--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳馬近況

2014年11月28日 22:13

グレナディアーズ(牡3)
11/27 音無厩舎
26日、27日は軽めの調整を行いました。
「気で走るタイプですし、元々行きたがるところのある馬ですが、今回は久々ということもあってかいつも以上に1コーナーの入りでかかってしまいました。さすがに厳しい状況でしたが、自ら動いていって一度は先頭に立つ場面を作りましたし、やはり力のある馬です。レース後は脚元を含め、特に馬体に問題はありませんし、このまま続戦していく予定です。1800mの方がレースをしやすいでしょうし、除外されることも想定に入れて来週から使って行けるように態勢を整えていきます」(音無師)
12月7日の阪神競馬(堺S・ダ1800m)への出走も視野に入れています。


レース後も元気なようで、さっそく来週から登録を入れていくようです。
たぶん、除外権利取りという意味合いも大きいんでしょうね。
どちらかというと私としてはここで権利を取って、中3週と余裕を持った間隔で
12/20の摩耶Sに向かえるようになってくれたほうが、嬉しいかな。
出れたら出れたで、勝負になると思いますけどね。
ということで、花園Sよりは楽な気持ちで、来週の抽選結果を待てそうです。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

2歳馬近況

2014年11月28日 22:12

ブレイクエース
11/27  戸田厩舎
26日は軽めの調整を行いました。27日は美浦南Pコースで追い切りました(70秒1-53秒5-39秒6-13秒1)。
「先週1週間の様子を見ていても問題はなかったので中2~3週の競馬を考えて調整をしていました。ただ、皇成が2週目の中山にいるかどうかも流動的でしたし、基本線は1週目で考えるようにしていたんです。今週少し動かしてみて判断するつもりで、今朝は速くはないけれど無理なく動かしてみたところ動きはいい意味で変わりなかったですから、これならば来週から考えられるだろうなと思っています。テンション面はこの馬なりに安定していますし、次はさらにいい競馬ができるようにしたいですね」(戸田師)
今のところ12月6日の中山競馬(2歳未勝利・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。


デビュー戦の時もそうだったけど、「三浦騎手が乗れるから」を優先してレースの
日程や条件を選んでるように感じますね。
ここの厩舎って、そこまで三浦騎手を積極的に起用してる厩舎でしたっけ…?
あまりそういうイメージがありませんでした。
普段から調教で乗ってる騎手に固定するほうがプラスなのは、違いないですが。

元々2000mくらいのデビューを考えていたという話もありましたし、瞬発力型という
イメージもあまりないので、東京1600m→中山1800mで、より力を発揮できることを
期待したいと思います。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

グレナディアーズ8戦目

2014年11月23日 20:27

グレナディアーズ(牡3)
11/23 音無厩舎
23日の京都競馬では五分のスタートから好位をキープし、道中は折り合いに専念。直線半ばで抜け出しを図るが最後は内から来られて3着。
「休み明けということもあって、今日はいつも以上にイレ込みが目立ちました。スタートからスッと行き脚はつきましたが、1コーナーの入りで内がかなりごちゃついたせいで、さらにカーッと行きたがってしまったんです。なんとかなだめつつ進めて、直線の追い比べに持ち込めただけになんとかしたかったのですが…。申し訳ありません。久々で昇級戦ということを考えれば、着実に力をつけていると感じますし、ひと叩きした次はもっとやれると思います」(北村友騎手)
「休み明けとしてはいい仕上がりで、今の時期も合うのか、夏場に比べるとかなりデキは良く感じていました。レースは、やや行きたがったところもあって最後は脚色が鈍った印象で、そうなるならば1800mの方が競馬はしやすいだろうと思います。勝ちたかったのはもちろんですが、休み明け、昇級戦ということを考えれば、悲観する必要はまったくありません。使って良くなると思いますし、このまま次走に向けて調整していくつもりです」(音無師)
かなりごちゃついて苦しくなったところもありましたが、そこで行かせてしまうと先に繋がりませんし、我慢させたことが今後活きてくるはずです。このあとは馬体に問題なければ在厩で調整していく予定です。


