--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5人家族になりました

2011年05月27日 22:15

今日、我が家に新しい家族が増えて、5人家族になりました。
名前は「なみき」、女の子です♪

DSCF9804.jpg


予定日よりも3週間早いご対面、しかも帝王切開での出産となりましたが、
とにかく無事に産まれてくれて本当に良かったです。
これまでの人生で大きな手術など経験したことのなかった嫁さん、いろいろと
大変だったでしょうが、よく頑張ってくれました。

だいぶ早く産まれてきたので、ふうきの3746g、サユキの4290gよりは
小さめですが、それでも3608gもありました。
…3600gで小さめというのも、何か感覚がおかしい気がしますが(笑)
予定日まで待っていたら、4000g超えは確実だったでしょう。
ウチの嫁さんの子宮は居心地がよく、お腹で大きく育つ体質なのかもしれませんね。

ふうきの時はウチの、サユキの時は嫁さんの家系の顔だと一目でわかったのですが、
今回はまだどちらに似ているか、ハッキリとわかりませんでした。
数日経ったら、顔のむくみとかが取れて、だんだんわかってくるのかも。

ふうきとサユキも新しい家族を見て大喜び。
二人で手とか足とかを触りまくって、いっぱい話しかけていました。
サユキは最初は恐る恐るだったけど、だんだん触り方が大雑把というか乱暴に
なってきて、見ているこっちがヒヤヒヤしました。
上二人に揉まれて、逞しく育っていくことでしょう。

これからますます騒がしくなりそうですが、新しい生活が楽しみです♪
スポンサーサイト

ドナシュラーク引退

2011年05月27日 22:14

ドナシュラーク(牡5)
5/26  引退
右前脚のエコー検査を行ったところ、屈腱炎を再発していることが判明しました。
「NFしがらきで速めを取り入れながら順調に調整できていたように、トレセンに
戻ってくるのを心待ちにしていたのですが、残念ながら再度右前脚の屈腱を
損傷してしまいました。NFしがらきで状態を確認してみるとハッキリと腱が抜け
てしまっており、回復にはかなりの時間を要してしまいそうです。また、以前と
同じ個所を傷めてしまったことを考えると、再度現役を目指すということは非常
にリスクが高いと言うことは否めません。入厩に備えてペースを上げていたタイ
ミングでもありますし、実際に競馬となるとこれ以上に負荷をかけていかなけれ
ばいけないですからね。未勝利、特別戦と連勝した時は私自身も非常に興奮し
ていましたし、大きな舞台を意識していた馬。一度目の屈腱炎は残念ではあり
ましたが、復帰後も徐々に競馬勘を取り戻して走りが安定してきていました。
これからの活躍を期待していただけに引退と言う形は非常に残念ですし、ここ
まで時間をかけさせていただいたのに結果を出せずに申し訳ございません」
(羽月師)

右前脚に再度屈腱炎を発症してしまい、長期休養、そして仮に回復したとしても
三度目の屈腱炎の発症の可能性が非常に高いことは否めません。これ以上
現役を続けることはお客様のご負担ばかりが増える可能性が高いことから、
羽月友彦調教師と協議を行った結果、現役続行を断念し、競走馬登録を抹消
することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒
ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の
方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。




06年産募集馬から一口馬主を始めた私にとって、もう一頭の06産ストゥレガーレと
ドナシュラークは「初めての出資馬」でした。
でも、申込み時の本命は「ハートオブゴールドの06」、ドナシュラークのほうでした。
募集写真でのボリューム感溢れるトモと、ピカピカで健康そうな毛ヅヤ。
芝ダート兼用のホワイトマズル産駒、馬場問わず長きに渡っての活躍を夢見ました。


牧場での調整も本当に順調に進み、夢も膨らみっぱなし。
そして、デビューする前に、一口馬主としての夢の一つが叶うことになります。
それは「競走馬の名付け親になる」。なんと出資初年度からいきなりの馬名採用!
朝の出勤前に登録協会のHPを見て馬名を発見したとき、信じられませんでした。
その日、1日ずっと浮かれていたのを覚えています。

