--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳馬近況

2013年04月30日 23:47

アンゴスチュラ(マンハッタンの11)
4/30 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで元気に2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。調教メニュー自体に変わりはありませんが引き続き、坂路コースの調整ではいい動きを見せてくれています。今後もスムーズにペースアップできそうな雰囲気ですので、ここでしっかり体力面の下地を造ることで速めの調整メニュー開始に備えていきたいと考えています。

グレナディアーズ(ヴィートマルシェの11)
4/30 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。坂路コースでは元気の良さから手綱を抑えるのも一苦労といったところですが、周回コースにおいては徐々に乗り役との呼吸を合わせてリズムよくキャンターを行えるようになってきました。馬体の方はしっかりと乗り込んできたことから、だいぶ態勢が整ってきた印象を受けますので、今後は早期の移動も視野に入れながら進めていく予定です。



ついにグレナディアーズに早期移動を視野に…とのコメントが出てきました。
5月中にはどこでデビューを目指すのか、情報が出てくるかもしれません。
産地馬体検査を受けたので、函館…? それとも阪神…?
函館だと初の「出資馬の北海道開催出走」となりますが、見に行くには車で
10時間くらいかかるので、嬉しいやら悩ましいやら、複雑な気持ちになりそう。
こういう年に限って札幌開催がないんだもんなぁ(笑)
北海道か関西か、音無先生はどっちでデビューさせるんでしょう。

アンゴスチュラは前回更新と同じ内容。
一回頓挫してるし、ちょっと慎重に進めている感じですかね。
まだ2歳の4月だし、じっくり進めてもらいましょう。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

2歳馬POG情報収集

2013年04月23日 23:14

産地馬体検査も終わり、POG関係の2歳馬情報もちらほら出てきました。
検索してみると、グレナディアーズの話もいくつかありました。

それらの情報によると今のところ、音無厩舎としてはグレナディアーズは
「ダート馬」「距離はマイルくらい」というイメージのようですね。
私としてはダートでの活躍を期待して出資した馬だし、できればデビュー戦
からダートを使って欲しいと思っているので、これは嬉しい情報です。

近親のインペリアルマーチは最初は芝を使って、500万条件で大敗してから
ダート路線に転じましたが、2歳からダート路線に専念すれば、2歳戦でも
交流重賞がいくつかありますし、早くから稼げるかもしれません。
ここまでは順調に育成が進んでいるので、この調子で早めにデビューして
ポンと勝ってくれれば、そんな話も夢ではなさそう。
ますます楽しみになってきました。

アンゴスチュラは産地馬体検査も受けていないので特に情報は見つかりませ
んでした。
血統も地味な部類だし、こちらは注目度が低くても仕方ないですね。
遅れも取り戻せてきたし、2歳デビューを目標に頑張ってもらいたいです。


しかし、牡牝クラシックの第1戦も終わり、天皇賞の「春」も今週だと言うのに
網走はなかなか春らしくなりません。
昨日は夜の間に雪が降ったらしく、朝になってカーテンを開けてみると外の
景色が白くなっていてビックリしました。
冬タイヤ→夏タイヤに交換したことを軽く後悔しました(笑)
(車検が4月中旬だったので、その時ついでに換えてもらったのです。)

今週末は再び最高気温が一桁台になるようだし、4月とは思えない気候です。
去年こちらに来た時はこんなんじゃなかったはずなんですが…。

2歳馬近況

2013年04月17日 00:59

アンゴスチュラ(マンハッタンの11)
4/15 NF空港 馬体重:490kg(+4kg)
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで元気に2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。先月、リフレッシュ期間を挟んだことが良い方向に出ているようで、馬体は順調に成長しており、体調面も非常に良好です。坂路コース登坂時の動きにも徐々に進展が見られるだけに今後も更なる上積みを求めて調教メニューを高めていきたいと考えています。

グレナディアーズ(ヴィートマルシェの11)
4/15 NF早来 馬体重:520kg(±0kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。坂路コースでいよいよハロン15秒台のキャンターを開始しましたが、相変わらずの行きっぷりでグイグイと駆け上がっています。ペースを上げてもしっかりとした脚取りで走る姿は頼もしい限りですが、気持ちのコントロールには十分気を配りながら調整していきたいと思います。なお本馬は4月18、19日に行われる第一回産地馬体検査を受検する予定です。



グレナディアーズはここまで全く頓挫することもなく、順調に15秒台まで来れました。
このままデビューに向かって突き進んでくれそうな雰囲気ですね。
アンゴスチュラも週3で坂路に入れるようになり、、遅れはほぼ取り戻せたんじゃないでしょうか。
この調子でいければ、2歳交流重賞にもじゅうぶん間に合いそうです。
兄メトロノースが交流重賞勝ち馬だし、姉たちもダート戦でデビューしているので、この馬も
ダート戦から使ってくるんじゃないかなと思ってます。

どちらもよい感じで進んでいてひと安心。この調子で、頑張れ~。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

新しいもの古いもの

2013年04月11日 00:17

桜花賞はレッドオーヴァルの単勝で勝負して、最後の最後で天国から地獄でした…。
今週の皐月賞はミヤジタイガの複勝で、巻き返しを狙っています。

今年に入ってから馬券は単or複の1点勝負ばっかりです。
単複は何より的中確率が高いのがいいですよね。的中の喜びをたくさん味わえる。
それに無駄ダマなしの1点勝負だから、思ったよりも当たれば大きいんですね。
今まで単複は地味な印象でほとんど手を出してませんでしたが、試してみたら
意外に面白くて、すっかりハマってしまいました。ここまでの回収率も上々。

今年いっぱいは単複中心で、どれだけ結果が出るか試してみようと思ってます。


そして、こないだ死ぬ思いでクリアしたマリオ2。
ふうきがA-1~D-4をクリアするところを見たいというので、目の前でやって
見せてあげたら、自分でも驚くくらいアッサリとクリアできてしまいました。
まぁ、アッサリと言ってもマリオの20人くらいは死んだと思うけど(笑)
一度壁を突破すると、二回目以降は意外にポーンと越えられるもんですね。
すっかりパターンが体に染み付いてしまったのかな。
ふうきは目をキラキラさせて、羨望の眼差しで私を見ておりました。いい気分です♪


もう一つ懐かしのゲーム「テトリス」、3DSで出ていたので買ってみたんですが、
こっちはかなりイマイチな出来でした…。
期待していたインターネット対戦は、アイテムが強すぎてあまりテトリスの上手さが
勝敗に直結しないので、かなり萎えます。
「相手と自分のフィールドを入れ替える」アイテムは、作ってるときにバランスとか
考えなかったんでしょうか…。
自分の体を傷つけてからチェンジ!というギニュー隊長ばりの戦法でほぼ即死です。
さすがにこれはないでしょー。がっかりです。

なんだか最近、昔の名残のあるゲームばっかりやってる気がします。
ブレイブリーデフォルトも、システムはほぼFF5のジョブチェンジだし。
新しいことに取りかかろうという気持ちが失われてきてるんでしょうか(^^;
馬券では、新しい発見があったんですけどね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。