パドックなどでは特にイレこんでいるようには見えませんでしたが、レースでは落ち着かせるのに
だいぶ苦労したようで、そのぶん最後は踏ん張りきれませんでした。
4コーナーを楽な手ごたえで先頭に並びかけた時は、いけると思ったんですが…。
私の希望と、今週のWIN5(※的中者なし)を打ち砕いた最低人気サンマルデュークの末脚は
あまりにも見事な切れ味でした。

休み明けの昇級戦ということを考えれば、準OPクラスでもいきなり勝ち負けに持ち込めたし、
よくやったとも言えますが、今回は悔しさのほうが大きいです。力負けではないですから。
次は12/20阪神の麻耶S(ダ1800m)あたりでしょうか。これもハンデ戦になるので、昇級して
即通用した今回の内容を見ればハンデ上位3頭には入れる可能性が高そうで、出走できる
可能性もそこそこ高そうな気がします。
今度はスカッと勝ってOP入りして、今年1年を締めくくってくれることを期待します!

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2014年11月20日 21:02

グレナディアーズ(牡3)
11/19 音無厩舎
19日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒2-24秒8-12秒4)。
「今朝の坂路は少し時計がかかっていましたし、しかも追い切ったのは後半の時間帯でしたが、それでいてこの数字ですから上等ですね。さすがと言ったところです。動きも、仕掛けてからの反応も抜群に良かったですよ。テンションの高い馬ですが、今はうるさいというよりも、程よい気合い乗りをしているといった感じですし、態勢は整ったとみていいでしょう。いい競馬を期待したいですね」(担当助手)
「今朝も追い切りに乗せていただきました。帰厩当初に比べると体も締まってきてだいぶ動けるようになりましたね。季節的なもので冬毛が目立っているのですが、追い切りの動きを見る限りまったく影響はありません。こちらの思ったとおりに反応してくれて、申し分ない状態です」(北村友騎手)
23日の京都競馬(花園S・ダ1900m)に北村友騎手で出走を予定しています。

11/20 音無厩舎
23日の京都競馬(花園S・ダ1900m)に北村友騎手で出走いたします。


グレナディアーズ、無事に抽選突破して準OPクラスに挑戦となりました。
ハンデ戦の出走馬決定ルールを今回初めて知ったのですが、他の3歳馬よりも
1㎏重く背負う分、ハンデ上位3頭に入れて、出走チャンスが増えたようです。
それでも、実質6割くらいの確率だったので、よく突破してくれました。
ここまでの運の無さから、かなり心配だったんですよね(笑)

専門誌の印などから、昇級戦でも人気になりそうです。もしかすると1番人気かも。
準OPクラスはレース数も少ないし、次もスムーズに出走できる保証はないので、
チャンスをつかんだ今回で、是非ともビシッと決めてもらいたいところです。
頼みますよ~!

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

ブレイクエース、デビュー!