待望のデビューは2歳の夏。
出資馬の初出走ということで、新潟競馬場まで応援に行きました。
その時は残念ながら新馬勝ち&口取りとは行きませんでしたが、3戦目で僅差ながら
初勝利を上げてくれて、さらに続くきんもくせい特別で6馬身差の圧勝!!!
自らレースを作り、タイムも同レースの歴代2位という優秀さ、本当に強かった。
もう気分は一気にクラシック戦線へ飛んでいっちゃいました。


しかし…次走の中京2歳Sを目指して調教を進めていたところで、屈腱炎を発症…。
この時はもう、目の前が真っ暗になりました。
嫁さんに「こんなに落ち込んでいる姿を見たことがない」と言われたくらいです。
ドナシュラークのクラシック戦線は、参戦することなく、終わってしまいました。

その後、1年半後に復帰するも本来の走りを取りもどせないまま、昨年の秋から再び
脚元の腫れによる長期休養に入り、やっと入厩の兆しが見えたところで再び屈腱炎を
発症して、無念の引退となってしまいました。


初デビュー戦、初勝利、初特別勝ち、初名付け親…。
彼は私に本当にたくさんのものをプレゼントしてくれました。
ドナシュラークが縁でお知り合いになれた方もたくさんいました。
出資初年度から、こんなに素晴らしい馬に出資できて本当によかったと思います。

でも、これ以上を望むのは欲深いのかもしれないけど…。
やっぱり、もっともっとたくさん、大きな舞台で、元気に走る彼の姿を見たかった。
ドナシュラークが駆けるクラシック戦線を見てみたかった。
彼の素質が開花することなく終わってしまったのは、本当に無念でなりません。
脚元などの健康面も含めて、その馬の「強さ」だと思っているのですが、それでも、
あの屈腱炎さえなければ…と考えずにはいられません。
ドナシュラークの現役時代は気性と脚元、いつも自分との戦いだった気がします。


常に一生懸命で、あまりに走りに前向きすぎて、手綱を引っ張りっぱなしの走り。
そのあまりに個性的で魅力的な走りを、私は忘れることはないでしょう。

ドナシュラーク、そしてここまで辛抱強く彼を支え続けてくれた関係者の方々。
本当にお疲れ様。本当にありがとう。
結果は残念な形での引退となりましたが、手は尽くしてくれたと思っています。


…うぅ、本当に寂しい………。
行き先が見つかって、数ヶ月後の会報で元気な姿を見れることを心から願っています。



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

ゲーム対決

2011年05月19日 23:02

今日、嫁さんの実家に行ったときに、私VSふうきVSジジちゃんVSサユキで、
トランプの神経衰弱で勝負!!!

結果。
獲得枚数は以下のとおりです。

私:16枚
ジジちゃん:14枚
ふうき:20枚
サユキ:2枚


ま、負けてしまった…。

身体能力の勝負になるものはともかく、こういうゲームでは子供相手であろうと
基本的に手加減はしない私ですが、マジでやって、負けてしまいました。

トランプの場所、すんげー覚えてるんですよ、ふうき。
子供の集中力、恐るべし…。
いや、単に私の記憶力が衰えているだけなんでしょうか…?


あと、これは完全に運が支配するゲームなんですが、ふうきが異常に強いゲーム。

http://www.bornelund.co.jp/ec/detail.php?id=4619

ふったサイコロの目のカードを引いて、カードに書かれているてんとう虫の数が
最終的に多い人が勝ち。カードのてんとう虫は0~3匹の4種類。
これでふうきはバッシバシ3匹カードを引きまくるので、なかなか勝てません。
あまりに強いので、ちょっと怖くなってきます。超能力でもあるのか!?

カットレット、デビュー!

