--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンゴスチュラ2戦目結果

2014年03月29日 20:26

アンゴスチュラ(牝3)
3/29  安田厩舎
29日の中京競馬ではまずまずのスタートから好位のインコースにつけるも、競走中に鼻出血を発症してしまい16着。
「スタートは出てくれましたし、スッと逃げ馬を見るような位置につけて悪くないリズムで運ぶことができていました。そのまま直線へとイメージを膨らませていたのですが、コーナーの途中で急に進まなくなってしまいました。さすがにその場ですぐにはわからなかったのですが、どうもレース中に鼻出血を発症してしまったようです。いいスピードを持っていると思いますし、まともに走っていたら違うはずなのですが…。申し訳ありません」(中井騎手)
「馬の状態は一度使って確実に上向いていたと思いますし、いい勝負になると送り出したんです。少しでも呼吸がしやすいように舌を縛っていたのですが、あの止まり方からも鼻出血で苦しくなってしまったのでしょうし、レース後に確認したら両方から出ていました。ぶつけたとか粘膜をちょっと切ったというような軽いものではなさそうでしたし、まずは安静にして様子を見なければなりません。ご心配をお掛けして大変申し訳ありません」(安田師)
途中までは悪くない形で進めることができていましたが、結果的に鼻出血の影響で失速してしまいました。この後はまずはトレセンで状態を安定させ、次のことを考えていきます。なお本馬は、「鼻出血による出走制限」により4月29日まで出走停止となります。


用事があってレースは見られなかったのですが、コーナーで失速、最下位だったそうで、
鼻出血の再発までしてしまったようです。
調整過程では大丈夫そうでしたが、ここでやってしまいましたか…。
即日引退が発表されてもおかしくないと思って、覚悟して更新をチェックしていましたが、
ひとまずはすぐに引退ということはなさそうです。

ただ、二度目の鼻出血ということで、今後についてはかなり厳しいものになるでしょう。
肉体的にも、そして精神的にもダメージが残っていそうですからね…。
奇跡が起こることを祈るしかなさそうです。

ホント、うちの出資馬達は他馬うんぬん以前に、どうしても自らの体質や気性との戦いに
なってしまいますね…。う~ん、どうにかならないもんなのか。もどかしいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

3歳馬近況

2014年03月22日 21:55

アンゴスチュラ(牝3)
3/20  安田厩舎
19日、20日は軽めの調整を行いました。
「この中間も特に体調は変わりなく、鼻出血の兆候もありません。初めてのレースを使った反動なども見られませんし、このまま順調に調整していけそうです。体つきなどを見てもまだコロッとした感じでしたから、一度使っての上積みは大きそうですよ。来週の中京に牝馬限定のダート1200mという番組があるので、そこを目指して週末から時計を出していきたいと思います」(安田師)
29日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1200m)に中井騎手で出走を予定しています。


鼻出血再発の心配もないようで、次は牝馬限定戦で初勝利を狙うようです。
中井騎手についてはよく知らないので、正直、リーディングジョッキー→減量騎手という
乗り替わりにはテンションが下がりましたが、調べてみると若手としては乗れてる部類に
入る騎手ではあるみたいですね。
叩いた上積みはありそうだし、減量1kgもあるので、巻き返しを期待したいところです。
絶好調のキャロットクラブの勢いにも、あやかれますように…。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

サユキの卒園式(+ふうきの成長)

2014年03月22日 21:23

サユキ、無事に幼稚園卒業となりました。

DSCF4545.jpg

2月生まれの早生まれということで、入園当初は明らかに他の子に比べて小さくて、
一人だけ赤ちゃんみたいだったけど、今ではクラスでも大きいほうみたいです。
さすが生まれたときがでかかった(4,290g)だけあって、3年間でしっかり周りに
追いついちゃったようです。

今の幼稚園には2年前の引越の時、年中クラスから入ったんですが、最初は全然
友達ができなくて、幼稚園で「誰と遊んだの?」と聞くと「一人で」とか「先生と」とかで、
ずいぶん心配したもんでしたが、今では仲良しの友達もたくさんできたようです。
前に幼稚園のイベントを見に行ったとき、友達と手をつないで走り回っている姿を見て、
幼稚園でうまくやれているんだなと安心したのを覚えています。
転園で環境が変わったと同時に、一緒に通っていたふうきも小学校にあがってしまい、
一人ぼっちでいろいろ大変だったろうけど、よく頑張ってくれたなぁと思います。

4月からは小学生として、ふうきと一緒に同じ学校に登校です。
でも、体は大きくなったけど、やはり早生まれのせいか、同じ学年の女の子よりは
ちょーっと思考が幼いようにも感じるんですよねー。
いまだにプリキュアの歌を、全く照れ無しで、振り付きで大声で歌ってたり(笑)
そのくせ、おしゃれに興味持ったり、マセてるんだか幼いんだか、よくわかりません。

そのせいか、親としてはまだ小学生というより、幼稚園児の延長って感覚ですが、
1学期が終わる頃には、小学校にも慣れて「園児っぽさ」も消えていくんですかね。
それはそれで、なんだかちょっと寂しいような。

なにはともあれ、心身ともに3年間で大いに成長してくれて、無事に卒園することが
できて本当に良かったです。
4月からの小学校生活も、どんなものになるのか、今から楽しみにしております♪

DSCF4566.jpg

立派な卒園式でした。卒園、おめでとう♪


・おまけ

成長といえば、こちらも知らないうちにめざましい成長を遂げておりました。

DSCF4587.jpg

なんか、普通にスーパーマリオブラザーズ2をクリアしてるんですけどこの男…。
VC版マリオDXの中のマリオ2で、若干元祖と仕様は違うものの、鬼難易度なのは
変わりません。私は子供の頃、クリアできずに途中挫折しました。
プレイを見てると、動きに迷いがないもの。コースを記憶している者の動きです。