2014年11月18日 23:34

ブレイクエース
11/15  戸田厩舎
15日の東京競馬ではスタートで若干モタモタしたものの先行グループの後ろを追走。直線で追われて一度はあやしくなりかけるもしぶとく脚を使い5着。
「稽古で跨がらせていただいたときの雰囲気と馬場入りして返し馬へ行ったときが違いました。ゲートで駐立している際に隣の馬がバチバチとステッキが入っていたのを気にしてしまいましたし、初戦からスッとスピードに乗っていく感じではなかったので、スタート後は少しモタモタしてしまいました。ただ、置かれることはなかったです。やっぱり血統なのでしょうか。だいぶハミにグーッと来ましたね。直線は上がり勝負になったため厳しかったですが、形上いったんあやしくなりかけてまた来ましたし、いいところはありますね。ただ、使った次は良いほうにも悪いほうにも変わる可能性があるでしょうから次が大事になるかもしれません」(三浦騎手)
「スタート後のモコモコした走りを見るとやっぱり最初は少し距離があるところでも良かったのかなと思いましたが、ハミに来る感じなど気を付けるべきポイントのことを皇成がよく考えて乗ってくれていましたし、誰でもいいから明日のレースというよりは今日のレースで良かったのではないかと思います。次が大事になると思いますから、このあとについては改めて皇成と話をして考えたいと思います」(戸田師)
入厩から時間をかけて乗り込んでもらって臨んだ待望のデビュー戦。歩いている様子などから穏やかさを感じられマイルの流れに戸惑わなければいいなとは思っていましたが、スタートこそややゆったりでしたが道中は問題なく追走できていましたし、血統の秘めた部分の一端を垣間見た気がします。使ったことでピリッとして来る可能性もありますし、今後については状態を見極めたのちに判断していきたいと考えています。


レースの結果を後で確認しただけで、パドックや返し馬は見ていないのですが、
引っ掛かったりなどの気の悪さは見られず、スタート以外はスムーズでした。
むしろ、もうちょっと前向きさが欲しいかなという印象でしたね。
その辺はレース前からも予感していたことだし、1戦使ったことで少しピリッと
してくれるかもしれません。

勝てば言うことなかったですが、まずは叩いてからという雰囲気でもあったし、
まずまずのデビュー戦だったと言えるんじゃないでしょうか。
大敗したわけではないので、次戦もこのまま芝のレースを使ってきそう。
暮れか、年明けの中山で巻き返してくれることを期待したいと思います。

いろいろあったけど、まずは無事にデビュー戦を終えてくれてホッとしました。
お兄さんよりもゆったりした成長になりそうですが、厩舎のほうもじっくりと
育ててくれそうなので、こっちも焦らず、成長を見守ることにします。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2014年11月06日 20:24

グレナディアーズ(牡3)
11/6 音無厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は栗東坂路で追い切りました(51秒8-38秒8-26秒0-13秒4)。
「4日に無事帰厩し、今朝は坂路で早速追い切りましたが、時計も速く動きも良かったですね。乗っていた北村友一騎手も何も問題無いと言っていましたよ。前回は2000mで少し行きたがるところを見せていたので、少しでも距離が短縮されるのは好材料だと思っていますし、実戦でもちゃんと落ち着いて走れるよう調整を進めていきたいと思います」(橋本助手)
「今朝、追い切りに乗せていただきました。時計を出すことよりも、まずは気分良く走らせることができればと思っていたのですが、タイムは乗っていた感触よりも速かったですね。放牧明けでも動きは良かったですし、いい意味で以前と変わりないと思います。テンションは少し高いですが、まだ許容範囲ですし、ここまで順調にきていると思いますよ」(北村友騎手)
23日の京都競馬(花園S・ダ1900m)に北村友騎手で出走を予定しています。


グレナディアーズ、今週頭に帰厩しております。
そして帰厩後一発目の追い切りで、いきなり坂路5F51.8秒(馬なり)!
自己ベストが5F51.6秒(一杯)なのを考えると、馬なりでこれだけの時計が出るのは
相当調子がいいんじゃないでしょうか♪
次は昇級戦になりますが、レースが本当に楽しみになってきました。
目標レースは予想通り京都の1600万条件になりました。
初ダートで圧勝した舞台でもありますし、いいレースを期待しております。

ブレイクエースのほうもまずまずの追い切りができたようで、
デビューの体勢はほぼ整ってきているようです。
予定通りいけば、ブレイクエース→グレナディアーズと2週連続で出資馬のレースが
見られることになります。
うちは出走できる2歳以上の出資馬自体が2頭しかいないので、出資馬連続出走は
なかなかないチャンス。どっちも頑張って、いい結果を出してもらいたいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。