--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレナディアーズ13戦目結果

2015年08月29日 21:36

グレナディアーズ(牡4)
8/29 音無厩舎
29日の小倉競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず後方を追走。3コーナー手前から鞍上の手が動き、直線は外目に持ち出すも思ったほどの伸びがなく8着。
「もう少しいいポジションで流れに乗りたかったのですが、スタートこそ五分に出てくれたもののそこから行き脚がつかず、終始手綱を持つところがないままになってしまいました。今までは、むしろ行きっぷりが良すぎるのを抑えつつ追走していたぐらいなのに、今日は勝負どころからすでに手応えが怪しかったんです。ちょっと敗因を掴みかねますが、このクラスのペースに戸惑ったということもあるでしょうし、使いながら流れに慣れてくれればと思います」(北村友騎手)
昇級戦とはいえ以前走っていたクラスだけに期待は大きかったのですが、今日はこの馬らしい行きっぷりがまったく見られず、不可解な敗戦になってしまいました。前走の勝ちっぷりを見ればこれがこの馬の力だとは思えませんし、流れが向けばまた違うはず。まずは馬体をよくチェックして、今後のプランを検討していきます。


終始後方でレースを進め、4角も外を回して直線全く伸びず。
行けなかったのか、行かなかったのかわかりませんが、厳しい展開でした。
北村騎手の敗因分析「クラスのペースに戸惑った」は、正直疑問を感じますね。
これまで既に準OPを5走も走っていて、降級して1戦で即戻ってきたのですから、
今さらこのクラスの流れに戸惑ったとか言われても、意味がわかりません。
使いながら慣れればとか悠長なこと言ってますけど、ここで力を発揮できるように
なるまであと何戦かけるつもりなんでしょうか…。

負けが全部騎手のせいとは言いませんが、負けたにしても、ちゃんと敗因を分析して
次につなげることが大事だと思うのに、そこが全く期待出来そうにないです。
こんなことやってる間に時間だけ過ぎて、心身ともに燃え尽きていきそうで、心配です。

ダメージはあまりなさそうなので、もう1戦くらい使うんですかね。
前走の鮮やかな勝利から一転して、なんともガッカリな1戦となってしまいました。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

グレナディアーズ13戦目&カタログ公開!

2015年08月27日 20:56

いよいよ会員HPで今年度1歳馬募集の電子カタログが公開されました。
まだ全部は見てないので、これからじっくりとチェックするつもりです。

今年の方針は、「低価格帯からいい馬を見つける」です。
ここ数年は結構(私としては)お高めの価格帯から買っているので、今年は出費を
ちょっと抑えるためにも、方向性をちょっと変えて、お買い得馬を探すつもりです。
牝馬を中心に狙うか、地味だけど堅実な種牡馬を狙うか、あえて欠点に目をつぶって
一か八かに賭けるか…。どういう路線でいきますかね。

去年も最初は低価格帯を狙っていたので、また方向転換するかもしれませんが(笑)
締切まで、限られた時間の中で検討を続けたいと思います。


さて、そんな状況で、予算アップのチャンスもあります。
うちの稼ぎ頭が検討対象の範囲を広げてくれるでしょうか。

グレナディアーズ(牡4)
8/26 音無厩舎
26日は栗東坂路で追い切りました(51秒1-37秒7-25秒2-13秒0)。
「今朝は北村友一を乗せて坂路で併せて追い切りました。最初からなかなかのペースで行きっぷりが良かったため、全体は51秒1と速かったのですが、ラストの1ハロンが13秒0と少し時計を要し、相手に少し遅れてしまいました。ただ、それでも終いがバタバタになってしまったとか、そういうわけではありません。この時計で最後踏ん張れるのですから、馬の状態が良いということでしょうし、この追い切りはプラスに捉えたいと思います。これまでの戦績からもわかるとおり、準オープンでも力は上位ですから、ここも折り合いひとつで十分勝ち負けになるはず。小倉競馬場とは相性もいいですし、今回も期待したいですね」(音無師)
29日の小倉競馬(釜山S・ダ1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。


グレナディアーズ、準オープンクラスに再チャレンジです。
頭数は少ないですが、前走で現級2着の馬が2頭、重賞5着の3歳馬もハンデ込みで
怖い存在ですし、他にも強そうなのがいて、相手はなかなかに揃ったように見えます。
それでも、オープンクラスでの活躍を目指すなら、この相手でも負けてられません。

追い切りで抑えがきかなかったのは、ちょっと気になるところではありますがね。
レースではしっかりとコントロールしてもらわないと困ります。
そろそろ人馬息を合わせて、本番で力を発揮してほしいところです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

グレナディアーズ、12戦目結果

2015年08月03日 22:29

903ef63b20158382629ec1a462dcf4.jpg

グレナディアーズ(牡4)
8/2 音無厩舎
2日の小倉競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団を追走。終始スムーズに進められて、直線は馬群を割ってしっかりと伸び優勝。
「ありがとうございました。前回小倉に来たときよりも落ち着きがありましたし、出たなりでほぼ行きたがるところもなく運べました。ちょっと窮屈なところはあったけれど、手応えが良かったし、自信をもって乗ることができました。1700mはレースがしやすいですね。ここでは力が違いましたし、期待どおりのレースをしてくれました」(北村友騎手)
「1コーナーまではちょっと行きたがっていたけれど、今日はある程度ペースが流れてくれたし、そのあたりを考えてジョッキーもよく辛抱してくれました。このクラスでは力が違うと思っていましたし、きっちりと勝ってくれてホッとしましたよ。ここが休み明けのレースでしたし、使っての上積みも期待できるでしょう。小倉の1700mという条件もいいので、このまま馬体に問題なければもう一度使いたいと思っています」(音無師)
休み明けのレースではありましたが、ここでは力が違うと言わんばかりの勝ちっぷりでした。道中しっかりと我慢できていた分、ラストの脚は際立ちましたし、今日のようなレースができれば上のクラスでも楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認し、問題なければ次走に向けて調整していく予定です。


スムーズなレースとは言い難い内容でしたが、なんとか勝ってくれてホッとしました。
スタートで挟まれ加減に下げたときは、正直、イヤな予感しかしませんでしたが(苦笑)
ペースが流れてくれたとか、直線うまく前が開いたなどもあるかもしれませんが、
このクラスでは力が違ったという感じだったと思います。
降級して即、戻ることができ、これで再びOPクラスを目指すことができますね。
ここ2走がちょっと離された負けだったので、力があることを再確認できて、
とにかく安心したというのが今回の気持ちです。

同じ条件を次も使うということで、何もなければ8月29日の釜山S(小倉ダ1700m)を
使うことになるでしょう。暑さに負けず、頑張って欲しいところです。
稼ぎ頭のグレナディアーズ、今年度募集の前にもう一発、よろしく頼みます


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。