--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレナディアーズ16戦目結果

2016年04月10日 21:41

グレナディアーズ(牡5)
4/10  音無厩舎
10日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中中団を追走するが、勝負どころでスムーズさを欠いてしまい7着。「4コーナーでスペースが狭くなるところがあり、直線で仕掛けが遅れてしまいました。最後までよく頑張って走ってくれたものの、そこのロスが痛かったですね。結果を出せず申し訳ありませんが、スムーズならこのクラスをサッと勝てる能力はあると思います」(ルメール騎手)
「出して行けばかかるだろうし、出たなりでは包まれてしまう、この馬にとっては一番競馬がしにくい枠ではないかと心配していたのですが、その不安が的中してしまいました。ちょっとスムーズさを欠くところはあったようですが、道中動くに動けず厳しい展開になりました。枠が外目ならまったく違ったのではないでしょうか。かなりしっかり馬を造ってきたので、この後は疲れがないかよく確かめてから考えます」(音無師)
最内枠で競馬の組み立てが難しく、道中は動くに動けませんでした。最後は脚を使っているだけに悔やまれますが、次走ではキッチリと巻き返してほしいものです。今後の状態次第にはなるものの、今週の競馬を目標にしっかりと調整をしてきましたし、ここでひと息入れることも検討しています。


期待の1戦は、なんとも残念な結果に終わってしまいました。
枠を見た瞬間、嫌な感じはしましたが、ルメール騎手ならうまく捌いてくれるだろうと
思ったのですが…。結果的に枠が仇となり、スムーズな競馬ができませんでした。
何もこんな時に、こんな極端な枠を引かなくてもなぁ…。
馬場も結局良馬場とはいかず、稍重どまり。
またとないチャンスだったのに、どうして厳しい条件での競馬になっちゃいますかね。
毎回常に得意の条件になれとは言わないけど、ここぞという時くらい、力を発揮できる
条件で競馬をさせてもらいたいのですが…。
苦手条件が多いというのも、この馬自身の弱さと言えるんでしょうがね。

コメントからはまた放牧となってしまいそうな感じがします。
何としても結果を出してほしい1戦だっただけに、本当にガッカリです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

ルメール騎手を背にいざ出陣

2016年04月07日 22:36

グレナディアーズ(牡5)
4/6 音無厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(52秒0-38秒1-25秒4-13秒1)。7日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で併せて追い切りました。ルメール騎手には初めて騎乗してもらうことになるので、当初はジョッキーを乗せて追い切ることも考えたのですが、今回は敢えて先入観のない状態でレースに向かってほしいと思い、最終調教もこちらのスタッフで行いました。馬場が悪い時間帯だったのでラスト1ハロンはちょっと時計がかかったものの、しっかりと動けていましたし、早めに帰厩させて乗り込んできたことで息づかいもいつも以上にいいと感じます。難しい面はありますが、ルメール騎手で新たな面を引き出してもらえればと思っています」(音無師)
10日の阪神競馬(梅田S・ダ1800m)にルメール騎手で出走いたします。


登録頭数が多かったものの、なんとか抽選をくぐり抜けてくれました。
ここまで抽選運の悪いグレナディアーズだったので、かなり心配してましたが、
ここ一番での強運を発揮してくれて、本当に良かったです。
今日の阪神競馬場は雨らしいですが、明日からは晴れるようだし、馬場悪化の
心配もたぶんいらないでしょう。
力を発揮できる舞台は整った感じなので、あとはレースを待つのみです。

「一度で良いから外人騎手を乗せてみて欲しい。」

というこれまで抱き続けた願望が、ついに叶うことになる今回のレース。
できれば一度でなく、続けて乗ってもらえるような走りが見られますように。
相手も揃ったようですが、今回は期待のほうが大きいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。