--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナシュラーク7戦目

2010年07月31日 21:51

ドナシュラーク(牡4)
7/31 小倉競馬場
31日の小倉競馬では内枠から先手を奪ってマイペースの逃げ。直線に入っ
ても粘りを見せたが、ゴール前で力尽きて4着。「返し馬は落ち着いていまし
たし、ゲートもうまく出てくれて、スムーズに自分の形に持ち込めました。
ただ、レースではハナでもハミを噛んでしまって行きたがっていたので、思い
切って追っぱなしても良かったかもしれません。ゴール後も走り足りないと
ばかりに2コーナーぐらいまで止まりませんでしたし、距離は問題ありません。
一生懸命すぎるぐらい真面目に走るので、脚元の負担だけ心配ですが、
すぐにチャンスは来ると思います」(北村友騎手)復帰後はなかなか結果が
出ませんでしたが、使いつつ状態は上向いており、今日は久々にいい頃を
彷彿とさせるレースができました。鞍上もこの馬の能力を信じて乗ってまし
たし、次はさらなる前進が期待できる内容でした。このあとはしっかりと脚元
の状態を確認してから検討します。


スタートは普通、そこから持ち前の二の足の速さでハナを奪いに行きます。
私が警戒していたシュペルブロマネはイマイチ行き脚がつかないようで、他に絡んで
くる馬もおらず、久々に逃げの形に持ち込むことができました。
あまり離して逃げず、一団の先頭といった状態でそのまま最終コーナーへ。
直線途中で3歳馬2頭に差を付けられ、その後迫ってきたタガノバッチグーとの3着
争いとなりましたが、わずかにハナ差かわされ4着という内容でした。

自分の形に持ち込みさえすれば勝てるのではと期待していたので、その通りの展開に
なりながらも4着という結果は、正直、残念な気持ちも大きいのですが、それでも
前走よりもさらに前進して、ついに掲示板に載るまでに良化してきました。
まだ完全復活とはいきませんでしたが、久々に見るドナシュラークの逃げる姿。
グッと来るものがありました。やはりドナシュラークはこうでなくてはね~!
北村騎手も、今回でさらにドナシュラークの乗り方を掴んできたような感じです。
「距離は問題ありません」とお墨付きをもらったので、このまま中距離路線で戦って
いけそうなのも、嬉しいです。

おそらく、北村騎手の都合さえつけばコンビ続行でしょうから、次もこのコンビで、
頑張ってもらいたいです。きっとさらなる上昇を見せてくれるでしょう。
北村騎手も心配してますが、とにかく脚元だけは、何事もありませんように!
3場とも、8/21(土)と9/5(日)に500万クラスの芝1800m戦が
あるので、次はそのあたりかな? 無事に次走に向かってくれることを祈ります!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。
スポンサーサイト

2歳馬近況

2010年07月30日 23:02

ファステストスター(マイベストスターの08)
7/30 NF空港
現在は900m屋内坂路コースをハロン15~16秒で1本駆け上がっており、
週2回は周回コースで軽めのキャンター調整をしています。やや負荷を強め
ましたが、脚元には全く問題なく、抜群の動きを見せているので焦らず進めて
いきます。


今月(7月)
mybeststar1007.jpg

先月(6月)
mybeststar1006.jpg


カットレット(ガッドグッドバイの08)
7/30 NF空港
現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で2本元気に駆け上がって
おり、週2回はハロン14秒のメニューをこなしています。速めのキャンターを
継続していますが、カイバ喰いは安定しており、今後もデビューに向け進めて
いきます。
8月2日に門別競馬場へ移動し、1回目のゲート練習を行う予定です。


今月(7月)
godgoodby1007.jpg

先月(6月)
godgoodby1006.jpg


ファステストスターはジワっとペースを上げています。
体重も増えてるし、脚元も問題なし。来月から本格的に速いところを開始できそうですね。
カットレットは…門別競馬場でゲート練習!?
以前に牧場で直接南関に持ってくような話を聞きましたが、道営デビューになるんでしょうか?
ほとんど諦めていたんですが、道営デビューの可能性復活に、ちょっと驚いています!
ここまで順調だけど、目だった動きの無かったカットレット。いきなりの急展開となりました。
一気にデビューに向けて動き出した感じです。これからさらに近況から目が離せなくなりそう!
本当に門別でデビューするなら、何とか都合つけて現地観戦してみたいです。
ついに愛馬の「道内出走」が叶うんでしょうか…? ワクワクしてきました♪


