--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆく年くる年

2011年12月30日 21:00

早いもので、2011年も残すところあと1日となりました。

今年の一口馬主生活については既に記事を書きましたが、それ以外の私生活について、
今年で一番大きな出来事といえば、やはり新たな家族の仲間入り、なみきの誕生と
いうことになります。

生まれた直後は弱々しくて、腕の中に小さく収まってたその体も、だいぶ大きくなって、
かなりの重量感があります。
今は何でも触りたい口に入れたい時期で、だいぶずりばいも上手になってきたので、
家の床にも物は置いておけないし、ちょっとの時間でも目が離せません。
ずりばいの縦移動と、寝返りの横移動を組み合わせて、こちらの予想以上のスピードで
家の中をコロコロズリズリと移動しております(笑)

今年から幼稚園に入ったサユキも、すっかり幼稚園に慣れて、運動会や保育発表会で
見事なお遊戯やダンスなどを見せてくれました。
年長クラスに進級して、今年が最後の幼稚園生活となるふうきも、いろんな面で成長を
見せてくれています。
今、改めて1年のブログを見返していると、今年の春はまだ補助輪つきの自転車に
乗っていたんですよね。今は当たり前のように乗っているので、わずか半年前の姿を
見ても「まだそんな段階だったんだなぁ」と懐かしくなってしまいます。

私についてはそんなに大きな変化もありませんでしたが、嫁さんのほうは年末に転んで
肩を骨折してしまったのが大きな出来事となります。
出資馬の骨折だけでなく、家族にまで骨折が及んでしまうとは意外でした(^^;

他にも子供たちが風邪を引いたりなど、年末に怪我や病気が多かったので、
来年はなるべくこういうことがないよう、人も馬も健康な1年であってほしいです。
年が明けて、悪い流れが変わってくれるとよいのですが。


あと、馬券のほうはいつもどおり、今年も勝ち越すことはできませんでした。
有馬記念で負けた上に、東京大賞典でもやられてしまい傷を広げる有様(苦笑)
それでも、トータルで負けても数回、大きな的中があったのは救いかな。


いろんなことがありましたが、今年1年このブログでたくさんの方と交流させて
いただいたおかげで、一口馬主も私生活も、より充実したものになりました。
ブログに遊びに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
さほど代わり映えしない内容になりそうですが、来年もよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

メリークリスマス

2011年12月25日 23:05

クリスマスプレゼントを発見した子供達、

「サンタさん! 本当にきたんだ!!!」
「こっちの大きいのがふうきのだ!」
「やった~! 良い子にしててよかった!!!」

と、朝っぱらからテンションが急上昇。
あまりにハイテンションすぎて、ちょっとついていけませんでした(笑)


ふうきのプレゼントはトミカタウンのセット。

http://www.takaratomy.co.jp/products/lineup/detail/tomica404323.html

最初はプラレールアドバンスが欲しいと言っていたのですが、ネットで調べたところ
かなりバランスがシビアで、レールに乗せて動かすのが難しいという噂だったので、
うまく誘導してこっちのほうにしてもらいました。


サユキはキュアモジューレ。(プリキュアの変身アイテム)

http://www.biccamera.com/bicbic/jsp/w/catalog/detail.jsp?JAN_CODE=4543112697769

でも、スイートプリキュアはあと1ヶ月チョイで終わるんですけどね…。
いつも2月くらいに世代交代があるので、タイミング悪いんだよなぁ。
たぶんこれも、ほどなくワゴンセールで大安売りだと思います(^^;


なみきにも、ベビーカーにつけるアンパンマンのおもちゃを買ってあげました。
最近、口に入れるだけじゃなく、手で動かして遊ぶことを少しずつ覚えてきている
感じなので、気に入ってくれるんじゃないかと思います。


二人はさっそくもらったおもちゃで大喜びして遊んでいました。
今年のクリスマスは日曜日で仕事がなかったので、おもちゃで遊ぶ子供達を眺めて
いられるので、よかったです。



これでサンタさんを盾に親のいうことを聞かせる作戦もしばらく封印か…と思ったら


「今日から1年間、良い子にしてれば来年もサンタさんが来るんだ!」


と、ふうきが鬼が笑いそうなことを言い出しました。
また1年間、この手が使えるかも知れません(笑)

クリスマスプレゼント

2011年12月25日 00:11

もう少ししたら、子供達のクリスマスプレゼントをセットします。
トイレなどに起きて見つけられても困るので、私達が寝るギリギリの時間にセット。
今は家の中のある場所に隠していますが、そう言えば私が小学生の頃、クリスマスが
近くなると、プレゼントを隠してある場所を探したりしたっけ。
1回か2回くらい、クリスマス前に発見したことがあったような…?


