--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロットクラブ2009年募集馬検討

2009年08月31日 22:46

キャロットクラブ2009年募集のカタログ&DVDが届きました。
早いところでは金曜日に着いていたようですが、札幌は日曜日の昼頃だったので
2日間のタイムラグが、ものすご~く長く感じました…。
カタログ見ながらの検討は、一口やっていて最も楽しい時間の一つですからね。
私の場合は出資馬の出走が全くないので、今の唯一の楽しみとも言えます。

DVDは全部見ていないのですが、カタログのほうは一通り目を通しました。
全体を見渡した中では、

マイベストスター08、コニャックレディ08、ガッドグッドバイ08、
コーレイ08、ラフィカ08、ルカダンス08、スケアヘッドライン08、
ソルティレージュ08

あたりがよく見えました。

マイベストスター08、コニャックレディ08は先週の日記に書いた1位、2位
候補だったので、ちょっと「ひいき補正」が入ったかもしれません(^^;
でも、同じく血統的に注目していたガバーナ08、フェザーレイ08あたりは、
少しイマイチに感じました。妙に安かったし、この2頭は候補落ちしそうです。

逆に意外だったのが地方入厩予定のガッドグッドバイ08。
正直、血統的には魅力を感じなかったのですが、馬体は抜群に良く見えました。
順調に行って道営デビューできるようなら、考えてみる価値アリかも。
でも、口数的に維持費4倍なんですよねぇ? そこが問題なんだよなぁ~。
地方入厩馬は賞金が安い分、ガンガン出走させて稼がなければいけませんが、
それが長期休養にでも入られると、中央入厩馬の4口分の維持費だけが重く重く
のしかかることになるので、とにかく「丈夫さ」が絶対条件です。
これからDVDやツアーで、その辺りをしっかりチェックしなきゃいけません。

取りあえず、血統的に注目していて、馬体もよく見えたマイベストスター08は
出資候補としてほぼ確定しそうです。コニャックレディ08はコメントから大型
馬のようなので、馬体重を確認してからですね。
ガッドグッドバイ08は健康面のチェックはもちろんですが、育成課程でアクシ
デントがある可能性も考えれば、様子見してから出資するのがベターですが、
なにぶん地方入厩馬、順位制、どちらも今年が初年度なので、1次募集の
段階でどれくらい申込みがあるのか、全く読めません。
口数も100口なので、意外に1次で埋まって様子見できない可能性も…。
その他の馬も、DVDも合わせてみながら、検討していきたいと思います。
今年は日帰りツアーも申し込んだので、直接いろいろと聞いてもみたいです。

悩ましくも楽しい出資馬検討、まだしばらく続きそうです(^^)
スポンサーサイト

チラリズム

2009年08月24日 22:10

土曜日に、家の中をふうき(トイレ後)がお尻丸出しで走り回っておりました。

「おしりチラ見えのちょっとお茶目な姿」として写真に残しておこうと思って、
前が見えずにお尻だけ見えるように、カメラを持ってタイミングを計ってたら…。
途中でふうきがカメラに気付いたようです。

すると、恥ずかしがって隠すのかと思いきや…。

突然、「ギニュー隊長のファイティングポーズ」を取って


ふうき「さぁ、撮って!」

問題のポーズ
↑問題のポーズ


いやいやいや、お尻チラ見どころか、穴も袋も全開じゃないですか。
本人がいくら望んでも、さすがにこれは写真として残せませんよ(^^;
自分の裸に自信を持つにも、程があります。


結局、後ろ向きに正座した、お尻チラ見写真に落ち着きました。
あのまま撮っておいたら、将来の反抗期用の切り札になり得たかなぁ。
そう考えると少し勿体なかったかも?(笑)

キャロットクラブ2009年度募集馬の募集要項

2009年08月21日 22:39

カタログより一足先に、今年度募集の抽選方法が発表されました。
ポイント制という話もありましたが、順位制ということで落ち着いたようです。
今まで完全抽選でしたが、今年からは抽選になった場合は希望順位上位優先です。

あくまで予想ですが、希望順位1位であればよっぽどの人気上位に行かない限り、
ほぼ取れると思うので、全滅の可能性が大きく減りそうなのはいいと思います。
それに「どうしても欲しい」という馬と「できれば欲しい」という馬では、外れた時の
ショックは当然前者のほうがでかいですよね。
大きなショックを受ける確率はだいぶ減りそうだし、一番欲しかった馬が取れれば
他が外れても、残念ではあるけど少し諦めはつくのかな、と思ったりしています。
「どうしても欲しい」馬がたくさんいた時は順位付けに悩みそうですけど…(^^;
一応1/4は完全抽選の部分も残ったので、確率は下がりましたけど上位人気馬を
複数取れる可能性も残ってはいますよね。この部分もうまい設定と思いました。

