダ使いって思うものの
    今って修理代の方が高いんですよね。 部品がなくて修理できないって言われたり。

    しぶしぶ去年買い換えたのですが、ケーブル以外のNHKや民放とかの映りが綺麗です♪

    ただGCが”ハイジャナイビジョン”なので以前と同じなのに、映りが極端に悪くなったようで不満です。
    今でもGCだけの為に高いケーブル受信料はらっているので、なんとかしたいところです^^;

  2. じゃす | URL | wZn0fcHk

    ぼんちゃんさんへ

    テレビが消えてると思ったらついているというのは、結構怖いですねv-12
    そうそう、直そうとすると買うより高くついたり、またすぐ壊れてしまったりで、買ったほうがいいことのほうが多い気がします。よっぽど愛着のあるものじゃないと、修理はしないかなぁ。
    私は基本的に新しいものに飛びつくタイプではないんですが、「地デジ」は出たときからずっと、対応テレビを買ってみたかったんですよね~。実物を見たら、今のアナログ放送とあまりにも画質が違いましたもん。いつかは対応テレビを買わなきゃいけないってのもわかっていたから、それなら早めに欲しいなって思ってました。そろそろ完全移行も近づいてきたし、いいタイミングなのかもしれません。買った後に急激に進化して、同じ値段ですごくいい機能がついたテレビが出ちゃったら、少し後悔するかもしれませんけど(笑)
    GCだけハイビジョンで見れないのは勿体無いですね。ケーブルTVだからなのかな? ウチはスカパーだけど、どうなんだろう? ちょっと調べてみようと思います。どうせなら、いい画質で愛馬の走りを見てみたいですよね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/340-6c531909
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。