ふうきもサユキもまだまだサンタさんを信じています。
そしてお約束の「悪い子にはサンタさんはこない」説も信じ込ませている我が家。
お父さんお母さんが悪い子にしてて、サンタさんが来なかった年が本当にあるという
「実例」まで出して信憑性を高めるという手も合わせて使っています(笑)

二人に「今年はサンタさん来ると思う?」(=今年1年良い子にしていたか?)
と聞いてみたところ…。

ふうき
・なみきちゃんはあかちゃんだし良い子だから、絶対にサンタさんは来る!
・サユキはイジワルだからサンタさんは来ない!
・ふうきは…プゼレント(←プレゼントと言えない)来ると思う。

サユキ
・なみきちゃんにはサンタさんはくる!
・サユキには…わからない。


二人とも、自分に絶対来ると断言しないあたり、いろいろ思うところがある様子。
そしてなみきちゃんが良い子というのは、二人とも意見が一致してるのも面白い。
普段から必要以上に、可愛がりまくっていじくり回してますからね~。


明日の朝の反応が今から楽しみです♪

今年の一口馬主生活を振り返る

2011年12月23日 19:00

プレザントライフが放牧となり、出資馬の今年の出走は無くなったので、
ここで今年の一口馬主生活を振り返ってみたいと思います。


まずは各出資馬の一年の動き。


ドナシュラーク(牡5)
昨年8月のレース以降、ずっと牧場で調整を続け、5月下旬にようやく帰厩の目処が
立ってきたところで屈腱炎再発。今年一走もせず無念の引退となってしまいました…。


ファステストスター(牡3)
体質難に阻まれ遅れに遅れたデビュー戦でまさかの大敗、そして骨折。
その骨折の影響が尾を引き、なんとか間に合わせた未勝利戦でもやはり体や気持ちの
傷は癒えきっていなかったようで、再度の大敗。そして引退となりました。


カットレット(牡3)
この馬もデビューが遅れに遅れて3歳の5月にようやくデビュー。
初戦から2着と能力を見せ、次走でキッチリと勝ち上がってくれました。
その後は体質の弱さに夏の暑さが重なり体調が急降下。なかなかレースに出られません。
秋に復帰するも、体調が戻りきってないこともあり、復帰後結果が出せていません。


プレザントライフ(牡2)
3歳デビューかと思っていたら、予想以上に順調に進み9月デビュー。
不利などがありながら僅差3着だったので、すぐに勝ち上がれると思っていたら、
そこからが長かった…。結局5戦するも勝ち上がれず、年末に軟骨が欠けてしまい
放牧休養となってしまいました。



見事にどの馬も怪我やら体質難やらに悩まされる形になっています…。
中でもドナシュラークの屈腱炎再発は本当にショックでした。
私の中で今年の一番大きな出来事と言えば、ドナシュラークの引退になります。
初出資馬にして初命名馬、初勝利をあげてくれた馬。思い入れは特に強かったです。
去年後半のレースは復調を感じさせる走りだっただけに、今年こそは復帰後初勝利を
上げてくれると期待しておりましたが、叶わず引退となり、本当に無念です…。

今年は1次募集で1番人気馬に突撃して撃沈したため、新たに仲間入りした出資馬も
おりませんので、引退した馬の分だけ、出資馬が減ってしまいました。
現在たった2頭。ちょっと寂しい頭数です…。


出走レース結果は、全12戦で(1-1-2-8)となりました。
平らにならすと、月イチ間隔出走が叶っている形で、勝率1割、複勝率3割なら、
そんなに悪い数字でもないと思います。…もうちょっと伸ばせた感はありますが。
出走数に関しては一時期の暗黒期を考えると大満足と言える数字。
来年は、特に地方のカットレットにはこの調子で出走数(できれば勝ち星数も)
稼いでいってほしいです。



次に今年最初に掲げた目標3つ。


1.出資馬の北海道開催での出走
今年も残念ながら出走は叶わず。ファステストスターの牧場から北海道直入りも
少し期待しましたが、実現はしませんでした。

2.ドナシュラークの復帰後初勝利
今年はレースに出走することなく、屈腱炎再発で引退となってしまいました…。

3.地上波で放送されるレースへの出走
出走したのが中央の新馬・未勝利戦と地方レースだけでは、放送してもらえません(^^;


