--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳馬とかの近況

2013年07月31日 23:02

久しぶりに過去の出資馬をネットで検索してみたら、あのドナシュラークと思われる乗馬クラブの
馬に乗っている方のブログがHITしました。写真からもたぶん彼に違いない…はず。
相変わらずの元気いっぱいキャラで頑張ってるようで、安心しました。
クラブのほうでは、過去の所属馬で取りあえてくれないのかなー。

そしてプレザントライフ。こちらは7/19の水沢競馬能力検査に合格していたようです。
船橋で走ったのを最後に情報が途絶えていて心配していましたが、まだ競走馬としては現役で
走っていくようです。なんとか1勝だけでもいいので、勝利をあげてほしい。

この2頭以外は、残念ながら見つけることはできませんでした。
2頭元気なのを確認できただけでも、いいほうなのかもしれませんが…。
野馬追に行ったというストゥレガーレ、元気にやってるのかな…。
引退後の馬を追うのはしないほうがいいとよく言いますが、やっぱり出資馬のその後は、
気になってしまいます。


さて、現役出資馬たちの近況です。

アンゴスチュラ(マンハッタンの11)
7/31  安田厩舎
31日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週末に無事入厩し、今朝から本格的にゲート練習を開始しました。まずは通すところからですが、初めてのゲートとあってちょっと落ち着きがないような感じがしましたが、このあたりは慣れてくれば問題のない程度です。この時期の2歳としては馬はしっかりしていますし、しっかりと乗り込んでいけそうです」(高柳助手)

グレナディアーズ(ヴィートマルシェの11)
7/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。速い調教を継続していますが、カイバ喰いが落ちることなくきちんと食べてくれるので、鍛えたことがしっかり実となってその馬体に表れています。逞しい肩や発達したトモなどいっそう凄みを増してきた印象を受けます。角馬場での調教も取り入れて馬とのコンタクトを大事にしながら進めていますので、今後もさらなるレベルアップを目指していきます。


アンゴスチュラ、先週末に入厩しております!
その少し前の更新で、脚元に少し疲れが出やすい…というイヤーなコメントもありましたが(^^;
疲れが溜まらないよう、なるべくスパッとゲート試験を通ってほしいところ。
8月いっぱいでローカル開催が終わるので、うまくゲートを通ったら阪神開催に入ったあたりで
デビューできるでしょうか。小倉開催には間に合わないかなー。
グレナディアーズのほうは相変わらずのペースで調教を積んでおります。
秋ぐらいの移動ということで、あと1ヶ月くらいはこんな感じですかね。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

キャロット2013年度1次募集予定リスト

2013年07月16日 23:48

いよいよキャロット2013年度1次募集の募集予定リストが公式にUPされました♪

サラッとみて受けた印象は、まず「ディープ産駒少なくない!?」でした。
去年、一昨年はもうちょっと多かったような?
シルクとか、その他ノーザン系クラブに分散しちゃったんですかね?
どこで募集しても、ちょっとお高めの値段でも、完売でしょうし。

その次に感じたのは、「スニッツェル産駒、多っ!」でした(笑)
地方募集馬入れると7頭もいるじゃないですか。
新種牡馬の目玉であるハービンジャーと並ぶ募集頭数です。
スニッツェル産駒を持ったことがあって、人よりは強く印象に残ってるから
余計に目だって見えるんでしょうか?

同じデインヒル系のハービンジャーとか、他の系統のサムソン、クロフネ産駒も
それなりの頭数がいるので、今年はなんだかNダンサー系が多く感じますね。
キンカメをはじめとするミスプロ系も多いし、サンデー系への偏りが例年よりは
ちょっと解消されたようにも見えました。

血統だけサラッと見て、面白そうだなと思ったのは

牡 ディープインパクト×ヴィートマルシェ(母父フレンチデピュティ)
牝 ディープインパクト×ムーンライトダンス(母父Sinndar)
牡 ゼンノロブロイ×シンハリーズ(母父シングスピール)
牝 ゼンノロブロイ×ラフィントレイル(母父エルコンドルパサー)
牡 ステイゴールド×ダイヤモンドディーバ(母父Dansili)
牝 ウォーエンブレム×ティエッチマンボ(母父キングマンボ)
牡 ヴァーミリアン×ピンクアリエス(母父キングカメハメハ)

あたりでしょうか。
特にヴァーミリアン産駒は、個人的に気になりますねぇ~。
父は2歳戦の芝重賞勝ち馬でもあるし、貴重なエルコンドルパサーの父系です。
値段も手ごろそうで、安い金額でいろいろ夢を見れそうです。
何となく、お手ごろ価格帯での人気上位馬になりそうな気もしますけどね。

カタログ到着は来月末とのことで、あと1ヶ月は血統を眺めたりデータを調べたり
しながら、楽しみに待とうと思います。


そして現役馬たちも、大きな変化はないけど問題なく調整が進んでいます。

アンゴスチュラ(マンハッタンの11)
7/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「移動後、特に体調面の不安が出ることもなく来ていますので、この中間は周回コースと坂路で普通キャンターを行って移動に向けての下地を造っています。ふっくらした馬体ですが、まだ筋肉がついてきていないところもありますので、しっかりと乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)


グレナディアーズ(ヴィートマルシェの11)
7/16 NF早来 馬体重:518kg(+2kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。調教ではもう少し力の入れどころにメリハリが利くようになると理想的なのですが、スピードとパワーを活かした先行力を武器とする産駒が多い血統だけに、持ち味を損なわないようバランスを見ながら接しています。とはいえ、以前の本馬と比較すれば折り合い面には確実な進歩が見られるので、今後もこの調子で持てる才能を伸ばしていけるように励んでいきます。


アンゴスチュラはうまくいけば今月か来月上旬には入厩できるかな?
暑い時期だけど、バテずに頑張れ~。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

運動会(幼稚園)

2013年07月16日 23:02

出張やらなんやらで、サユキの幼稚園の運動会の日記を書きそびれてました。
去年もそうだったけど、幼稚園の運動会目がけて、この夏一番の暑さ!
日よけがないので、もー暑い暑い。
ただ応援してるだけでも倒れそうだったので、子供達はもっと大変だったでしょう。


サユキのかけっこは、いいスピードで走ってたんですが、外、外を回らされた
影響もあって、順位のほうは「もう少しがんばりましょう」って感じでした。

で、後で運動会の写真を見て気がついたんですが、かけっこのときも、
リレーのときも、見事なまでにばっちりなカメラ目線。

DSCF3479.jpg
(※ちょいとボカシ入れてます)

ゴールよりも観客席にアピールすることに意識が向いているようで、
走りに集中していないみたいです。ブリンカーが必要でしょうか(笑)


DSCF3452.jpg

憧れだった年長さんのパレード。
衣装もばっちり決まってます。(当然、カメラ目線(笑))
サユキはどっちかというと、走ったりの競技よりも、踊り・リズムが得意みたい。
元気はつらつ、キレッキレの動きを披露してて、遠くからでも見分けがつきます。


暑すぎるくらいだったけど、幼稚園最後の運動会、天気も最高でよかったです!
いい思い出になったんじゃないでしょうか♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。