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

4歳馬近況(ドナシュラーク出走確定)

2010年07月29日 22:36

ドナシュラーク(牡4)
7/29 小倉競馬場
29日に小倉競馬場へ移動しました。「水曜日の追い切りは前半もうまく折り
合っていましたし、ラストの伸びも上々で、文句のない内容でした。長期休養
明けを使いつつ、徐々に走り方が良くなってきた感じがしますね。特別登録は
頭数が多かったのですが、想定から出走が確実になったので、今朝小倉競
馬場へ向けて栗東を出発しました。早めに小倉入りさせることで、輸送疲れ
やテンションが上がるのを防げますし、競馬場の雰囲気にも慣れてくれると
思います。あとは1700mの距離がどうかですが、落ち着いてレースに臨めれば
力を出してくれるでしょう」(羽月師)
31日の小倉競馬(青島特別・芝1700m)に北村友騎手で出走いたします。

10/7/28(水)
助手 栗坂路・良 53.6 - 39.5 - 25.5 - 12.5 一杯に追う(-)



まずは無事に出走が確定してホッとしています。
元々少ないフルゲート(14頭)にも満たない、12頭でのレースとなりました。
これまでもパドックでは牝馬の後ろにならないように工夫したり、馬具をつけたり、
精神面での細かいフォローを見せてくれていましたが、今回も早めの小倉入りという
作戦で、少しでもテンションが上がらないようにと気を遣ってくれてます。
前走2着のミキノバンジョー、同クラスで惜しい競馬のあるホークウインザーなどが
人気になってくると思いますが、私が気になるのはシュペルブロマネ。
生粋の逃げ馬ではないけど、1~2番手くらいにつけて競馬するタイプだし、鞍上が
ドナシュラークに2回も騎乗経験のある岩田騎手というのが不気味です。
こっちが「引かない」ではなく「引けない」馬なのを知っているであろう岩田騎手。
どういう作戦に出てくるか…?
「あの馬についていったら共倒れ」と、スパッと引いてくれるといいのですが。

とにかくドナシュラークの場合は自分との戦いなので、リズム良く走れるかです。
でも、自分の形に持ち込みさえすれば今回は勝ち負けだと思うので、期待してます!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

4歳馬近況(臨時更新)

2010年07月26日 00:15

子供達(+私)がハマっている「ハートキャッチプリキュア」。
2週間前までは「ぴんくのぷりきゅあがすき!」とキュアブロッサム派を主張していた
サユキですが、第3のプリキュア「キュアサンシャイン」が登場した途端に

「サユキはきいろのぷりきゅあになりたい!」

と、一瞬でピンクを捨てて黄色に乗り換えやがりました。
今週は変身シーンまでカットされたキュアブロッサム(主役)、株価急落中です。
子供って、素直すぎて、正直すぎて、残酷ですね…。

「きいろのぷりきゅあのみずぎをかいたいの~」

おいおい、アナタが欲しいと言って買ったブロッサムの変身水着(約4000円)は
いったいどうするつもりなんですか。
まだお風呂で着たくらいで、一度もプールや海で着ていないというのに(^^;

それにしてもキュアサンシャインの変身シーンのクオリティの高さには、私も圧倒
されました。動画枚数5000枚という噂も。スタッフ気合い入りまくりですな。
変身ごとに同じ動画を見せられても、つい見入ってしまいそうです。


今日は出資馬の臨時更新もありましたので、そちらも。


ドナシュラーク(牡4)
7/25 羽月厩舎
「来週の芝1200mを予定していましたが、先週の追い切り後にジョッキーと
話し合った結果、1700mのほうがいいだろうという結論に至りました。調教と
レースでは違いますから不安は残りますが、折り合えそうな手ごたえをつか
んでくれましたし、1200mで前半からガツガツ行かせたくないということも
あります。距離を詰めるのはいつでもできますから、まずはこの距離でスム
ーズな競馬ができるように頑張ってほしいですね」(羽月師)
31日の小倉競馬(青島特別・芝1700m)に北村友騎手で出走を予定し
ています。なお、同レースに特別登録を行いました。青島特別はフルゲート
14頭のところ、本馬を含めて25頭の登録があります。