2011年05月19日 21:16

カットレット、予想外の体質難に悩まされ続けていましたが、ようやくこの時期に
デビューを迎えることができました…!

godgoodby110519.jpg

カットレット(牡3)
5/19 川崎・田島厩舎
19日の川崎競馬ではまずまずのスタートから2番手を追走。直線では先頭に
立ち押し切るかと思われたものの外から僚馬の強襲に遭い2着。
「初めての競馬でしたがゲートもスムーズでスッとスピードに乗ってくれました。
向こう正面で気合いを付けましたが、道中もしっかり走ってくれましたよ。トモ
の甘さはあるもののいい形で直線に向けただけに押し切りたかったのですが、
最後は経験のある馬の決め手に屈してしまいました。負けはしましたが、ここ
を使って良くなってきそうな感じがありますし、能力もありそう。叩いた次が楽
しみですね」(戸崎騎手)

「体幹からしっかり鍛えていくことを念頭に時計の遅い速いに関係なく、結構な
負荷をかけてきました。一連の調教、そして調教試験によって疲れが溜まり、
4月末くらいまでは正直なところ調子がいいかと言われれば即答できない状態
でした。しかし、馬が我慢してくれたようでそのあたりを境に少しずつ調子は
上がってきて、最終追い切りの際は『思いっきり追っても大丈夫そうだ』と思え
るところまで来ていました。実際に目一杯追ったのですが、その後の体調は
安定していましたし、レース結果を見ても上向いていたようです。負けはしまし
たが、内容のある走りだったと思いますし、仮にハナを叩いて自分のペースで
行けていれば着順は逆になったかもしれません。いつごろレースに使えるか、
正直なところ見えない時期もありましたが、背中の感じから勝利を収められる
能力は感じ取れていたので焦らずここまで来ました。万全の状態とはいえない
今回のレースを使ったことで上積みもあるでしょう。使いつつトモがしっかりと
してくれば持っている力を出せるようになってくると思うので、今後も芯から鍛え
ていくことを常に意識して調教を重ねていきたいと思います。今後については
在厩で馬体のケアを行い、次開催の川崎競馬を目標にしたいと思います」(田島師)

正直なところ1本追い足りない中のデビュー戦でしたが、ハードな最終追い切
りを乗り越えてくれたことで現状で考えれるベストの状態でデビューの日を迎え
ることができました。普段はのんびりとしている本馬ですが、馬場に出れば前へ
と進む気持ちを見せてくれたことも好印象でした。結果として2着となりましたが、
2番手追走から直線抜け出しという安定した走りを見せてくれたことは必ずや
次走につながることでしょう。今後は厩舎で様子を見ながら調整を進め、次開催
の川崎競馬で初勝利を目指すことになります。



職場の昼休みにオッズを確認したところ、18倍くらいのオッズ。
陣営のトーンも低かったし、まぁこんなものなのかなぁと若干テンションが下がり
ましたが、レースが近づいてからもう一度オッズを確認したところ、いつの間にやら
1番人気に。ビックリしちゃいました。調教も冴えず、経験馬が何頭もいましたが、
能力試験の時計などが評価されたんでしょうか?

レースではまずまずのスタートから、行き脚もスムーズについて2番手を確保。
直線に向き、逃げ馬を交わして先頭へ、そのまま押し切る態勢に入りますが、外から
同じキャロット、同じ厩舎のシトラスパフュームが迫ってきます。
なんとか粘り切ろうと頑張るのですが、最後の最後に首差交わされて、2着。
正直言って、ここまで行ったら勝ちたかったので、本当に悔しいクビ差でした…。

ただ、悔しかったけれど、内容はなかなかのものだったのではないでしょうか。
このクラスの時計としてはかなり早いもののようだし、スタートや折り合いなどにも
問題はなさそうで、体調も万全とは言い難い状態の中、経験馬相手に前々から押し切
ろうとする真っ向勝負での競馬で、よく頑張っていたと思います。
初レースで、いきなりこの時計で走れたのだから、近いうちに勝ち上がってくれる
ことでしょう。

