--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ドラえもん のび太の人魚大海戦」

2010年03月21日 23:19

ふうきがどうしても見たいというので、ドラえもんの映画を見に行ってきました。
ふうきにとっては初めて、映画館で見る映画です。
私にとっても映画館に行くのは4,5年ぶりくらいになるのかな?
ドラえもん映画は、最後に見たのは二十年くらい前かも。


最初はふうきもギャグシーンで笑っていたりと、楽しんでいたみたいですが、
後半でバトルがメインになってくると、無言でじーっとスクリーンを見てるだけ。
もそもそ足を動かしてみたりと、あまり集中して見ていない様子…。

終わってから、嫁さんが感想を聞いてみたところ「長かった~」だって。
「面白かった~」とも言ってたけど、どうだかなぁ~。微妙だったんじゃないかな。
秘密道具の仕組みもイマイチ理解できてないふうきには、ちょっと難しかったかも。
「架空水面シミュレーターポンプ」とか言われても、わからんよなぁ。

まだ「ポニョ」くらいのシンプルな話じゃないと、楽しめないみたいです。
(アレも深読みすると、結構深い話だったりするんですけど。)


で、私の感想としては…イマイチ、楽しめませんでした。
どうしても余計な所で設定や展開にツッコミを入れてしまったりしちゃうんですよ。
そこはもっといい道具があるだろーとか。ヒネくれた大人の見方なんでしょう(^^;


ここからはネタバレ?もあるので一応隠しておきます。
これから見る予定の方はご注意を。
ストーリーとしては、盛り上がりの波の幅が小さくて、淡々としていた感じ。
のび太他のレギュラーメンバーの活躍が少なかったのも、少し残念でした。
個人的には「映画では何故か凄くイイ奴になるジャイアン」がもっと見たかった(笑)
今回も多少はイイ奴してたけど、昔の映画板補正はもっと凄かった気がします。
普段のび太にだけ向けられているパワーが、映画の時には敵に向けられて発揮され、
それが凄く頼もしく感じたような記憶があるんです。

伝説の武具に選ばれる理由が昔の英雄と名前が同じというのも…イマイチ納得が。
他にも理由があったかもしれませんが、確かこれが決め手になっていたはず。
敵側の指揮官も、大物っぽさが無くて残念な感じでした。

でも、そろそろ新版声優陣には違和感をあまり感じなくなってきました。
意外に慣れてくるものですね。


ふうきには、まだちょっと早かったかなー。
2,3年経ったら、少しは話を理解して楽しめるようになりますかね。
「悪いやつと戦って、ヒロイン側を助けた」くらいの大まかな流れくらいは、
わかっているんでしょうけど。
今度はもうちょっとシンプルな話の映画にしようと思います。
ちびまる子ちゃんとか、映画化してないんですかねぇ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/309-07af895e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。