ドナシュラークの次走、熱望していた芝1700mへ変更されました!
北村友騎手GJ!と、心から言いたいです。
「距離を詰めるのはいつでもできますから~」の部分には、激しく同意。逆に一度
スプリント戦を経験してしまうと、中距離には簡単には戻れそうにないと思うので、
その前にきんもくせい特別で圧勝している距離を試して欲しかった。
これで暴走してどうにもならなければ、路線変更も止むなしと納得できます。
体勢はある程度整ってきた感じだし、進言してくれた北村騎手のためにも、これから
この路線で戦っていくためにも、今回は結果を出してもらわないといけませんね。
気になるのは、フルゲートが14頭と少ないことですかね。
レースになれば頭数が少ない方がスムーズにレースを進められそうですが、まずは
除外されずに出られるかが問題となってきます。
確か優先順位的には前走5着以内→出走間隔が長い馬となりますが、特別登録の
中で前走5着以内が11頭、それ以外でドナシュラークより出走間隔が長い馬が4頭。
回避馬は何頭か出るでしょうが、ちょっとギリギリな感じ。
いい流れでここまで来てるだけに、なんとか出走にこぎ着けて欲しいです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

4歳馬近況

2010年07月23日 00:49

ドナシュラーク(牡4)
7/22 羽月厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-38秒8-25秒1-12秒4)。
「追い切りに跨りました。前走を見ていると、かなり行きたがってハミにもたれ
てしまうような印象があったのですが、今朝はまったくそんな感じはなく、
ガツンと行くところもありませんし、非常にバランス良く走れていました。
動きにも余裕があって抜群の走りです。久しぶりに跨りましたが、やはりいい
馬ですね。今朝のように余裕を持って走れるようならあまり短い距離にこだわ
らなくてもいいと思いますが、実戦に行くとまた違うでしょうし、そのあたり
平常心でレースに臨めるようにこちらも心がけたいと思います」(北村友騎手)
8月1日の小倉競馬(筑紫特別・芝1200m)に北村友騎手で出走を予定して
います。


実はドナシュラーク、ずっと助手か見習騎手で追い切ってたので、レースで騎乗する
騎手が追い切りに乗ったのは初めてです。今回のレース、本気度はかなり高そう!
それだけに、合いそうな1700mを使って欲しいんだけどなぁ…。
北村友騎手が距離について、もちそうだというコメントを出してくれているので、
来週に方向転換する可能性はあるんじゃないかと思ってます。
いきなりの方向転換でなく、まず1週前にワンクッション置いた…みたいな。
考えすぎですかね? ほとんど私の願望みたいなものですけど。
土曜日の青島特別(芝1700m)に、念のためでもいいので登録がありますように。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

キャロットクラブ2010年募集予定馬

2010年07月22日 00:31

先週末、キャロットクラブ2010年募集予定馬のリストが我が家にも届きました。

まだサラッと眺めたくらいなのですが、リストを見て感じたのが、どこもかしこも
サンデー系だらけだなぁということ。
募集予定馬88頭のうち、73頭が父か母父のどちらかがサンデー系です。
シンボリクリスエス、キングカメハメハ、ジャングルポケット、タニノギムレット
などの非サンデー系上位種牡馬はなんと全頭が母父がサンデー自身かその孫。
ここまで一つの系統に血が偏ると、ちょっと怖くなってしまいますね。
どれもこれも似たような血統になってしまうので、血統だけではどれがいいのやら
イマイチ判断しづらいです。

個人的には、あまり優秀でない母系からも活躍馬を出してきたステイゴールドや、
マンハッタンカフェの産駒が欲しかったですが、それぞれ1頭なのは寂しいです。
去年のクラシックで大ブレイクのスペシャルウィーク産駒がいないのも意外…。
ロブロイ産駒なんかも、募集すればいくらでも売れそうなのに、いないですね。
今年も注目を集めそうなディープ産駒は、昨年よりもさらに豪華になったように
感じます。ディープ産駒は全体的に若い母の産駒が多いのも、いいですね。
今年は狙いたいと思ってるんですが、人気集めちゃいそうだなぁ。
タキオン産駒はもともと体質が心配な子が多いけど、母高齢の募集馬が多いので、
ちょっと手を出しづらい感じです。