今年も、どれも達成できませんでした。
1と3は来年も目標にしようと思っているので、どちらもプレザントライフが叶えて
くれないかなーと期待しております。



相変わらず、出資馬の健康面で頭を悩ませ続けた感のある今年の一口馬主生活ですが、
ここ3年間の中では一番マシな年だったと思います。
出資馬数は少なくなってしまいましたが、カットレットも少しずつレース数を使える
ようになってきたし、春にはプレザントライフも復帰してくると思いますので、
来年はさらにもう少し充実した一口馬主生活を送れるのではないかと思ってます。
キャンセル募集で運良くいい馬を追加できればなお良いです。

出資馬たちが怪我なく競馬に使えて、楽しませてくれる一年になりますように。

2歳馬近況

2011年12月23日 19:00

久しぶりに丈夫な出資馬だったプレザントライフまでもが…。


プレザントライフ(アドマイヤセラヴィの09)
12/20 NFしがらき
「先週のレース後、いくらか歩様に乱れがあったため念のためレントゲン検査を行ったところ、右前脚の中間手根骨の軟骨が欠けていることが判明しました。米粒ぐらいの小さな骨片で、手術の必要もなさそうですし、獣医師によると1、2ヶ月程度の休養で良くなるとの見解でした。ただ、コンスタントに使ってきているので他にも傷んでいるところがないかどうか、しっかりと馬体のチェックをしてもらおうと思います。なかなか思うような結果を出せず申し訳ありません」(松田国師)
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。



幸い軽傷で、1~2ヶ月程度で回復するようなので、これまで使い詰めだったことを
考えると、連闘してから放牧だったとしても、さほど変わらない休養期間なのかも。
寒い時期を避けて放牧休養、今時期に休養して春くらいに再始動して、相手が少し
落ちたところを勝ち上がるというプランになれば、それ自体は悪くないと思います。
ただ、休養のキッカケが怪我というのは、やはり凹みますね…。

取りあえずはしっかり休んで、早く怪我を治してもらいたいです。


それにしても、以前の日記に書いたけど本当に運気の流れが悪すぎます…。
最悪の事態になるのは回避しているとはいえ、悪いことが続いてしまいます。

そんな中、様子見中のアビラ10に残口が表示されたようですが、とてもじゃないけど
この悪い流れにある今、追加出資をする気になれず、このままスルーになりそうです。
年が明けて、運気が仕切り直しがされた状態で、キャンセル募集に賭けてみようと
思っています。仕切り直されてくれればいいんだけど(苦笑)
それで外れたら、縁がなかったということで10年産への出資は無しにします。
ファステストスターの補償も来年の募集まで使えますし。

今年はどんな馬がキャンセル募集にあがるんでしょうね。
ダメもとなので、気楽に参加できそうです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2011年12月23日 19:00

カットレット(牡3)
12/22 川崎・田島厩舎
22日は小向トレセンダートコースでキャンター調整を行いました。「この馬の場合、どうしても腰に疲れが溜まりやすいところがあり、レース疲れがまだ残っている感じはしますが、これまでもこういった面はあったので問題視はしていません。2度叩いて調子は順当に上向いているので、もう少し攻めてもいいかなと思っていますが、レース間隔も詰まっていることですし、この中間は馬の雰囲気重視で調教内容を決めています。走破タイムからしても次はチャンスが生まれると思いますし、メンバー、展開次第では大きく前進していいと思っています」(田島師)
今のところ1月1日から始まる川崎開催での出走を目標にしています。



あまりパッとしない感じの近況ではありますが、後退してないだけいいです。
ここでガタッと来られては、使いながら上昇させてきたのが水の泡ですから。
陣営も次走での上昇には期待しているようなので、ぜひ応えて欲しいです。
新年早々の出走となるので、1年の良いスタートとなりますように!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

