--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳馬近況

2010年04月30日 22:53

ファステストスター(マイベストスターの08)
4/30 NF空港
現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~17秒で2本元気に駆け
上がっています。また、週1回はハロン15秒を計時しています。ペースを
上げても抜群の手ごたえで登坂しており、しっかり対応してくれています。
若干キャンター中のフォームが伸びてきているので、今後は馬体を収縮さ
せるように心がけて進めていきます。脚元・体調面に不安はまったくあり
ません。


今月(4月)
mybeststar1004.jpg

先月(3月)
mybeststar1003.jpg


カットレット(ガッドグッドバイの08)
4/30 NF空港
現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16秒で2本元気に駆け上がって
おり、週2回はハロン15秒のメニューをこなしています。馬体の成長に伴い、
キャンター時にも体を上手に使えるようになっています。今後も焦らずに馬の
成長に合わせてじっくり進めていき、さらなる良化を引き出していく予定です。


今月(4月)
godgoodby1004.jpg

先月(3月)
godgoodby1003.jpg


2頭とも15秒台の調教に突入し、その反動もなくイイ感じで進んでいます。
出資お仲間さんであるぼんちゃんさんティアさんに教えていただいたのですが、
雑誌「優駿」今月号にファステストスターの情報が出ていました。
その中で、ファステストスターは札幌開催を目指しているとの嬉しい情報が!
地元競馬場での愛馬出走、しかもデビュー戦となれば、絶対見に行きたいです。
最近調べて知ったのですが、同じ堀厩舎所属のリアルアヴェニュー(牡3)も、昨年
同じように札幌でデビュー予定だったようです。この馬の場合はスクミが出たりして
結局中山でデビューになったので、ファステストスターはそうならないよう、順調に
行って予定通り札幌でデビューしてくれるよう願うばかり。

カットレットも素人の私でもわかるくらい、お腹が引き締まって、全体的に筋肉が
ついてきました。調教ペースの進みがゆったりで心配をした時期もありましたけど、
いつの間にやらペースとしてはファステストスターよりも進んでいます。
ここ1、2ヶ月で一気に馬が良くなってきた印象です。
すごく健康で丈夫そうだし、無事是名馬を体言してくれそうな予感がしますね~。
ますますデビューが楽しみになってきました♪


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

スポンサーサイト

3歳馬近況

2010年04月29日 22:01

明日はお休みを取れたので、今年のGWは7連休です。
しかし、ふうきが火曜の夜辺りから熱発中…。
いつもこういう連休前とかの大事なところで風邪ひいたりしちゃうんですよね~。
明後日くらいまで天気もあまりよくないみたいだし、せっかくのGWだというのに、
あまり出かけることができないかも…。
動物園とか、交通資料館とか、ふうきの好きそうな場所行こうと思ってたのになぁ。
明日くらいには熱が下がってくれればいいんですけど。


今週末にはG1・天皇賞(春)もあります。
こちらも残念なことがあって、ホクトスルタンが賞金が足りずに除外でした…。
レースに出走することができなければ、4代制覇にチャレンジもできません。
今年はメンバーが薄いし、体調も良さそうなのでチャンスと思ってたんですが…。
う~ん、本当に残念。来年に気持ちを切り替えるしかないですね。
今度こそ除外にならないよう、1年間で賞金を上積みしておいてもらいましょう。


クラウドバスター
4/27 グリーンF
坂路でハロン18~19秒のキャンター3本を基調に、週2回は15-15を
行っています。「蹄鉄を打ち替えた後、蹄に熱を持つことはありましたが、
その後は順調に回復し、問題なく乗り進めることができています。先週末
から週2回、15-15を課すようにしていますが、その効果もあってか、
頭が徐々に下がってくるなど、走る姿勢は徐々に良化しています。ただし、
速めのときは自ら進んでいくというよりは追っ付けて時計を出していると
いった感もあるので、もうしばらくはこちらで速めを重ねていく必要がある
かもしれません」(牧場担当者)



2週続けて、同じような近況コメントでした。NF空港牧場時代は普通に出していた
15-15を押っつけないと出せなくなっているというのが非常に気になります…。
「ハロン15秒を計時した際の動きには目を引くものがあり」とか言われてたのに。
同じ父のストゥレガーレのように、走ること自体が嫌いになっているのではないかと
心配でしょうがないです。杞憂に終わってくれればいいんですが。
帰厩までにはまだしばらく、かかりそうな感じです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