これまで体質面で悩まされ続けた馬だけに、とにかくレース後の体調が気になる
ところです。ここでまたガクッと来ることなく、最低でも今の状態キープで次に迎え
ればいいのですが。

大きな期待を持って出資した08産世代、思っていたよりもだいぶ遅くなりましたが、
なんとか2頭ともデビューを果たすことができました。
一時期は07産クラウドバスターに続いて、「2世代連続未出走引退か!?」とも
心配したくらいなので、まずはデビューすることができて、本当によかったです。
ファステストスターは2戦目までまだまだ時間がかかりそうですが、今回の内容から
カットレットは次走にも勝ち上がりの期待を持ってよいと思うので、体調を崩すこと
なく次のレースに向かって、今度こそ私にとって約2年半ぶりの勝利をもたらして
ほしいです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況(カットレットデビュー戦確定)

2011年05月17日 22:28

先ほど(社)日本競走馬協会のホームページを見たら、2011セレクトセールの
上場馬は来週の24日に発表されるようです。
既に社台・サンデーの募集馬が発表されており、ここからさらにセレクトセールで
上場される馬がわかれば、今年の募集馬がだいぶ絞れてくることになります。

良い馬は社台・サンデーや個人馬主、そしてセレクトに優先的に回るんでしょうが、
なんとかキャロのほうにもいい馬がきてくれるといいのですが。


カットレット(牡3)
5/17 川崎・田島厩舎
14日は川崎競馬場ダートコースで追い切りました。
「デビュー戦の前にできる限りのことをやっておこうと思い、先週土曜日に
実戦を見据えてシトラスと一緒に川崎に運び、追い切りました。シトラスの
外に併せて5ハロン65秒5程度。一杯に追って、1馬身半ほど遅れました。
相手は一度実戦を使っていることもあり、遅れは想定の範囲内。心配は
していません。まだ体に筋肉がつききっておらず、またトモが甘い分、
コーナーごとに置かれてしまう感じですが、このあたりは使いつつよくなっ
てくれればと思います。調教を行ってきた蓄積疲労はやや感じられますが、
現状でできることはやってこられたことで、万全ではないもののレースを
使うに問題ないレベルまできています。ゲートも試しましたが、まずまず
の出でした。ポンと出て流れに乗れればいいところを見せてくれてもいい
と思っています。あとは決着時計ですね。路盤補修と砂の入れ替えを行っ
たことで本来であれば時計がかかるのですが、今開催はちょっと速くなっ
ています。これは少し不安材料。今日の雨の影響があまり残らず、少し
時計のかかる馬場でやりたいですね」(田島師)
19日の川崎競馬(3歳未受賞・未出走・ダ1400m)に戸崎騎手で出走
いたします。


カットレットのデビュー戦、無事に出走確定しました。
鞍上は地方のトップジョッキー、戸崎騎手! 最高の騎手を手配してくれました。
ただ、陣営のコメントはイマイチ冴えず、本当に大丈夫!?という感じですが…。
正直なところ、ここはいきなりの勝利もあるんじゃないかと期待してたんですが、
コメントだけ見ると、経験を積んで成長しながら今後…という雰囲気です。
まぁ、これまでも体調最悪の中で能試で目標以上の結果を出してきてくれたから、
今回も頑張ってくれることを期待することにしましょう。
私にとっても初の地方競馬での出資馬出走、どんなレースになるか楽しみです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

臨月

2011年05月17日 22:14

今日、仕事中に突然嫁さんから私の携帯に連絡がありました。
内容は家の駐車場に関することだったんですが、着信相手を見た瞬間、

「もしかして、陣痛が来たか!?」

と、ドキドキしてしまいました。

実は嫁さん、苦しいツワリの時期も乗り越え、お腹の赤ちゃんも順調に育っていて、
(順調すぎてまた巨大児かも)先週の土曜日から臨月に入っております。
そんな時期なので、家からの連絡一つにも、ついつい身構えてしまいます(^^;