非サンデー系での注目度№1はやっぱりウォーエンブレムでしょうか。
アベレージが非常に高いだけに、一口的には人気するでしょう。
気性難の子を出すことで有名なソルティレージュ子の気性が非常に気になります。
他にはキングヘイローやローエングリンなど、マイナー産駒の子が混じってますが
ホワイトマズル産駒はいないんですね…。マズル好きとしては、残念。
受胎率の関係で産駒数は少ないけど、大物出してるし、いい種牡馬なんだけどなぁ。
逆に募集予定馬の父に名前を連ねていて驚いたのがワイルドラッシュ。
キャロ募集馬でもほとんど結果を出せていないし、種牡馬成績自体も期待に応えて
いるとは言い難い。血統的にもそんなに需要があるとは思えないんですが…。
これで5年連続募集。ワイルドラッシュ好きの社員さんでもいるんでしょうか?


今のところ、目に付いたのは

ケイティーズギフトの2009(父ディープインパクト)
ゴレラの2009(父ディープインパクト)
スターミーの2009(父デュランダル)
ユーワジョイナーの2009(父ステイゴールド)

あたりです。見事に全部サンデー系ですね(笑)
本命はケイティーズギフトの2009ですが、穴として面白そうなのが
ユーワジョイナーの2009。5勝をあげたパーフェクトジョイの全弟です。
気になるのは母高齢と、なぜか空胎を2年挟んでいるということくらいか。

これからしばらく、某競馬DBで母名を検索する日が続きそうです。
そんなことをしているうちに、アッという間にカタログ到着となりそう。

旭川・富良野旅行

2010年07月19日 23:20

3連休は2泊3日で、旭川・富良野方面へ旅行に行ってました。
ふうき達を連れて2泊以上の旅行をするのは今回が初めて。
出発前に見た天気予報は見事に3日とも雨予報で、またもや雨男炸裂の予感が…。

1日目は札幌→旭川。
しかし、いきなり高速道路の事故通行止めに巻き込まれて大幅ロス…。
岩見沢~奈井江砂川間と、随分長い区間を止めてたけど、何があったんだろう?
このロスの影響で、行こうと思ってた砂川ハイウェイオアシスに寄る時間が無くなり、
直接旭川へ入ることになりました。


旭川では、「旭山動物園」へ。

DSCF8018.jpg

DSCF8021.jpg

DSCF8034.jpg

「とりさんがごはんたべてる~」

「きりんさんがこっちにきたよ~」

「おさるのあかちゃんがいる~」

と、サユキが大喜び。
1歳だった去年と違って、動物を見て楽しむことができるようになりました。
すっごい真剣に、檻の前にくっついて動物を眺めてます。
ふうきはいつものように、すぐ飽きて集中力切れてたけど…。こっちは進歩なし(^^;

旭山動物園は、水中の動物を間近で見ることができたりとか、他の動物園とは
違った視点から動物を見れるのがいいですね。
中でも映画の元となったぺんぎん館の水中トンネルは凄かったなぁ~。
ペンギンがすごいスピードで近くを通り過ぎて行きました。まるで弾丸みたい!

3連休だから激混みなのかと思ったら、到着が14時過ぎだったのがよかったのか、
比較的空いていてよかったです。早く着いてても、そんなに間が持たないしねぇ。
14時~閉園(17時15分)までの3時間くらいで楽しむのがいいのかも。


2日目は旭川→富良野。
日の出ラベンダー園と、ファーム富田、ラベンダー園を2つ回りました。

DSCF8059.jpg

DSCF8092.jpg

DSCF8101.jpg

私はどっちかというと、日の出ラベンダー園のほうが好きです。
丘の上からの景色がすごくいいし、あまり混んでないのでゆったり楽しめるし。
ファーム富田はいつものように激混みで、駐車場に入るまでに既に疲れました…。
いい場所ではあるんですが、並ぶ時間を考えると、そこまでして入りたいかというと
ちょっと微妙です…。並んで入った私がいうのも、なんですけど(苦笑)