4歳馬近況

2010年04月26日 23:56

ドナシュラーク(牡4)
4/26 移動中
26日にNF空港を出発しました。山元トレセンを経由して28日に栗東トレセンへ
帰厩する予定です。「本日送り出しました。長い調整になりましたが、乗り始めて
からの脚元の状態は安定していましたので、トレセンでの調教を始めても無事に
進めていってほしいですね」(空港担当者)
「速いところを順調に消化できていましたし、厩舎長からも太鼓判を押してもらえ
ましたので、今週戻すことにしました。ようやく戻ってきてくれると思うとうれしい
ですね。今のところ脚元は落ち着いていますが、1年以上の休養明けになることも
ありますので、今のところはダートで復帰させようかと思っています」(羽月師)


約1年半、長~~~い治療期間を過ごした北海道を出発し、栗東へ向かいました。
空港牧場の皆様、ここまで辛抱強く立て直していただき、ありがとうございました。
予想はしていましたが、復帰戦はダート戦を使うようです。
長い休養期間、再発しやすい屈腱炎という怪我を考えると、いい判断だと思います。
夏は脚元の負担の少ないダートを使いながらクラスを上げ、秋に芝のOPクラスへ。
そんなふうになってくれればいいなと期待しています。
そういえば、昨年の秋から栗東でもニューポリトラックコースができています。
ドナシュラークが休養に入る前には無かったこのコース。脚元への負担が軽いとも
言われてるようなので、再発と戦い続けなければいけないドナシュラークにとって、
うってつけかもしれません。
どんな課程でレースに向かうかはわかりませんが、無事に進んでくれますように。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

NF空港牧場見学

2010年04月25日 21:18

今日、NF空港見学に行ってきました。
ドナシュラークが本州に移動する前に、会っておきたかったんです。
見学予約を入れた数日後、その翌週の移動予定が出たので、いいタイミングでした。


最初に見せていただいたのはファステストスター。

220425FS1.jpg

220425FS2.jpg

近況写真で見るより、トモがすごく逞しく見えました。毛ヅヤもビカビカで、眩しいくらい。
以前、言われていた臆病さは、調教を進めることで解消されてきたみたい。
進んでいる組に入っているようなので、近況のコメントどおり、早めに移動して、
早期デビューしてくれると嬉しいです。



次はドナシュラーク。

220425DS1.jpg

220425DS2.jpg

歩いてきたときの踏み込みがすごく力強くて驚きました。
体重的にはあまり変化ありませんが、引き締まった気がするし、今までは体の全体が
平坦だったのに、筋肉の隆起もついて逞しくなりましたね。

220425DS3.jpg

相変わらずチャカチャカして、ピタッと真っ直ぐの写真が撮れません(笑)
でも、愛嬌のある顔を見せてくれました。

220425DS4.jpg

あとはこの脚がもってくれるように祈るのみ。
気性は変わらず前向きらしいので、レースであの元気な逃げを見せてくれそうです。

最後の方は元気が有り余りすぎて、いつもの「うまっけ」を披露してくれました。
種牡馬としてこの元気と精力を生かしてくれるようになってもらいたいですねぇ。


最後はカットレット。

220425CL1.jpg

220425CL2.jpg

前に見に行ったときはまだまだスローな調教でしたが、最近はだいぶ調教も進んで
きたので、かなり筋肉が付いてきたように見えます。
特に前から見ると、肩の辺りの筋肉が力強かったです。
毎回聞いてる気がしますが、デビューが南関東or道営かは、まだわからないみたい。
キャロットの地方入厩予定馬5頭中3頭は既に道営デビューが決まったようなので、
この馬も続いてくれれば嬉しいんですけど。
だいぶ逞しくなってダート向きのパワーがついてきたように感じたので、デビューが
どちらになっても、楽しみです。



牧場見学の後は、ノーザンホースパークで子供達を軽く放牧(笑)
前に来たときはでっかい雪山で、チューブそりで遊んでいる子供達がいましたが、
その雪山も溶けて無くなってしまい、すっかり春のホースパークでした。

DSCF7483.jpg

サユキもだいぶ遊具で遊べるようになってきましたよ。ふうきよりも度胸があって、
自分から新しいモノによじ登ったりぶら下がったりしにいきます。
ブランコに乗っている時も、揺れているブランコから自分でひょいっと降りるので、
見ているこっちがヒヤヒヤするくらいです。
ふうきの場合は、怖くて固まりながら「お父さん、降ろして~!」ですから(^^;

今日はちょっと肌寒くてのであまり長時間遊べなかったので、もう少し暖かくなって
から、ゆっくり遊びに来たいと思います。

3歳馬近況

2010年04月21日 00:44

クラウドバスター(牡3)
4/20 グリーンF
坂路でハロン18~19秒のキャンター3本を行っています。また、週1回は坂路で15-15を
1本行っています。「この中間、蹄鉄を打ち直した後、少々蹄に熱をもちましたが、歩様に異常を
きたすことはなく、今日もこれまでどおりの乗り運動を消化することができています。坂路で2本
の調整のときは体力不足から頭が上がり気味でしたが、3本の調整を始めたことで体力が徐々に付
き、頭の位置が徐々に下がってきました。ただし、15-15の際は楽にスッと行く感じではなく、
乗り役に促されて時計になるといった感じなので、もう少々速めのキャンターを継続していく必要
があるでしょう。とはいえ着実に前進していることは間違いないので、当面は坂路3本の調整と
週1回の15-15を重ねることで、こちらが意図する良化を引き出していきたいと思います」
(牧場担当者)