今週の金曜日の検診で出産計画がほぼ決まりそうなので、その日の家からの連絡にも、
ドキドキさせられそうです。
予定日は来月の初旬ですが、もしかしたら今月中にも産まれるかもしれません。
これまで2回とも難産だったので、今回はスムーズにいってくれるといいのですが。

ふうきはサユキが産まれたとき、怖がって(照れて?)近づかなかったけど、今度は
子供達がどんな反応を見せてくれるのか、ちょっと楽しみです。

なんとなく、ふうきは可愛がってくれそうだけど、サユキはライバル視しそう…?
ふうきの時はあまりなかった「赤ちゃん返り」、サユキがすごいのを見せてくれるかも
しれません(笑)

スカッと晴れやかに

2011年05月14日 22:52

今日も天気はイマイチ微妙。
ふうきの遠足がある予定だったんですが、天候不良で中止になってしまいました。
かなり楽しみにしていたようで、本人もかなりガックリの様子…。

どうも、ここしばらく週末の天気がパッとしないですね。
先週は私の実家がある岩見沢の「北海道グリーンランド」にプリキュアショーを見に行ったけど、
雨混じりの天気で、しかもかなり肌寒い気温で、ショーは屋外→屋内に変更、あまりに寒くて
乗り物にもあまり乗れませんでした(乗り放題券買わなくてよかった)。

出かける予定の日にことごとく天気が崩れるので、私かふうきが、「雨男」スキルを発動している
ような気がしてなりません。
気温も一桁台だと、やっぱりかなり寒いですね。自転車の練習すると風邪ひきそうです。
来週の後半くらいから、20℃近くまで上がってくるようですが。
なんとか晴れてもらって、久しぶりに気持ちよく外遊びをさせてあげたいです。


さて、話は変わって一口馬主ネタ。
地方所属の3歳世代出資馬カットレットのデビュー日が19日(川崎競馬)に決まりました。
番組が発表されるのは遅いですが、発表される時は月~金の全てのレースの登録馬が一気に
発表されるので、相手関係が早めにわかっていいですね。
…あ、でも月曜とか火曜の出走だったら、JRAの登録馬発表とあまり変わらないか。

メンバーを見渡したところ、カットレットの他にも未出走馬が結構いるようですが、能力試験の
タイム的には、800m・900mともにカットレットが持ち時計1位のようです。
出走経験馬も、掲示板に乗ったことのある馬はおらず、抜けた馬はいない印象。
未出走馬なら同じ能力試験で僅差2着だったシュプレームロア、出走経験馬なら前走6着の、
同じキャロ所属(同厩舎でもある)シトラスパフュームが強敵になってきそう。

体質難に悩まされ続けてきましたが、待ってよかったと思える結果を出してほしいです。
頑張れ、カットレット!

5歳馬近況

2011年05月12日 00:06

ドナシュラーク(牡5)
5/10 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を
行っています。「積極的に15-15を取り入れるようにして、さらなる状態
の良化を促しています。動きは問題ありませんし、馬体も徐々に締まって
きましたね。羽月調教師とも話をしていますが、あと1ヶ月ぐらいで移動の
メドも立ってきそうです」(NFしがらき担当者)


いよいよ15-15のペースに突入し、帰厩の時期についてもコメントが出ました。
早ければ今月末か来月はじめくらいにはお声がかかるでしょうか?
とは言え、去年も15-15ができてあと1~2週で帰厩という話が出たところで
熱感→長期休養となってしまったので、まだまだ油断はできません。
ペースが上がって負荷も増えたでしょうから、臨時更新がされないことを祈りつつ、
帰厩まで見守って行きたいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2011年05月12日 00:04

ファステストスター(牡3)
5/10 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「この中間から曳き運動の
次のステップとしてマシンでの運動を開始しました。脚元の状態は落ち着い
ていますし、いい意味で気になる点はありませんね。乗り運動の開始には
まだ時間を要しますが、ここまでの経過は問題ありませんので、この調子
で進めていきたいと思います」(空港担当者)


