--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出資馬近況(7/22)

2008年07月23日 00:44

またまたドナシュラーク中心の一口ネタです。なかなか興奮冷めません。

ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/22
20日の新潟競馬では中団外目につけ直線鋭い脚で伸びてくるも前までは
届かず4着。「結果は4着だけど内容は上々だったと思います。ジョッキーも
競馬を教えてくれたし、今後に繋がるはずです。体型的にはもう少し短い距
離かなと思っていましたが今日の競馬なら中距離でも十分やれるでしょう。
まずはレース後の状態を見た上で次へと向かっていきます」(羽月師)
「すごく伸びているんですけどね。今日の流れなら仕方ありません。前へと
行くこともできましたが、今日は初めての競馬ですし、前に馬を置いて直線
脚を伸ばすという競馬をしました。距離は短くても対応できると思いますが、
今日のような走りができるのだから1600~2000mくらいでこの馬の良さを
引き出していった方がよりいいと思います」(中舘騎手)



クラブHPにレース後のコメントが出ました。
現地レクチャーで聞いてきた内容とほぼ同じです。
どうやらちょっと太めだったという話もあるようですが、今回のレースを見ると、
仕上げきらずに余裕残しでよかったんじゃないかな、とも思えました。

改めて考えると、この時期のホワイトマズル産駒が余裕残しの体で、直線ぶつけられ
ながら33.4秒の末脚繰り出すって…実は凄いことかもしれない。速い上がりが出やすい
条件だったとしても。ある程度瞬発力勝負にも対応できることがわかりました。
今後、万全の体調で、普通のペースでレースが流れて、折り合って流れに乗って、
直線不利なく末脚をのばすことができたら、ゴール時にどんな光景になるのか…。
競馬だから、そんな全てがうまくいくことは難しいと思いますが、どうしてもその
光景を想像せずにはいられません。

うわさではレース後も元気な様子らしく、取りあえずホッとしています。
ドナシュラークがしばらく激戦の疲れを癒している間、私は彼の活躍する姿を想像して
楽しみながら、ゆっくり待つことにしたいと思います。
この待っている期間も、たまらなく楽しいひとときですね。毎日妄想大爆発です。
もう一頭の愛馬のストゥレガーレも、ソエと戦いながら、坂路の調教タイムはついに
60秒を切る目前まで詰めてきているようです。
こちらもだんだんと、デビューの日が近づいてきた感じがあります。

先週は募集予定馬リストも届きました。
まだあまり目を通していませんが、一流種牡馬がズラリという感じですね。
今年は「安めの牝馬1頭」、と予定していますが牡馬にも目移りしてしまいそう。
カタログが来るまでに、ある程度候補を絞っておこうと思ってます。

今のところは、いろいろと夢が広がる楽しい一口ライフを過ごせています。
ほとんどが運だけど、1年目でいいスタートを切れました。
これがビギナーズラックで終わりませんように(^^;

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぼんちゃん | URL | -

    No title

    さふぁさん、こんばんわ☆
    ドナシュラーク熱、私も冷めませんよ^^
    そうそう、中館さんのブログでドナシュラークについてコメント書いてくださっています。
    最初はドナシュラークの名前も間違っていて、あれれ?って思っていたのですが、暖かいコメントに感謝しています。
    次は新潟になるか小倉になるか、まだ分からないようですね。
    あのスタートなら、小倉でスピードにまかせて走ったら勝てそうにも思うのですが・・・

  2. さふぁ | URL | wZn0fcHk

    熱い走りでしたからねぇ(^^)

    >ぼんちゃんさん
    中館騎手のブログ、早くも羽月厩舎のエースとして期待されてしまいましたね。しかも、まだ調教をセーブされた状態だったというのには驚きました。しっかり調教を積んでレースに出てきたら…想像するだけでも興奮します♪
    今はスピードに任せて走るより、その有り余るスピードをコントロールできるようにするのが将来にとっていいんじゃないかな、と私は思っています。血統的にも奥が深いし、その素質の開花を待ちながら、競馬を学んでいって欲しいなぁって。ドナ君なら競馬を学びながらでも近いうちに勝てると信じてます。陣営の目指すところは、そのずっと先にあるのでは…と、考えずにはいられません。でも、抑えるより好きに走らせた方が成功したサイレンススズカの例もあるので、抑える競馬を覚えるのが必ずいいと、一概には言えないところが競馬の難しいところですよね。ドナ君はどんな競走馬として完成するのかな~。
    それにしても小倉と新潟の2択、しかも運任せというのはつらいですね~。これではさすがに旅行の手配が難しいです。札幌2歳Sに来てくれるのを期待するしかないか(^^;

  3. Yakuta | URL | -

    No title

    レース映像を見直すと改めて惜しい競馬だったと思います。
    直線向いたところで、これから加速していくという時にぶつけられましたから・・。
    「競馬にたら、ればは禁物」といいますが、あの不利がなければもっと接戦に持っていけたでしょうね。
    不利を受けながら、自身上がり3F33.4秒の末脚を繰り出しており、実に濃密な内容でした。
    早熟でない血統背景は将来の飛躍を期待せずにはおれません。
    次走報が待ちきれませんね^^

    ご一緒していますストゥレガーレは8月デビューも意識できるほど進んできました。
    気性難が見られますが、まだ2歳の夏ですので変におとなしいよりも好感が持てます。
    ゲートは合格していますので、上手くデビューまで進んでほしいですね。

  4. さふぁ | URL | wZn0fcHk

    何回もレース映像繰り返し見てます

    >Yakutaさん
    本当に、ドナの初戦はデビュー戦としては上々の内容でした。
    何より不利を受けても萎えない闘争心には惚れ惚れしました。
    これから厳しい戦いを乗り越えていくためには欠かせないものだと思います。
    次走は意外にすぐやってきそうですが、どんな走りを見せてくれるか楽しみです。
    新馬勝ちを飾ってくれたアンプレヴーに続けますように♪
    ストゥレガーレの気性は心配ですが、実戦と普段はキャラが変わる馬もいますからね。
    実戦でまで、他の馬の尻を追っかけられたら困りますけど(^^;
    レースに集中してくれさえすれば、良い走りをしてくれると思うので、頑張って
    もらいたいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphireblue0205.blog116.fc2.com/tb.php/116-62b992fd
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。