プレザントライフ5戦目

2011年12月18日 10:32

プレザントライフ(アドマイヤセラヴィの09)
12/17 松田国厩舎
17日の小倉競馬ではスタート後に押して果敢に逃げるも、徐々に手応が怪しくなって直線では伸びを欠いてしまい9着。「前々で粘り込ませようと積極的に行きました。道中のペースが極端に早いわけではありませんでしたし、バテてしまったいうことではなく、逃げる形が影響したのか物見をしてしまってまともに走っていない感じです。今日の走りからすると前に壁を作ったほうが良かったのかもしれません。返し馬の時から具合の良さを感じていましたし、それだけに結果を残せず申し訳ありません」(中舘騎手)
「ストライドの大きな馬でペースアップに瞬時に反応しにくい部分がありますし、小回りということを考えて前々で進めるのは悪くないと思うのですが、結果として番手でも良かったのかもしれませんね。スタート後に馬なりで行けるようだったらまた違ったでしょうし、今日は物見をしていまいましたからね。状態が良くここでキッチリ決めたかっただけに残念な結果になってしまいましたが、まともに走っていればこれほど負ける馬ではありませんし、気持ちの面で走り切っていないのかもしれません。今後はレース後の状態を改めてみる必要はありますが、実際に日が経ってもレースの疲れを見せないようならば、このまま小倉競馬場に置いて来週の競馬を使うことも考えていきます。もちろん状態次第ではトレセンに戻したり、放牧に出したりする可能性もゼロではありません」(松田国師)
積極的な競馬で粘りこみを図りましたが、物見をするなど自分の走りに集中出来ずに、伸びを欠いてしまいました。今日は悔しい結果になってしまいましたが、前走までの4戦はすべて入着していますし、まともに走っていればもっとやれる馬でしょう。今後は状態次第で決定しますが、問題がないようならば連闘案も持っています。



まさかの惨敗にレース直後は言葉もありませんでしたが、レース後の騎手コメントで
ちょっとだけ持ち直しました。物見をして「まともに走っていない」と。
まともに走られてあの結果なら、いったん放牧して一から立て直すしかないのかなと
思いましたが、まだなんとかなるのかもしれない。
今はこの陣営のコメントを信じるしかないです。

で、夜中に更新されていたらしいマツクニ先生コメントを見て、再度びっくり。
なんと、まさかの連闘策! ということは来週土曜日の2000m小倉未勝利戦ですね。
全くの勝算もなく連闘とかはしないでしょうから、やはりマツクニ先生としても、
今回の結果がこの馬の実力ではないと見ているということでしょう。きっと。

もう今年のラストレースが終わって、1年のまとめでも書こうと思ってましたが、
真のラストレースが中央競馬最終週に用意されそうです。
今度こそ、今年をいいかたちで締めくくる最高の結果を期待してます!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

2歳馬近況

2011年12月15日 22:18

プレザントライフ(アドマイヤセラヴィの09)
12/15 松田国厩舎
14日は栗東CWコースで追い切りました。15日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路を軽く上がったあと、CWコースで併せて追い切りました。相手を追いかける形で最後は併入しラスト1ハロンは12秒2ですから、使いつつずいぶん素軽く動けるようになってきていると思います。来週の競馬でもいいかと思って調整してきたのですが、中1週でこれだけやれれば十分いい状態で使えそうですし、前々の競馬を覚えてきて小回りでも対応できるでしょうから、小倉の2000メートル戦を使うことにしました。鞍上も先行が得意な中舘騎手を確保できましたし、今度こそなんとか勝ち切ってもらいたいですね」(松田国師)
17日の小倉競馬(2歳未勝利・芝2000m)に中舘騎手で出走いたします。



来週の阪神or中山かと思っていたら、急遽今週の小倉に出走となりました。
現状では急坂コースより平坦コースのほうが合うでしょうし、相手も楽になります。
瞬発力勝負になる可能性も低そうで、勝てる条件は揃っていそうです。
さすがにこれまでに乗ってくれた騎手を確保するのは無理でしたが、ローカルでの
中館騎手であれば、文句はありません。
輸送と小回りの対応力が未知ではありますが、今回のレースの条件を考えれば、
ここで負けてもらっては困るという気持ちです。
わざわざ中1週で小倉まで遠征するのであれば、何としても勝って欲しい!
きっちりと勝ち上がって、来年への一歩を踏み出してもらいたいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