あとは何位まで書けるのかというのが気になりますね。
個人的には1~3位まで指定して、それ以下は同列でいいかなぁと。それならば、
たくさん買いたい人も下位指名で複数の中位人気馬を取りやすそうな気がします。

私的には今回の改正はベターな内容だったのでは、と思っています。
たくさんの馬を買いたい、上位人気馬を複数買いたい、という人には微妙な改正に
なったかもしれませんが…。
1.5次のことも含め、クラブとしては「全滅」を減らして少しでも多くの会員に馬が行き
渡るようにする方向で、今回の改正を決めたんでしょうね。
最近の所属馬の活躍で、さらなる会員増が見込まれますが、募集馬を大幅に増やす
こともできないので、こういう方向性にしたのも納得できる気がします。

票読みが重要そうですけど、今年は改正初年度でよく分からないので、欲しい順で
そのまま書いて出そうと思っています。
まだ馬体・厩舎がわからない段階ですが、1位、2位指名予定はだいたい固まって
きました。1位は急に気になってきたタキオン産駒、2位はクロフネ産駒の予定。
(クロフネ産駒1頭しかいないじゃん!(笑))
今年は3頭出資する予定ですが、もう一頭は一口5万前後の牝馬にしようかな~と
思ってます。予算的にもそれくらいがちょうどいいし。


カタログは来週末には届きますかね? 本当に待ち遠しいです。
指名予定の馬達がいい馬体、厩舎で、スムーズに決まってくれればいいんですが。

2歳馬近況

2009年08月18日 21:55

キャロットクラブ2009年募集馬の確定リスト(金額・東西入り)が来ました。
全体的な募集金額は、特に高くも安くもないかなぁという印象ですが、目を付けて
いた募集予定馬の金額を見て………う~~~ん、と声を出してしまいました。

アドマイヤサンデー08は一口12.5万。
一口10万くらいと思っていたのですが、ちょっと甘かったです。
重賞馬2頭の全妹だからしょうがない気もしますが、強気な価格設定ですね。
出資の判断は、慎重になってしまいそうです。

ガバーナ08と、新たに目を付けていたフェザーレイ08は共に3.5万。
こっちは予想以上に安くて、う~~~ん、です。
特にフェザーレイは父ギムレットに母ダイナカール一族、しかも牡馬で3.5万は
安すぎでは? この馬より母系がずっと地味なクラウドバスター以下ですからね。
ガバーナ08は、社台で募集された上の価格に合わせたとも言えなくはないか…?
こちらも馬自体をじっくり見て検討する必要がありそうです。

コニャックレディ08は5.5万。ここはだいたい予想どおりという感じ。
この馬はダートで堅実に稼いでくれそうで、一口向きかなぁと思っています。
クラシックを目指す血統でもないし、人気もあまり集中しなさそうです。
不安は母高齢と、活躍したマル外の母を輸入して下が走った例が少ないくらいか?
(私が知らないだけで、活躍例あるかもしれないですけど。)

カタログは来週中には届きそうなので、待ち遠しいです。
ビビッ!と一目惚れするような馬がいてくれるといいなぁ。


クラウドバスター(牡2)
8/18 小松温泉
周回で軽めのキャンター1200mを基調に、時折坂路で軽めのキャンターを
織り交ぜています。「トモを中心とする身体全体をしっかり使わせることを主眼
に置き、フラット主体のメニューを組んでいます。トモ脚の踏み込みの力強さに
欠ける面がありますが、まだ2歳夏ということを考えると致し方ない部分もある
と思います。とはいえ、乗っていて悪い感じはないので今後も乗り進めること
は可能でしょうし、その中で成長を促せればと考えています」(牧場担当者)
8/11 小松温泉
周回コースで軽めのキャンター1200mの調整を行っています。「先週末に
獣医師が来場したので改めて状態を確認してもらったのですが、トモ脚を中
心に脚元が固まるのに時間がかかっており、疲れが溜まりやすいとのこと
です。運動を継続しているように状態は安定していますが、引き続きじっくり
ほぐすようなイメージで乗り進めていこうと調教師とも確認していますし、成
長を促しつつ状態を改善していければと考えています」(牧場担当者)


まだ脚元が固まっていないということで、相当慎重になってやってるようですが、
そう言われてしまうと、そんな未完成な状態で牧場でバリバリ14秒台までやって
いたことが心配になってきます。後々に影響なければいいんですが。
この空港牧場と、調教師・温泉牧場の間のギャップは、何が原因なんでしょうね…。
う~ん、よくわからんです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