カットレット(牡3)
5/11 川崎・田島厩舎
11日は小向トレセンダートコースでキャンター調整を行いました。
「レースに向けての調教を行っていることで一定の疲れは見られますが、
ガタッと来ないところを見ると以前より芯が強くなってきていることを感じる
ことができます。今のところ今週末に川崎競馬場で追い切りを行い、来週
のレースに備える予定です」(田島師)
19日の川崎競馬(3歳未受賞・未出走・ダ1400m)に出走を予定してい
ます。


ファステストスターはまた一つ次の段階に進みました。
術後も経過良好だし、たまっていた疲れが一気に…などとコメントされることもなく、
順調に進んでいて何よりです。この休みで、少しでも逞しくなってくれれば。

カットレットは今週もガクッと来ることなく調教をこなし、ついに具体的なデビューの
日にちが決まりました。5/19(木)のデビューとなるようです。
調べてみたらホッカイドウ競馬では、この日の南関東競馬は2Rしか馬券を売らない
ようなので、こっちで馬券を買うことはできないようです。
時間があれば、中継をネットで見ることができるくらいですかね。無理っぽいけど。

今日は南関東路線3歳クラシック路線の一つ「羽田盃」がありました。
去年の時点ではカットレットもこの3歳クラシック路線に乗ってくれるとを期待して
いただけに、デビュー自体がこの時期にズレ込んでしまったのは予想外でしたが、
ここから遅れを取り戻していってほしいところ。
もちろん初戦から結果を期待しているので、その期待に応えて欲しいです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

5歳馬近況

2011年05月06日 23:26

ドナシュラーク(牡5)
5/3 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、坂路でじっくりと乗り込みを続けています。黙々と変わらぬメニュー
をこなしている状態ですが、馬体は見た目に引き締まってきて、自然とハロン
15秒近いペースも出せるようになってきています。汗をかく時期になってくれば
さらに体調も良くなってくるでしょうし、このまま帰厩に向けて進めていきたいと
思います」(NFしがらき担当者)


乗り出してからは順調にペースを上げることができています。
15秒近いペースも出せるようになっているので、このペースをキープできれば、
そう遠くなく帰厩の話も聞こえてくるかもしれませんね。
福島開催が中止になってしまったので、2勝目を上げた福島1700mの舞台で再び!を
期待することはできなくなっちゃいましたが、また元気な走りを見せて欲しいです。
福島開催がなければ、わざわざ北海道まで遠征はしないだろうから、京都開催あたりで
復帰することになるんですかね。

やっぱり15秒台の時計が出てくると、復帰を意識しちゃいます。
レースはまだだいぶ先になりますが、だんだん楽しみになってきました。
復帰地や時期などに思いを馳せることができる段階まで無事に進んで、よかったです。
今後もこの調子で頑張ってほしいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

3歳馬近況

2011年05月06日 23:24

ファステストスター(牡3)
5/3 NF空港
曳き運動を行っています。「脚元の状態は落ち着いていましたので、この中間
から軽めの運動を開始しました。今後の運動をよりスムーズに行っていくため
にも、歩様などしっかり確認しつつ進めていきたいと思います。
馬体重は477キロです」(空港担当者)

カットレット(牡3)
5/6 川崎・田島厩舎
6日は小向トレセンダートコースでキャンター調整を行いました。
「先月末に行った15-15強ではなかなかの動きを見せてくれました。
普段から併せ馬を多用していることでだいぶ気持ちが乗るようになってきた
ことも好印象です。レースに向けて攻めている分、普通の疲労感はあります
が、何とかここは乗り切ってもらい、次のステップに上がってほしいところ。
相変わらず食べたものが身になってこない感じですが、動きを含めて雰囲気
はよくなってきているので、よしとします。後日、川崎競馬場に連れて行って
追い切りを行いますし、万全の状態とまではいえないもののまずまずの状態
でレースに臨むことができそうですね」(田島師)
今のところ16日から始まる川崎開催でのデビューを予定しています。