カットレット5戦目

2011年12月15日 21:50

カットレット(牡3)
12/14 川崎・田島厩舎
14日の川崎競馬では好スタートから先団に取りつこうとするが、両側から寄られる不利が響いて道中外々を回らされる競馬。向正面からは仕掛け気味の追走になり、直線もじわじわとした伸びで7着。「外を回らされた分、引くに引けない状況になってしまい不恰好な競馬になってしまいました。以前勝たせてもらった時と比べると状態はまだ戻りきっていない感じですが、徐々に良くなってきていると思います。今日は展開に恵まれなかった部分も大きいと思うので、次は変わってくると思います」(戸崎騎手)
「今日はジョッキーに勝負出来る位置取りで積極的に乗るようにと指示しました。馬体も前走より良くなってきたので前進を期待していましたが、1コーナーの入りで内側の馬に突っ張られて位置取りを下げられなかったのが痛かったです。完調であればこれくらいの不利は跳ね除け、向正面でふわふわしてもついていけるだけの力はある馬だと思っているので、当初の想定通り一叩きでは状態が戻りきらなかったということでしょう。今日のところはレース自体がちぐはぐな内容になってしまいましたが、ここを叩いた上積みは十分あると思います。この後は状態を見た上で判断することになりますが、在厩のまま調整を進めて、正月の川崎開催を目標にする予定です」(田島師)
今回は1コーナーの入りで外を回らされた分、リズムが崩れ苦しい競馬となってしまいました。スムーズさを欠きながらもレース内容に良化の跡が見られたことは評価できる点で、また次走への上積みは十分あると思われます。今のところ1月1日から始まる川崎開催での出走を目標にしていますが、そこでの前進に期待したいところです。


直線の伸びがどうこうよりも、道中の追走の時点で余力が感じられない印象で、
まだまだ良い頃に戻るには時間がかかりそうだと思いました。
今回はちぐはぐな競馬だったようで、それでこの着差に踏みとどまってくれたなら、
ならギリギリ許容範囲かなとも思いますけど。
次は新年早々の川崎開催とのこと。南関東競馬は正月からやってるんですね。
正月にのんびりしながら愛馬の走りを見るというのも、楽しそう。
これから1月末まで川崎開催は中2週間隔で開催があるようなので、ガタッと調子を
落とすことなく使っていって、1月末に勝利の目処がつくような形を期待します。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

骨折

2011年12月12日 00:39

こういう題名で日記を書くと、私と同じ馬に出資されている方はドキリとするかも
しれませんが、出資馬の話ではありません。


…ウチの嫁さんの話です


先週の金曜日に家の前で転倒して左肩を打ったようなのですが、しばらく経っても
痛みが引かないので病院にいったところ…折れていたそうで…。
地面が凍ったところの上にサラッと雪が積もっていて、わからなかったみたい。
こういうのが危ないんですよねー。パッと見、凍ってるってわからないもの。

なみきを抱っこヒモで抱っこしていたので嫁さんも倒れた後にゾッとしたそうですが、
おでこにちょっとアザができたくらいで、こちらは大事には至らず。
なみきが無事だったのと、利き腕じゃなかったのが不幸中の幸いでしょうか。

とは言え、片手が全く使い物にならないので、しばらくは不便な生活になりそう。
辛うじて右側で授乳はできるようですが、左側は誰かが手伝わないとできません。
着替えも自分一人ではできないような状況です。

まさか年末、今年の最後の最後でこんな事故が待ってるとは思いませんでした…。
全治3ヶ月ということらしいので、それまではいろいろサポートが必要です。


しかし、最近私の親族でいろいろ事故などが多いんですよね…。

私の実家では父が車をぶつけられ、弟も車ですべってぶつけたらしい。
そして嫁さんの家ではお義父さんが、これまた車をぶつけられ…。
我が家では嫁さんの事故もあったし、他の事に比べると大したことではないけど
ふうきに2本も虫歯が見つかって、片方は思ったより大きくて人生初の麻酔注射を
するハメになったり。

全部、ここ1ヶ月くらいの出来事なんですよね。何か気味が悪いです。
私も馬券も全く当たらず、出資馬も勝てないし…って、これはいつものことか(笑)
今年初めのおみくじ、健康運についてなんて書いてあったかなぁ。
年末に運気が下がるようなこと、書いてあったっけか? 取っておけばよかった。


