--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道の日イベント

2009年10月10日 22:51

今日はJR苗穂工場、苗穂運転所、研修センターの一般公開に行ってきました。
いつものように、我が家の「鉄マニア」のために私が見つけてきたイベントです。

まずは苗穂工場。いつも苗穂駅を通過するときに、窓から見える工場です。
とにかく想像以上に広くて、楽しめる場所もたくさんありました。
最初は1時間くらいで回れるか?と思ってましたが、とても1時間じゃ無理です。
動く車両に乗れたり、展示車両の中で休憩できたり、いろんな部門の工場を見れたり、
子供から大人まで楽しめる場所が満載でした。

苗穂工場1

苗穂工場2


話題のDMV(デュアル・モード・ビーグル)にも乗りましたよ~。
バスと電車の両方に変形できるヤツです。
見た目はバスですが、線路の上を走る時はまさに電車の乗り心地でした。

苗穂工場3


ふうきのお気に入りスーパー白鳥もありました。
まさか札幌でこの車両を見れるとは。ふうきはこの時が一番喜んでました。
何回も見たいと、先頭車両から後方まで往復させられました(^^;

苗穂工場4


スタンプラリーもやっていたんですが、ハンコを押して景品と引き替えにいった時は
既に景品が品切れしていました…。先着○○名だったのね。残念。


お次は苗穂運転所。
ここのメインは「ミニスーパー宗谷」に乗れることだったんですが…。
なんと台風の影響で今日は運行中止でした。ふうきもガッカリしてました。

「すずらん号」には乗ることができました。
客車の中にストーブがついているという、面白い車両です。

苗穂運転所1

苗穂運転所2


苗穂工場と苗穂運転所は隣合わせですが、実際行くにはぐるっと遠回りしてかなりの
距離を歩かなければいけないため、この頃には私のほうがグッタリきてました。
サユキを抱っこしてふうきの手を引きながらあの距離を歩くのはキツかったです…。
段差が結構あるし、車両への乗り降りも激しいのでベビーカー持っていったとしても、
それはそれで大変だった気がします。
しかし二人ははしゃぎまくりで、その体力は底なしのようでした。
特にサユキは普段はするはずの昼寝もしないで、ふうきと一緒に走り回ってるし。
鉄道イベントでこれだけ興奮するとは、まさか第2の「テツ」誕生の予感か!?

苗穂運転所3


最後は社員研修センター。
ここでは乗務員シミュレーターを体験できるはずでした。
でも、先に予約しておかなければいけなかったらしく、これも乗れませんでした。
なんと9時30分開場で、9時37分には予約が埋まってしまったようです。
開場前から行って並んでなければ、無理でしたね。



今年初めて行ったイベントでしたが、朝から2時くらいまでビッチリ楽しめました。
3場の距離がそれぞれだいぶ離れているのが、ちょっと大変でしたが。
これだけ濃い内容で、入場無料で楽しめるというのは素晴らしいですね。
来年もあると思うので、忘れてなければまた行ってみたいと思います♪
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | GqyYfDY2

    No title

    はじめまして、わくわく日記の惑といいます。鉄道の日イベントのブログ検索してたどりつきました。よく小さいお子さんがあの広い会場を全部歩きましたねぇ。
    走るものが大好きなのはDNAなのでしょうか?LINK紹介させてもらいました。

  2. じゃす | URL | wZn0fcHk

    惑さんへ

    はじめまして! ご訪問&コメントありがとうございます!
    下の子(1歳)はさすがに抱っこが多かったですが、上の子(もうすぐ4歳)は全て自分の足で回りました。会場の予想以上の広さにも驚きましたが、自分の子の体力・好奇心パワーにも驚かされました。大人でも好きなことだと疲れや時間を忘れて、夢中になってしまうものですよね。ただ、30歳過ぎると夢の時間が過ぎた後の反動が凄いですが…。
    そうですね、私は馬、子供は電車と、走るものが大好きなのは共通です(笑) リンクでのご紹介ありがとうございました。後ほど、お邪魔させていただきますね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/251-8275f927
この記事へのトラックバック

鉄道の日イベント JR北海道

汽笛一声新橋を~♪日本の最初の鉄道が新橋から横浜へ開通したのが1872年10月1




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。