横スクロールアクションに関しては、既に父を超えたかもしれません。恐るべし…。

懐かしき電車ブーム

2014年03月13日 21:24

インターネットの「お気に入り」を整理していたら、懐かしいお気に入りフォルダを見つけました。
ふうきが電車に夢中だった頃、ネットで探してきては、見せてあげていた動画です。
私のひざの上に乗って、大喜びで動画を見ていたっけ。




最も身近にあって、一番乗る機会が多かった札幌の地下鉄。
毎年、地下鉄スタンプラリーが始まるたびに、私と二人でやりにいったっけなぁ。
2009年には車内に液晶ディスプレイの行き先案内表示器がついた南北線車両が
出てきて、うちでは「新型」と呼んでおりました。
毎日家に帰るたびにふうきが「おとうさん、今日は『新型』に乗れた!?」と聞いて
きたもんでした。今は『新型』車両も増えてきたのかなぁ。




特急の中で一番好きだったのは「スーパー白鳥」。
青森に住んでいるふうきのイトコちゃんたちの家に遊びにいくときに
本物に乗れた時は大興奮だったのを覚えております。
北海道にはこの独特の形の先頭車両の特急がいくつかありますね。
スーパーカムイ、スーパーおおぞら、スーパー北斗、などなど…。
私はこんがらがってたけど、ふうきは全部、見分けがついていました。

電車ブームの頃は、買う本もみんな電車がらみの本で、ボロボロになるまで
読んでいました。破れるたびに、私がセロテープで直す係です。
今も本棚にあるんですが、ボロボロなのに、なかなか捨てられないんですよね。
クリスマスも誕生日も、プレゼントはいつもプラレールの部品や車両だったっけ。



そんなふうきも、今ではスーパー白鳥を見ても、名前も思い出せません。
あっさり「忘れた~」だって。あのブームはいったい、なんだったんでしょう(笑)
動画を見せてみたら、ちょっとは思い出すのかなぁ。

懐かしき日の、電車ブームの思い出。懐かしいやら、ちょっと寂しいやら。
今の「マリオブーム」も、いつまで続くんでしょうね…?
暇さえあれば読んでいるマリオ攻略本。
相変わらずセロテープでの補修係は、私の役目であります。

アンゴスチュラ、デビュー戦結果

2014年03月08日 21:13

アンゴスチュラ(牝3)
3/8  安田厩舎
8日の阪神競馬ではポコッとしたスタートも、二の脚がついて好位の後ろをキープ。3コーナーから徐々に動いて、直線の追い比べに持ち込んだが、半ばで苦しくなって5着。
「初めての競馬ですし、返し馬でわざと砂をかぶせてみました。最初は頭を上げて嫌がっていたのが、だんだんグッと前に顔を出してくれるようになって、いい形でレースに臨めました。スタートはそれほど速くありませんでしたが、スッと二の脚がついていいポジションを取れましたし、思った以上にスムーズなレースができました。脚を溜めていくというよりジリジリ伸びるタイプなので、4コーナーぐらいから促していきましたが、最後は手前も替えてくれましたし、初戦としてはいい内容だったと思います」(川田騎手)
「最後はちょっと苦しくなりましたが、スタートもまずまず出てくれて、いい位置で競馬ができましたし、初戦としてはいい内容だったと思います。今週は除外の可能性もあり、ビッシリと仕上げていたわけではありませんから、ここを使っての上積みは大きいでしょう。レース直後、その後の上がり運動までチェックしましたが、鼻出血の兆候もありませんし、このまま問題なければ使って行きたいと思います」(安田師)
好位から進めて、直線は交わされたとはいえしぶとく我慢していましたし、次につながるレースはできたと思います。使っての上積みも大きそうなので、次走の走りに期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


アンゴスチュラ、仕切り直してのデビュー戦は5着という結果でした。
最後はパッタリ止まってしまったので、鼻出血の再発を心配しましたが、レース後の様子で
それはなかったようで、ひとまずホッとしております。
デビュー勝ちとはいきませんでしたが、この距離で先行できるスピードは見せてくれたし、
なんとか掲示板を確保してくれたことで次のレース選択もしやすくなりました。
上積みが期待できる次走、改めて初勝利を目指してもらいたいです!
体質に不安がある馬なので、とにかく無事に次へ向かえることを願っております。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

アンゴスチュラ、(今度こそ)デビュー!

2014年03月06日 21:39

アンゴスチュラ(牝3)
3/5  安田厩舎
5日は栗東Pコースで追い切りました。
「今朝はPコースで併せて追い切りました。格上を相手に後ろから追いかけて、直線並びかけてゴール。手応えは見劣りましたが、相手は攻め駆けする馬ですし、6ハロン80秒台と十分なタイムを出していますからね。乗っていた助手も、コントロールが利いていたし、いい最終調整ができたと言っていました。思わぬ形でデビューが延びてしまいましたが、ここまでは順調に来ていますし、いい結果を期待しています。おそらく470キロ台での出走になると思います」(安田師)
8日の阪神競馬(3歳新馬・ダ1200m)に川田騎手で出走を予定しています。


除外の心配もありましたが、無事出走確定しました。
鼻出血でのデビュー戦回避から約半年。
ようやく再びデビュー戦までこぎつけることができそうです。
ギリッギリ、新馬戦に間に合ってくれましたね。よかったー。

相手関係はよくわかりませんが、調教でも動けているようだし、
初戦から走れそうなタイプだと思うので、いきなりを期待してます。
今年の目標の一つを「アンゴスチュラの1勝」に設定したので、
デビュー戦で目標達成してくれれば、最高ですね。
土曜日を楽しみにしております。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。