ドナシュラークは帰厩予定が出ましたが、こっちはまだしばらくかかりそう。
一応、調整は進んでいますが、蹄に熱、促されて時計になる、など、気になる単語が目に付きますね~。
このままだとドナシュラークだけでなく、2歳馬にも追い越されそうです(汗)
中途半端な状態で見切り発車してもしょうがないのですが、あまり時間的余裕も無くなってきました。
入厩のタイミングをいつにするかは、かなり難しい判断になりそうです。

4歳馬近況

2010年04月20日 00:49

皐月賞は昨年に続き、ネオユニヴァース産駒による親子2代制覇。
ネオユニ恐るべし。現役時代にはここまで産駒が走るとは思いませんでした。

そして、同じ週の中山で、皐月賞親子制覇よりも達成困難であろう「親子制覇」が、
達成まであと一歩のところで、惜しくも成りませんでした。
ゴーカイ産駒による中山グランドジャンプ(J・G1)親子制覇です。
直線では一瞬、やった!と思ったのですが…本当に本当に残念な2着。
そもそも、障害レース活躍馬で種牡馬になれる馬自体が少ないので、この親子
制覇は達成されれば歴史的とも言える快挙となったでしょう。
秋は親子J・G1制覇、そして来年こそは中山GJ制覇、頑張ってもらいたいです!



ドナシュラーク(牡4)
4/19 NF空港
屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本を行っています。また、日に
よってはハロン14秒まで終いを伸ばしています。検疫次第ですが、来週中の
帰厩を予定しています。「速めを継続していても、右前脚をはじめ脚元に不安を
見せることはありません。この中間も順調に過ごせています。乗り始めてからの
馬体コンディションもいい状態をキープできていますし、無事に移動まで進めて
いきたいですね。馬体重は536キロです」(空港担当者)



ついに、ついに、ついに…!
最後のレースから待つこと約1年半。やっとドナシュラーク帰厩の予定が出ました!
きんもくせい特別の強い勝ち方で抱いた夢が大きかっただけに、待っている時間が
本当に長く感じました…。他の出資馬も全然走らなかったので、なおさらです。
ドナシュラークも、空港スタッフの方々も、ここまで辛抱強く頑張ってくれました。
うまく行けば、京都開催の後半あたりに復帰できるでしょうか?
ドナシュラークは条件クラスで終わる馬ではないと今でも思っているので、復帰後、
また大きな夢を見せてくれることを信じております。そのためにも、このままレース
まで無事に進めてほしい…! 羽月厩舎の皆様、よろしくお願いします!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

宿題

2010年04月11日 22:29

DSCF7430.jpg

写真はふうきが描いた「お父さんの顔」の絵。
この絵はふうきが通うヤマハ音楽教室で出た「一番大好きな人の顔」を描くという
宿題で描いてくれたものなんですって!
真っ先に「お父さん」だったみたいで、こんな嬉しいことはないですね~(T▽T)
ここしばらく、平日はふうきが寝た後でないと帰ってこられず、一緒にいられるのは
朝の出勤前と土日くらいでしたが、見捨てられてないとわかって、ホッとしました。
ヒゲの濃さが異様に強調されているのは、気になりますけど(笑)
こんなに濃くないと思うんだけどな~。自分で薄いと思っているだけなのか!?

DSCF7431.jpg

もう一枚は、お母さん(左)とサユキちゃん(右)だそうです。
嫁さんが言ってましたが、みんな大きく口を開けて笑っている顔なんです。
ふうきにとって、自分の家庭は明るいものに感じているということでしょうか。
最近叱ってばかりの気もするのですが、怒ってる顔を描かれなくてよかった(笑)

子供の絵って、いろんなことが真っ直ぐ反映されているので、面白いです(^^)

近況まとめ

2010年04月07日 00:45

最近はいろいろ忙しくてなかなか日記を書けません。
出資馬の入厩ゼロだったりで、ネタもあまりないんですけど(^^;



子供達、4月からふうきは年中さん、サユキは週一の未修園児クラス入りです。

ふうきはクラス替えがあったけど、同じクラスに年少で仲良かった子が結構いるので、
去年よりは早く慣れることができそうです。
入園からの半年くらいは、友達の名前をほとんど聞けなかったですからね~。
仲のいい友達をきっかけに、新しい友達との輪を広げていって欲しいです。