DSCF8108.jpg

富良野ではアンパンマンショップにも行きました。
二人が選んだのは、アンパンマンのラムネと、アンパンマンのグミ。
…それ、別にここじゃなくても札幌でも、どこでも売ってるよね…?
こっちも店の中が混雑しすぎてて、子供二人連れてあれこれ選ぶ余裕も無いので、
それだけ買って帰りました。何をしにいったのか、よくわかりません(^^;


3日目は富良野から、実家岩見沢を経由して札幌へ。
途中で富良野ワイン工場でぶどうジュースを試飲したり、富良野に新しくできた
「六花亭カンパーナ」で一休み&お土産を買ったり。
ここの六花亭、喫茶室から景色を眺めながら買ったお菓子を食べたりできるので、
のどかな景色もお菓子も味わえて、すごく気持ちよかったです。

DSCF8128.jpg

写真は帰る途中に寄った店のじゃんけんゲームでGETしたドドリアさん。
「ドラゴンボール改 クリーチャーズ」という商品名で、全4種らしい。
このリアルさ、気持ち悪さが何とも言えない逸品です。ギニューもいい味出してた。


予報は雨だったけどほとんど雨に降られることなく、「雨男の誰かさんのせいで」と
非難されずに済んで、ホッとしました(笑)

それにしても、ふうきは旅行中のいたるところで見知らぬ人に頭触られてました。
とくにオバチャンに。このマルコメ頭が珍しくてかわいいらしい。
今はあまり坊主頭の子がいないから、余計にそう感じるのかもしれませんね。
たしかにこの素晴らしい触り心地、触りたくなってしまうのもわかる気がします♪

DSCF8031.jpg

4歳馬近況

2010年07月15日 23:59

ドナシュラーク(牡4)
7/15 羽月厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「水曜日に帰厩し、今朝さっそく軽めの調教
を開始しましたが、1週間程度でも放牧がいいガス抜きになったようで、いい
リズムで走れていました。脚元も問題ありませんし、これなら順調にペースを
上げていけるでしょう。小倉は芝短距離が1200mしかありませんが、前走の
行きっぷりを見る限りは距離短縮に対応できると思いますし、使いつつ馬体は
良くなってきているので、落ち着いてレースに臨めれば楽しみです」(羽月師)
8月1日の小倉競馬(筑紫特別・芝1200m)に北村友騎手で出走を予定して
います。


せ、千二を使うのですか…!?
前走で芝を使ったのはイレギュラーだった面もあったから、ダート1700mの可能性も
あるかなぁとは思ってましたが、スプリント戦は全くの想定外でした。驚いてます。
ドナシュラークは二の足の速さでハナを奪うタイプなので、スプリント戦で先手を
取るのは厳しそうですが、自分のリズムで走ることができるでしょうか…。
一度短距離戦の流れを覚えてしまうと、距離延長は難しくなると思うので、その前に
圧勝した経験のある芝1700mあたりを試して欲しかったのですが…。
北村友騎手なら、抑えずに行かせてくれそうなので、そこは救いです。
次は期待>心配で、レースを見れると思ってましたが、また心配のほうが大きくなり
そうです。前走みたいに、また方向転換が無いですかねぇ。う~ん…。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

2歳馬近況

2010年07月15日 23:57

ファステストスター(マイベストスターの08)
7/15 NF空港 馬体重:475kg(+10㎏)
調教を1日も休むことなく、いたって順調に進めることができています。
現在は900m屋内坂路コースをハロン16秒で1本元気に駆け上がって
おり、週2回は運動量を補う意味もあり、周回ダートコースで軽めのキャ
ンターを行っています。継続して運動を行っていますが、カイバ喰いは
旺盛で、馬体重も順調に戻っていますので、そろそろ調教量を増やして
いくことを検討していきたいと考えています。


カットレット(ガッドグッドバイの08)
7/15 NF空港 馬体重:522kg(+14㎏)
この中間も順調に調教を積んでいます。現在は900m屋内坂路コースを
毎日ハロン16秒で2本元気に駆け上がっており、週2回はハロン14秒の
メニューをこなしています。相変わらず真面目に調教に取り組むことがで
きており、この中間から若干ペースを上げていますが、疲れは見られず、
動きは日一日と良化傾向にあります。馬体・動きともにまだ上積みの余地
を十分に感じさせるだけに今後も強い負荷をかけることで成長を促してい
きます。



