--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクエース6戦目結果

2015年04月26日 22:58

ブレイクエース(牡3)
4/26  戸田厩舎
26日の東京競馬では道中中団で脚を溜める。直線ではいい脚を使って一旦先頭に立ったが、最後は勝ち馬らに交わされてしまい3着。
「勝ったと思ったのですが、結果的にはきれいに抜けすぎてしまったのかな。それでも、直線で交わされてからも一杯になっている訳ではなく、むしろもうひと伸びできそうな気配はありましたから、実際にそこでグッと脚を使えるようになればさらにいいですね。今日は勝ち馬の切れにはやられてしまいましたが、マイルの感触は良く、この馬も本当にいいモノはありそうですし、チャンスがあればまた乗りたいです」(武豊騎手)
「ここで決められれば良かったのですが、いいご報告ができず申し訳ありません。きれいな形で抜け出せたとは思いますが、その分狙われやすかったですからね。悔しさもありますが、しっかりと次に活かしていきたいと思います。次をどうするかについてはまずはレース後の状態を見ながらになりますが、ジョッキーの状況も確認しながらよりよいと思える選択をしていきたいです」(戸田師)
結果的には勝ち馬の強さが目立つ競馬になってしまいましたが、マイル戦で続けて上位争いに参加できていますし、流れやメンバーひとつで十分に勝ち負けできるでしょう。この後は馬の状態を第一に、次走について検討していきます。


最後は見事にズバッと差しきられちゃいました。
圧倒的1番人気のディープ産駒が相手とわかった時から、こんなやられ方を
するんじゃないかと恐れてましたが、残念ながら的中してしまいました。
う~ん、なかなか勝ちきれませんねー。
それでも、少しずつだけど着実に勝利に近づいてきている感じはするので、
近いうちに順番は回ってくると思うのですが…。
そろそろ残り時間が気になってきたので、なんとかして欲しいところです。

安定して走れている芝でこのまま順番が回ってくるのを待つか。
ダート戦に一変の可能性を求めて路線変更するか。
なかなか難しいところですね。
正直、私もどっちを選択すべきなのか、全くわかりません。
コメントからは、続戦の可能性もありそうなので、戸田先生がどんな選択を
するのか、見守りたいと思います。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

ブレイクエース5戦目結果

2015年04月04日 22:08

前回の更新から年度をまたいでしまいました(^^;

いつのまにやら、世間はクラシックシーズンに突入しつつありますね。
今年の牡馬クラシックは混戦ムードなので、できれば出資馬で参加したかったなぁ。
ここまで勝ち上がりに苦労するとは、ちょっと予定外でした。


ブレイクエース(牡3)
4/4  戸田厩舎
4日の中山競馬ではスタートを決めて中団を追走。勝負どころで若干後手に回り直線で間を突いて伸びてくるが2着まで。
「すみませんでした。初めてのマイルになるので、うまく流れに乗せることができればと考えていましたが、ちょっと窮屈になったところもありました。ただ、行きっぷり自体は悪くなく、この条件はやはりいいと思います。決め手が活きますし、今日も間から伸びてくれましたからね。次はもっといいはずですが、今日決められなくて申し訳ありません」(戸崎騎手)
「今回は距離を詰めてのマイル戦でしたからうまく対応できるかが焦点だったでしょう。普段はおっとりしていて追い切りでも比較的乗りやすい馬なのですが、坂路に入れたときにちょっとしたシチュエーションでガツンと来るところも出てきていて、だんだんと気合い乗りが良くなり唸って走るようにもなっているから、まったく問題なくこなすだろうと見ていました。実際のところ問題なかったとは思うのですが、ちょっと勝負どころで遅れをとりましたからね…。正直もったいなかったかなという気持ちもありますが、最後の直線は間を突いても怯まずにしっかりと走れていました。勝てなかったことは非常に残念ですが、強い競馬をしてくれたのは確かなはずです。流れやすい中山はいいかなと思っていましたが、今日の内容なら広い東京に変わるのもプラスでしょうし、何とかしたいですね」(戸田師)
距離を短縮し、終いを活かして前進を図れれば、勝ち星をあげられればと狙って向かった今回。終いの脚は確かに良いものではありましたが、やや後手に回ってしまった感もあり、2着までが精一杯でした。悔しい敗戦ではありますが、マイルに適応できたのは収穫でしょうし、次こそはの思いです。今後は様子を見ながら検討していきます。


用事があったのでリアルタイム観戦はできず、JRAホームページから動画で見ました。
以前は未勝利戦はレース動画がなかったのですが、今は全でのレースを配信してくれる
ようになって、本当に便利になりました。
パドックは見れないけど、これでグリーンチャンネルを録画せずに済みます。
グリーンチャンネルを録画するのって、私が機器の操作を完全に理解してないのもあって、
普通の番組を録画するより面倒なんですよね…。

負けはしたけど、勝ち馬とは道中の運びが雲泥の差でしたし、着差もほとんどないので
悲観する内容ではなかったと思います。やはりマイルのほうが向いているのでしょう。
サウスポーで知られる一族のようだし、広い東京で巻き返しが期待できそうです。
できればローカル開催が始まるまでに、未勝利脱出してほしいところですね。
よっぽど強いのが出て来ない限り、次あたり決めてくれると信じております。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。