サユキは「さゆきもようちえんにいくの~!」と、今から張り切ってます。
「ばすにのってくいんだよ~」「おべんとうもたべるんだよ~」と、ふうきと一緒の
クラスに行くものと勘違いしているようですけど…。(※バスもお弁当もありません)
最近、何でもふうきのマネして、ふうきと同じじゃないと気にくわないみたいです。
こっちはふうきと違い、人の輪の中に入るのが得意なので、全然心配してません。
ボス的存在になって、他の子を泣かしてこないかのほうが心配です(笑)

密かに私もちょっと変化があって、4月から仕事の内容が変わりました。
ほぼ未知の分野なので、慣れるまでしばらく時間がかかりそうです。



出資馬たちの状況も、まとめてみます。

ドナシュラーク(牡4)
昨年11月後半の乗り運動開始から一度も躓きが無く順調、現在ハロン15~14秒
ペースの調教。このまま行けばあと1ヶ月以内には入厩できそうな雰囲気です。
復帰まで約1年半。屈腱炎が治るのには、本当に長い時間がかかるんですね…。

クラウドバスター(牡3)
ずっと蹄とトモの状態との戦い。6日時点でハロン16秒程度の調教まで進みました。
いつも問題が発生する15秒ペースまであと一歩。この時期に再度問題が発生すると、
残り時間的にかなり厳しくなるので、乗り越えられるよう祈るしかないです。

ファステストスター(牡2)
ハロン16秒~18秒ペースの調教。一時ペースダウンも、順調に持ち直しました。
夏競馬で使えそうな感じです。産地馬体検査受検するので、POG本にも出るかも?
調教師もG1勝って勢いがあります。先輩のように短距離で息の長い活躍を期待!

カットレット(牡2)
ハロン18秒(週2は16秒)ペース。冬はなかなかペースが上がりませんでしたが、
暖かくなってやっとペースが上がってきました。この馬に関してはデビューが道営か
南関かが一番気になります。できれば、門別競馬場で見てみたい!


今年の後半、6月以降にはそれなりの出走数が見込めそうな気がします。
昨年5月31日(ストゥレガーレ未勝利戦)以降、途切れている出資馬の出走。
出資馬にはとにかく競馬場で走って、楽しませて欲しいです!!!

2歳馬近況

2010年04月02日 23:13

ファステストスター(マイベストスターの08)
3/31 NF空港
現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン16~18秒で2本元気に駆け
上がっています。右の半腱半膜様筋はもうほぼ問題なく、今ではハロン16秒を
計時しています。継続した乗り込みで馬体が良化してきており、胸前・トモの
筋肉はいかにもスピード馬らしくなってきました。なお、本馬は4月22日に
行われる第1回産地馬体検査を受検する予定です。


今月(3月)
mybeststar1003.jpg

先月(2月)
mybeststar1002.jpg


カットレット(ガッドグッドバイの08)
3/31 NF空港
現在は900m屋内坂路コースを毎日ハロン18秒で2本元気に駆け上がって
おり、週に2日はハロン16秒を計時しています。「まだ馬体は成長途中です
が、坂路で力強い動きを見せています。瞬発力がありそうですし、血統的にも
先々がほんとうに楽しみです」と、管理予定の田島寿一調教師。脚元・体調面
に不安はありませんので、どんどん進めていく予定です。


今月(3月)
godgoodby1003.jpg

先月(2月)
godgoodby1002.jpg



ファステストスターはペースダウン前のペースに、ほぼ戻りました。
写真を見るとムキムキというより、スラッとした印象です。胴がスリムだから、
そう見えるのかな~。たくましい胸前と、スリムな体。あぁ、羨ましい(笑)
カットレットはここにきて量・質ともにアップ! イイ感じです。
調教だけでなく、コメントの量も内容も一気に良くなりました♪
冬に地道に下地を作った成果が、これから出てきてくれることを期待してます。


キャロ08産世代では、マーレーヒルが入厩第1号となるようです。早いなぁ~。
道営の可能性がある地方入厩馬も、4月中に何頭かそういう馬が出てくるでしょうか。
ちょっと前に1次募集だった気がするのに、月日の流れは早いものです。
新馬戦まであと2ヶ月ちょっと。今年はディープ産駒デビューの年でもあるので、
世間の注目も高そうですね。子供達はどんな走りを見せてくれるのか。
私としては、ハーツクライ、ソングオブウインドに期待しています。
ハーツクライは似た血統構成のアドマイヤベガが少ない産駒数で成功しているので、
この馬も結果を出せる可能性高いんじゃないかと。
ソングオブウインドはエルコンの血が繋がって欲しいので、応援してます。
祖父、父も挑戦した海外で、活躍する子が出てくれれば最高ですね。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。