ファステストスターは骨折発覚から約1ヶ月が経過。
屈腱炎の出資馬を見ていたからなのか、もう曳き運動をしているのが早く感じます。
未勝利戦が終わるのが10月最初の週。なんとか間に合ってくれるといいのですが。

カットレットはなんとも微妙なコメントが散りばめられていますが、後退はせずに、
辛うじてレースに向けての最低ラインはキープしてくれているようです。
これまで能力試験を万全とはほど遠い状態で1着入線×2回してくれていますから
まずまずの体調で出走さえ叶えば、きっと結果を出してくれるはず。
あと2週間ほど、なんとか状態を保ってもらいたいものです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

公園で自転車

2011年05月05日 22:43

市内に、自転車で遊ぶのにちょうどいい公園があると聞いて、行ってきました。

「農試公園」
http://www.sapporo-park.or.jp/noushi/

公園の中に「交通コーナー」という自転車用の道路があるんですが、信号機や横断歩道
などもついていて、楽しく自転車の練習ができるんです。
自転車に乗れる楽しさを知ったふうきには、うってつけの遊び場でしょう。

自分一人でスタートすることができないという課題も、10分くらい練習したら自分で
できるようになって、完全に私の手がいらなくなりました。
まだ若干走りが頼りないというか、フラフラすることもありますが、補助無し自転車、
今日でほぼマスターしたと言ってもいいでしょう!

あとは一人で好きなようにコースを走り回って、楽しそうに遊んでいました。

DSCF9703.jpg

信号待ちをするふうき。
まだ慣れない「スタート」に手間取って、ペダルの位置を定めようとしているうちに
信号が変わってしまうことも(笑)

DSCF9706.jpg

桜が咲き始めていて、きれいでした。

DSCF9715.jpg

走ってついていくのがキツくなったので、後半は大人用自転車を借りました。(右が私。)


サユキは嫁さんと三輪車の練習。
ほぼ自分でこげるようになったんですが、サユキは「諦めが早い」と嫁さんの弁…。
日頃から気分屋なところがあるので、それは少し納得できるかも…。
補助無し自転車、意外にふうきよりもサユキのほうが手こずるかもしれません(^^;


ちょっと風が冷たかったけど、天気もよくて、楽しく外遊びができました。
でも、週末にはまた天気が崩れるようで、全体的に見ると、あまり天気に恵まれない
GWになりそうです。


※おまけ
家の近くの「桜の名所」で、桜を見て大喜びするふたり。
毎年、ここの桜が咲くと、もう春が来たんだなぁって実感します。

DSCF9735.jpg

2歳馬近況

2011年05月01日 23:51

プレザントライフ(アドマイヤセラヴィの09)
4/28 NF空港
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本のメニューを
基本に、周回コースでのスローキャンター調整とトレッドミルでの運動を織り
交ぜながら進めています。課題であったカイバ喰いも徐々に安定してきており、
毛ヅヤも良好です。体調面に不安はありませんし、今後も順調にペースアップ
できそうです。


今月(4月)
Admire Cest lavie1104

先月(3月)
Admire Cest lavie1103


調教内容は順調で言うことなしですが、突然カイバ喰いの話が出てビックリしました。
「課題であった」と過去形で、ほぼ解消しているようですが、募集時から順調に体重も
増えていて、全く予想していなかったところなので。
逆にこれからはさらに運動したものが実になって、馬体が充実していくということかも
しれないので、前向きに考えて行きましょうか。

amazonなどで調べてみると、POG関係本は5/16の週くらいに発売されるものが
多いみたいです。その頃はカットレットの出走もありそうだし、ドナシュラークも
順調に進めば目処が立つかもしれないし、明るい話がたくさん聞こえる時期になって
くれるんじゃないかと、密かに期待しています。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。