2頭とも見事に体重が二桁増!
ペースを落として増えたわけでもないし、逞しく成長してくれているようです。
ファステストスターはここからどんどんペースアップしてくと思いますが、じっくり
体勢を整えることができたので、入厩に向かって一直線に行ってくれるはず。
ドナシュラークも、焦らず下地を作ってから乗り運動を開始したおかげで、そこから
ノートラブルで入厩まで進めることができましたからね。急がば回れです。
カットレットは週2で14秒台と、随分進みました。もう入厩しそうなペースで乗り
込まれてますが、なかなか入りませんねー。常に成長途上的なことを言われてます。
夏には走ってくると思ってましたが、どっちも秋くらいデビューになるのかなぁ。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

ひさびさ日記

2010年07月14日 00:11

先週の運動会後、子供達が体調を崩したりして大変でした。

まずはふうきが熱発、そしていつものようにサユキにも感染ってこっちも熱発。
さらに熱が下がった頃に、今度はふうきが「とびひ」にかかっちゃいました。
正式には「伝染性膿痂疹」と呼ばれる皮膚の感染症です。
今回のことがあるまで、こんな病気があるなんて知りませんでした。

最初は虫さされか汗疹かと思っていたのですが、みるみるうちに腕から耳や鼻など
顔の至る所にまさに「飛び火」するように広がっていって、これはおかしいという
ことで木曜日に皮膚科を受診したら、「とびひ」と診断されちゃいました。
ピークの時には鼻の穴の中まで真っ赤になって、痛々しいことになってました…。
傷口から出たツユが他に付着すると広がるので、顔も絆創膏だらけ。

結構酷かったので、治るのにどれくらいかかるのだろう…と心配してましたが、
飲み薬と塗り薬を頑張ったからか、土日でほとんど収まって、かさぶたがポロッと
取れたらほとんど跡も残らず、ほぼキレイな肌に戻ることができました。
やっぱり若いと快復力が高くていいですねぇ。私なら2週間くらいかかったかも。

それにしても、ふうきはいろんな病気をいろんなところからもらってくるなぁ…。
今回のとびひや新型インフルエンザ、水疱瘡、過去にはRSウイルスなんてのも。
赤ちゃんの頃には1年に1回入院してたし、油断するとすぐオオゴトになります。
いろいろ病気を乗り越えたことで、免疫がついて強くなればいいんですが。



まぁ、そんなことがあったり、書くネタもなかったりで、間隔が空いちゃいました。



その間、出資馬たちには特に動きは無し。
動きと言えば、放牧に出ていたドナシュラークが明日に栗東に帰ってくるくらいか。
2歳馬たちは思ったよりのんびりペースでの入厩になりそうな雰囲気を醸し出して
いるので、しばらくはドナに一頭で頑張ってもらわなきゃならんようです。

そういや、例年どおりであれば、今週末くらいに届くであろう7月分の請求書に、
募集予定馬リストが同封されているのではないでしょうか。
この予定馬リストが届くと、いよいよ09産出資馬の検討がスタートします。

でも、去年までは今日か明日かと毎日焦がれて待っていたのですが、今年は意外に、
マッタリとリストの到着を待っている自分がいます。
さすがに4期目ともなると、少し落ち着いてくるんでしょうかねー。

まだそれほど詰めて検討はしてないんですが、2世代目であるディープ産駒、特に
牝馬が面白いと思っています。行き先が確定してない中で、血統だけで見るなら、
母ケイティーズギフトとか、母ウィキウィキとか、良さそうな感じです。
後者は父も母も同馬主の金子さんのところに行くかもしれませんけど。
ディープ産駒に限らず、今年はできれば牝馬を買ってみたいですね。
キャロットと言えば、牝馬の活躍馬が多いイメージがありますから。
毎年そう言いながら牡馬ばっかり買ってるので、今年こそは。

運動会

2010年07月04日 00:45

今日はふうきとサユキの幼稚園の運動会でした。
天気予報が「雨のち曇」で、天気が心配でしたが何とか晴れてくれました。
私の雨男をうち消すくらいの晴男or晴女がどこかにいたのでしょう。

