--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳馬近況

2014年05月28日 21:10

グレナディアーズ(牡3)
5/28 音無厩舎
28日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、放馬をして除外になった後でしたし、競馬場についてテンションが上がってしまわないか心配していました。実際パドックや馬場入りではかなりカリカリしていたようですが、レースではそんなところを見せずうまく走ってくれましたね。ダートは合うだろうと思っていましたが、それにしても強い競馬。時計も優秀ですし、これからが楽しみな内容でした。レース後は特に傷んだところはなく、今のところ疲れも感じません。気性面を考えて輸送のない阪神で自己条件をとも考えたのですが、夏場は新潟のレパードSなども視野に入ってくるでしょうし、いずれ長距離輸送も経験しなくてはいけませんから、ここでユニコーンSへチャレンジしようということになりました」(音無師)
6月22日の東京競馬(ユニコーンS・ダ1600m)を目標にしています。


次走はユニコーンS(GⅢ)とのことです。
予定通り出走が叶えば、出資馬の初重賞出走となります!
ただ、あのG1馬アジアエクスプレスがユニコーンSに出走を予定しているらしいですね。
初重賞挑戦で、いきなりものすごい相手とぶつかることになります(汗)
そのぶん、アジアエクスプレス出走により2勝馬は例年より頭数が少なくなるかもしれません。
抽選はそんなに高倍率にはならないんじゃないでしょうか…?
果たして今の時点でどこまでやれますか。
自分自身との戦いもあるし、やはり次走もハラハラしながら見守ることになりそうです。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

グレナディアーズ4戦目結果

2014年05月26日 20:27

5c45f085201452682629ec1960e3f3d.jpg

グレナディアーズ(牡3)
5/25 音無厩舎
25日の京都競馬では五分のスタートから中団を追走。3コーナー過ぎから徐々に進出して前を捉えられる位置につけ、直線半ばで先頭に立つと後続を突き放して優勝。
「初めてのダートの上に、前走があのような形でしたから、正直どんなレースになるかまったく予想がつきませんでした。でも、結果を見れば力が違いましたね。中団からロスなく進めて、うまく立ち回れたのも良かったと思います。ただ、パドックや馬場入りではやはりかなりうるさいですし、精神面の幼さは感じますから、普段からゆったり乗るようにしていきたいですね。今日はありがとうございました」(北村友騎手)
「前回の競馬が直前で競走除外になってしまいましたし、本当に今日は会員の皆さんにいい走りをお見せしなければと考えていただけに、ホッとしました。ダートは元々悪くないと思っていましたが、強い勝ち方をしてくれましたし、これからの楽しみが広がりましたね。今日は東京競馬場に臨場していたのでまずはトレセンで実馬を確認したいと思いますが、いい結果を出してくれたとはいえ気性面で怪しいところがありそうだったようなので、引き続き注意していきたいですね」(音無師)
馬場入りの際に放馬して除外となった前走の悔しさを晴らすには十分すぎるほどの強い勝ちっぷり。タイムも優秀で、今後の活躍が本当に楽しみになりました。ただ、引き続き精神面の幼さは目立ちますし、今後については馬の状態をよく確認してから検討します。


こっちの心配をよそに、本馬場入場やゲートイン、そして道中もスムーズに運んで、
3・4コーナーで先頭集団に取りつき直線突き放して完勝という、前走の暴れっぷりは
いったい何だったんだ!?というくらいの優等生ぶりでした。
こっちの思っていた以上の内容のレースで、ダート適性と能力を示してくれました。
いやー、本当に強かったです!

パドック周回するにつれて、みるみるうちに単勝オッズが下がっていって、推奨馬にも
取り上げてもらえなかったので、レース前はちょっと心配になったりもしました。
しかし、そんな周りの評価や心配などどこ吹く風、素晴らしいレースを見せてくれました。
デビュー戦に引き続き7番人気での勝利で、馬券的にもオイシイ思いをさせてくれて、
本当に馬主孝行な出資馬でございます♪

タイムは単純比較はできないけど、同じ日のOP特別より速い優秀な時計だったようで、
今回休み明けだったことも考えると、次走も本当に楽しみです。
ちょうど1ヶ月後に3歳ダート重賞、ユニコーンS(G3)があるので、おそらくその辺りを
目標にしていくんじゃないでしょうか。

以前、ドナシュラークが良い内容で2勝目をあげた直後に落とされた経験があるので、
今回こそは、無事に次のレースに向かって欲しいですね。
ここでまた何かあったら、ちょっと立ち直れなくなっちゃいますよ、私…。