不運は今回の事故で、打ち止めになってくれるといいのですが…。
もうすぐ新年。悪い流れを断ちきって新しい年を迎えたいです。

プレザントライフ4戦目

2011年12月04日 23:55

プレザントライフ(アドマイヤセラヴィの09)
12/4 松田国厩舎
4日の阪神競馬ではまずまずのスタートから楽に好位につける。馬群の中で行きたがるのをなだめつつ追走したが、直線はジリジリとしか伸びず5着。
「攻め馬のような超スローペースで、道中はかなり行きたがっていました。スッと反応できないので馬群の中で動くに動けず、直線は苦手な瞬発力勝負。今日は苦しいレースになってしまいました。使いつつ馬はかなり良くなってきていただけに残念です」(福永騎手)
「体が増えてだいぶしっかりしてきましたし、調教でも時計が出るようになっていたので、かなりの手応えは感じていました。ただ、弾けるタイプではないのでもう少し流れてくれないと厳しい。1800メートル戦の悪いパターンにはまってしまいました。あと一歩展開の助けが欲しいところですが、徐々に成長してきていますので、すぐに巻き返せると思います」(松田国師)
切れる脚に欠けるだけに、スローペースの瞬発力勝負ではいかにも分が悪く、厳しいレースになってしまいました。それでも最後までしぶとく脚を伸ばしたのはこの馬らしいと言えますし、展開ひとつで勝ち負けになるはずです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



1000mが1分5秒、レースの上がりが33.3秒の、どスロー→瞬発力勝負では、
切れがないプレザントライフでは手も足も出ません…。
スローペースで引っかかるわ、追い出しても切れ負けするわで散々でした。
不向きな流れの中でも、最後まで諦めずに頑張ってくれてはいるんですが。

う~ん、なかなか順番が回ってきませんねー。
雰囲気的に、まだ放牧には出さずに続戦するっぽいですね。
今回と同じように、土日に中距離未勝利戦がある12月最終週あたりでしょうか。
マツクニ先生の言うように、巻き返してくれるといいんですが。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

2歳馬近況

2011年12月01日 22:44

プレザントライフ(アドマイヤセラヴィの09)
11/30 松田国厩舎
30日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝は坂路を一本上がってから、CWコースで追い切りました。鮫島騎手を背にしっかりと負荷をかけていますが、動きは悪くないですし、まずまずの状態でレースに向かえるでしょう。切れるタイプではありませんが、自分の形に持ち込めればしぶとく伸びてくれると思います。また、良化途上ながらも能力を感じさせる馬ですし、福永騎手にも続けて乗ってもらえますので、もちろんいい結果が出てくれることを期待しています」(松田国師)
12月4日の阪神競馬(2歳未勝利・芝1800m)に福永騎手で出走を予定しています。


プレザントライフ、早くも4戦目に挑みます。
CWでまずまずの時計も出ているようだし、体勢は整っている感じ。
ただ、今回は頭数は少ないけどこれまでよりも相手が揃ってしまった印象です。
特にデムーロ騎乗のベールドインパクトはかなりの素質馬とのウワサ。
週末の天気も、またもや微妙な感じ…。できれば良馬場でやらせてほしいです。

やはりこの時期の中距離戦はどこの厩舎も素質馬をぶつけてくる感じなので、
なかなか楽な戦いはさせてもらえませんね。
現時点ではまだ未完成ですが、素質と将来性はプレザントライフも負けていないと
思っているし、阪神1800mという舞台も前進が期待できる条件のはずなので、
なんとかしてもらいたいです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2011年12月01日 22:43

カットレット(牡3)
12/1 川崎・田島厩舎
1日は小向トレセンダートコースで5ハロンから2頭併せの追い切りを行いました。
「今朝は2頭併せで5ハロンからハロン14~15秒のラップを刻み、直線は一杯に追われ、終い1ハロン11秒9でまとめました。地力自体はある馬なので併せるとより動きますし、特に今回は併せた相手も終いまで頑張ったのでいい時計が出ました。時計だけでなく、いつも稽古で跨ってくれている佐藤騎手も『一度叩いて気合乗りもよくなっているし、全体的に確実に上向いている。なかなかの動きでした』とコメントしていました。もう一度使えば完調近くにもっていくことができると思いますが、この分なら今回は積極的にいい位置を取りに行くレース運びができそうです。レース前までにあと1~2本追って、より態勢を整えていきたいと思います」(田島師)
今のところ12日から始まる川崎開催での出走を目標にしています。



追い切りで終い12秒を切ってきて、かなり上向いてきました!
攻めても体調を崩すこともなく、2週前でこの状態なら当週にはだいぶ良い状態で
出走することができそうです。
調教師はもう一回使って完調近くと言っていますが、これだけ動けているのだし、
次走でもそれなりの結果を出してくれそうな雰囲気になってきました。
前走の内容・結果にはどうしようかと思いましたが、次は巻き返してくれそうです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。