去年はふうきが席取りの整理番号クジで382人中の382番を引くミラクルを
起こしましたが、今年は37番! お陰で最前列を確保することができました。

DSCF7928.jpg

写真は嫁さん手作りのTシャツを着て運動会に臨むふたり。
(ちなみにふうきの正面側には「スーパー白鳥」がついています。)
Tシャツは組と名前がわかればいいらしいんですが、毎年、どのお母さんも結構
張り切っちゃうみたいで、嫁さんも負けてられないと頑張って作ってました。
お弁当にTシャツ作り、お母さんたちも大変です。
私が子供の頃は当然こんなTシャツも無かったし、小学校の高学年くらいまでは
運動会自体も午前中のみでお弁当無しだった気がするんですけど。

DSCF7956.jpg

ふうき、「かけっこ」ではいつものように遠慮がちに走り、最後の入線でした。
どうも闘争心のぶつけ合いというのは、苦手なようです。
「玉入れ」でも、どう考えても届かないような後ろから、とんでもない方向に
玉を放り投げてます。玉は先生に当たったり、カメラマンに当たったり(^^;
頑張ってはいるんだけど、ちょっと積極性に欠ける性格が出ちゃってますねぇ。
でも、お遊戯系では長い振り付けをしっかり覚えて、可愛らしく踊ってました。
やっぱり歌ったり、踊ったりのほうが合ってるみたいです。

サユキはお母さんと手を繋いでゴールまで歩く競技で、1番最初にゴール!
たぶん、ゴールに行くともらえるお菓子目当てで猛ダッシュしたのかと(笑)
お遊戯もお母さんと一緒に踊ってたけど、この頃には明らかに眠そう…。
運動会が楽しみ過ぎて、朝5時半くらいから起きていたので、眠気が来たみたい。

私も一応、父母競技に参加しましたよ。去年と同じく4人組でダルマを運ぶ競技。
アンカー近くになると白熱してきて、かなり派手に転倒する人もいました。
親子競技でも、子供を抱っこして走って、子供ごとひっくり返るお父さんも…。
怪我はなかったようだけど、あれは見ててもかなり危なっかしかったなぁ。
張り切る気持ちはわかりますが、親子ともに怪我をしないのが一番ですから、
こういう時こそ、自分の体力に見合った頑張りをすることが必要ですね。

DSCF7981.jpg

午前の競技が終わったら、みんなでお弁当~。
雨の予報がウソのようにギラギラ日光が照りつけて、暑いの何の。

去年は私達から離れてお遊戯とかができるのか…?と心配のほうが大きかったけど、
今年は2年目ということで、比較的安心して見てられました。
普段の幼稚園での様子はあまりわからないけど、こういうイベントがあるたびに、
子供達の成長の様子を実感することができますね。
幼稚園にしては参加競技も多かったと思うけど、二人とも最後まで頑張りました。
本当にお疲れ様~~~!

ダイエット宣言

2010年07月01日 23:24

先日、久しぶりに職場の作業服を着てみたところ、ズボンが…キツイ。
一応チャックは閉まるのですが、明らかにお腹が苦しい。
以前からヤバイヤバイと思ってはいたけど、さすがに危機感もちました。


2,3年前まではジム通いしていたのですが、サユキが産まれてから行かなくなり、
カロリー計算しながら食べていた食事も、今は何も考えずにお腹いっぱい食べて。
しかも一番危険な「夜のお菓子」も、2日に1日ペース。
ポテトチップスも平気で一袋空けたりします。
昔だったら袋の裏のカロリー表示見たら、恐ろしくて食べられなかったのに…。
こういうのって、一度タガが外れると、一気に転がり落ちていきますね…。

ただでさえ年齢的に基礎代謝が落ちているのに、このままではヤバイです!
見た目的な問題だけでなく、肥満が原因と思われるイビキも酷くなってきてるし…。
このまま太り続けると、健康的にも良くなさそうです。
ということで、この夏で体重を少し落とす決意をしました。
現在の体重は73㎏。身長が173㎝くらいなので、やはり少し太めです。
半年程度で67㎏くらいまでには、落としたいところ。(理想は65㎏。)