とにかく怪我なく、これからも上のレースで暴れまくってくれることを期待してます。
音無先生、何卒よろしくお願いいたします。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

グレナディアーズ4戦目

2014年05月22日 20:32

グレナディアーズ(牡3)
5/22 音無厩舎
21日は栗東坂路で追い切りました(54秒1-39秒3-26秒0-13秒2)。22日は軽めの調整を行いました。
「時計だけ見ると抜群にいいとは言えないものですが、追い切ったのが2番目の組で馬場が荒れている時間帯でしたし、元々雨が降って重たくなっている状況でしたから、それを考えると悪くないものだと思いますよ。前回のことがあるので精神面は特に気を付けてレースに臨みたいのですが、状況によっては2人曳きにしたり、リップチェーンを使ったりすることも考えていますから、あとは少しでも落ち着いてしっかりと競馬の中で走ってくれればと思います」(音無師)
25日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走いたします。


いよいよレース当週となりました。
ここまでうまく調整できたようだし、音無先生もいろいろ対策は練ってくれてるようです。
もちろん北村友騎手も、落とされないよう警戒することでしょう(笑)
関係者や出資者がハラハラしながら見守る中、当のグレナディアーズの気分はいかに…!?
パドックから本場場入場まで、目が離せない一戦になりそうです。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

2歳馬近況

2014年05月15日 20:29

ブレイクエース(キューの12)
5/15 NF空港 馬体重:500kg 
現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン15秒台を中心に乗り込むことができており、非常に順調です。中間にはリフレッシュさせて疲れが溜まらないようにしていますので気持ちの面でも余裕が出てきているようです。相変わらず馬格のある立派な馬体を誇っており、最近では特に上腕と肩まわりの筋肉の発達が顕著に見られます。


15秒ペースに入ってもこたえる様子は全くなく、順調に進んでいます。
個人的には北海道で使って欲しいところですが、上の兄弟の傾向を見てみると、
新潟でのデビューとなる可能性が高そうな感じです。
戸田センセからお声がかかるのを、今から楽しみにしております♪


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2014年05月15日 20:24

グレナディアーズ(牡3)
5/14 音無厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-38秒8-25秒6-13秒3)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週も帰厩後いきなりまずまず動けていましたし、今週は併せてビシッとやったので、また気合いも乗ってくると思いますよ。これで来週もしっかりと追えばいい状態に仕上がってくれるでしょうし、あとは前走のようなことがないように、万全に気を配ってレースに臨みます」(音無師)
25日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。


ここまでは特に気の悪いところも見せず、大人しく調教に励んでいるようです。
この静けさが不気味な気もしますが、これがレースまで続いてくれればいいですね。
ところで、前走はかなり派手に大暴れしたけど、ゲート試験や再審査みたいなのは
課されないんですかね? それとも、もう既にクリアしてしまったのかな。
有り余る元気をちゃんとレースにぶつけて、結果を出してもらいたいところです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2014年05月09日 23:44

アンゴスチュラ引退ですっかりモチベーションが下がってしまい、また更新停滞してました。
世間もキャロットも、クラシックやG1で盛り上がってるのにうちは蚊帳の外です(苦笑)
今年の後半は、少しは波に乗れるといいんですが…。

そのカギを握るであろうグレナディアーズ、ようやく帰厩です。

グレナディアーズ(牡3)
5/8 音無厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-38秒9-25秒9-13秒3)。
「火曜日に無事帰厩しています。放牧先ではやりすぎないように気をつけていたほどで、馬体はしっかりとできていますし、今朝さっそく坂路で馬なりの時計を出しました。終始引っ張ったままこのタイムですから動きますよ。前走は残念なことになってしまいましたから、このあとはテンションが上がらないように気をつけて調整していきます。ここからあと2週やればちょうどいい仕上がりになるでしょう」(音無師)
25日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。

5/7 音無厩舎
6日に栗東トレセンへ帰厩しました。
「15-15に近いところをコンスタントに乗り込んで順調に良化していましたし、音無調教師とも相談をして検疫を確保してもらって、火曜日にトレセンへ送り出しました。体調面の不安もなく、いい状態で戻せたと思います」(NFしがらき担当者)



復帰戦は再来週の京都ダ1800m。今度こそ、ダート適性&能力を見せて欲しい…。
前走あんなことになってしまったので、怖がって誰も乗ってくれないんじゃないかと
心配しましたが、デビューから2戦の手綱を取った北村友騎手の予定となりました。

まずは無事にゲートに入って、出てくれることを願います。
でも、出たと思ったら、今度はまさかの大出遅れとかは、勘弁してね。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。