取りあえず、通勤の復路を徒歩にしてみることにしました。
さっそく昨日から歩いてみたんですが、急ぎ足でだいたい45分くらい。
これで1日300キロカロリーくらいは消費できるでしょう。
それに加え、腹筋(クランチ)と腕立て伏せも、3セットずつ、数日おきに行います。
あと、食事も控えめに、夜のお菓子は当然厳禁! 先週限りでお別れです。
(さっそく嫁さんが誘惑してきましたが、鉄の意志でお断りしました。)

以前、ジム通いやダンベルトレーニングを行っていた頃に比べれば質も量も全然
比較になりませんが、今の生活で時間も体力も無理なく行える範囲の量となると、
だいたいこのくらいになります。
しばらくこれで様子を見て、可能ならメニューを増やすことを検討しようかなと。
もしかしたら、食生活(特にお菓子)の改善だけでも1,2㎏減るんじゃないかなぁ。

まずは1ヶ月後、2㎏くらい落ちていれば上々ですかね。
基礎代謝が落ちているのでどれくらい効果が出るかわかりませんが、頑張ります!

4歳馬近況

2010年07月01日 21:47

ドナシュラーク(牡4)
6/30 グリーンW
「先週の競馬は、スタート直後に完全に掛かってしまって、まったくレースに
なりませんでした。あれだけノーコントロール状態だったにもかかわらず、
最後ズルズルと下がっていないのはこの馬の地力でしょう。レース後、脚元は
小康状態を保っていますが、精神面のリフレッシュも兼ねて2週間ほど放牧に
出し、小倉開催を目指します」(羽月師)
30日にグリーンウッドへ放牧に出ました。


久々の芝レース、しかも道悪馬場で負担がかかったと思うので、いいタイミングでの
短期放牧だと思います。
とにかく再発だけが怖いですから、慎重にやってくれているのは好感が持てますね。
次走は北海道に来ないかな~と期待してましたが、小倉のほうで走るようです。
ちょっと残念ですが、兄が重賞で好走した舞台でもあるし、小回りも合いそうだし、
いいんじゃないでしょうか。
さすがに芝1200mは使わないだろうから、芝1700mか1800mですかね。
2週間放牧後に、3回くらい追い切って、7/31の青島特別(芝1700m)か、
8/1の500万下(芝1800m)あたりで使ってくるのではないかと予想します。
輸送で馬体が減りすぎないよう、ふっくらしてきて欲しいです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

2歳馬近況

2010年07月01日 21:44

ファステストスター(マイベストスターの08)
6/30 NF空港
現在は900m屋内坂路コースをハロン16秒で1本元気に駆け上がって
います。また、週2回は1000m周回ダートコースを軽めのキャンターで
2周しています。ある程度は馬体ができているため、ガンガン攻めていく
わけではなく、距離をしっかり乗りながら調整しています。少しペースを
落としたことで良い気分転換ができているようです。


今月(6月)
mybeststar1006.jpg

先月(5月)
mybeststar1005.jpg


カットレット(ガッドグッドバイの08)
6/30 NF空港
現在は900m屋内坂路コースをハロン16秒で2本元気に駆け上がって
おり、週2回はハロン14~15秒のメニューを行っています。疲れを見せ
ることもなく元気いっぱいで調教に取り組んでいますが、まだ動きには
良化の余地が感じられます。今後も乗り込みを重ねていき、競馬へ向か
っていける状態にまでしっかり調整していきます。


今月(6月)
godgoodby1006.jpg

先月(5月)
godgoodby1005.jpg


ファステストスターは思ったよりもゆったりとペースを上げています。この調子だと
8月初旬くらいに入厩して、中山開催が始まってからのデビューかもしれません。
直接、札幌競馬場に入ることになれば、北海道デビューもあるでしょうが、今の感じ
ではちょっと可能性低そうな気がします。
カットレットは、調教ペース的にはいつでも入厩できそうな感じです。
今月中くらいに調教師からお声がかからないですかね~。
キャロ地方募集馬は、デビュー勝ちを上げたリリカルストーリー以外も次々と能検を
先頭ゴールで合格しているようで、かなり好調のようです。
この馬は、同期の中では一番最初に南関東で走ることになりそうなので、他とはまた
違った注目を集めそう。きっといい結果を出してくれると思うので、楽しみです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。