3歳馬近況

2009年08月18日 00:27

今月の請求書にストゥレガーレの引退精算や補償額等が記載されていました。
ストゥレガーレに関する請求は今回が最後になります。寂しいです。
支出(出資金や維持費)-収入(賞金や抹消給付金)-補償金額を計算すると、
トータル収支としてはマイナス5万ちょっとくらいになりました。
出資金はともかく、飼い葉代(維持費)はまかなってくれたことになりますね。
もっとマイナスになっているかと思いましたが、意外に少ない印象でした。
出資が決まった一昨年10月くらいから、一月あたりにすると二千円ちょっと。
その金額であれだけ楽しませてもらったのだから、まずまず満足です。

そのストゥレガーレ、某週刊競馬雑誌では、乗馬(三重)となっていましたが、
元気にしているでしょうか。


ドナシュラーク(牡3)
8/17 NF空港
ウォーキングマシン調整とアエロホース30分を行っています。「先週エコー
検査を行いましたが、良くも悪くも変わりない状態です。この後も慎重に脚元
をチェックしていきますが、人が跨っての運動を行いながら様子を見ていくこと
も考えています」(空港担当者)
8/10 NF空港
ウォーキングマシン調整とアエロホース30分を行っています。「大きな変化は
ありませんが、引き続き良い状態を保っています。検査を行うタイミングをクリ
ニックの担当者と調整していますが、それまでは今までと同様に慎重に進め
ていく予定です」(空港担当者)



ようやく検査を行ったようです。乗り運動開始となるような良好な結果ではありません
でしたが、気持ちを次の検査に切り替えることができて、スッキリしました。
近況では人を乗せた調整の可能性も臭わせていますが、4月に牧場見学に行った
時に「乗り運動は早くて秋くらいかも」と言われたように、2ヶ月後の10月くらいまで
現状の調整内容で様子を見るのではないかな、と個人的には思っています。
秋に乗り運動開始しても、冬は無理させないでしょうから、来年の春くらいに復帰が
できれば…といったところでしょうかね。
じっくりとやれば再発の可能性も下がると思うので、今の時期に我慢することで長く
競走生活を送れることになると信じて、待ちたいと思います。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

夏休み後半戦

2009年08月17日 23:40

夏休み後半、8/13~16は旧熊石町(現八雲町)にお泊まりしていました。
熊石町は嫁さんのお母さんの地元なんですよ~。
海沿いのいかにも「漁業の町」って感じの場所で、のどかでいいところです。
メイン通りのお店は結構閉まっていたりして、人口は減少傾向にあるようですが、
キャンプ場や隣接する温泉は駐車場もビッチリで、夏のレジャー地としての人気は
ありそうです。


昨年も見た「根崎神社例大祭」、今年も見てきました。
町のメイン通りを大きな山車7~8台が練り歩くというものです。

DSCF5822.jpg

町の各地区で山車を出しており、それぞれにいろいろ由来等があるようです。
お義母さんの地元の地区である「八雲山」はスサノオノミコト、ヤマタノオロチ、
アメノムラクモノツルギ等、私でも聞いたことある(ゲームとかでですが)超有名な
話の舞台になっているようです。
こんな身近にこの話の舞台があるとは知りませんでした。面白いもんですね。


海沿いの場所なので、天気が良ければいつでも海に遊びに行けます。

DSCF5917.jpg

でも、ふうきは「カニが怖い」と海に入りたがらず、いつもは怖いモノ知らずの
サユキも、砂の感触がイヤなのか、こちらもダメでした。
なので、せっかく行ったのにちょっと足までつかっただけ~。



キャンプ場には自然公園も隣接していて、子供達ははしゃいであそんでました。
こういう場所に来ると、私はどうしても虫を探したくなってしまいます。
木の幹や、葉っぱの上や、地面を「虫サーチ」モードで見ちゃうんですよね。
セミは3匹ほど見つけたんですが、念願のクワガタが見つからず残念。

DSCF5874.jpg

サユキはセミや、セミの抜け殻も恐がりません。ふうきは…逃げ回ってました。
どうも最近、虫などの小動物や犬猫など、生き物全般をすごく怖がっております。
何かトラウマになるような出来事なんてあっただろうか?


札幌とはまた違った、ゆっくりした時間の中でまったり楽しんできました。
こういう田舎生活って、心が癒されていいですね。
ちょっと遠いので車の運転は疲れますが、子供達には貴重な時間だったでしょう。
私も子供の頃は両親の実家にお泊まりして、森や田んぼ、畑で遊ぶのが大好きでした。
バケツいっぱいにカエル捕まえてきたり、セミの抜け殻収集したりしたなぁ。
今はその田舎の実家も無くなってしまって、行けなくなったのが寂しいです。
定年後は孫のために、田舎に家でも建てて暮らそうかなぁ(笑)

夏休み前半戦

2009年08月11日 22:17

今週はふうきだけでなく、私も夏休みです。
学生時代と違って短いですが、宿題が無いのはいいことです(笑)
ちなみに私は学生時代、夏休みの宿題は最初の3日間くらいに全力で終わらせて、
それから思いっきり遊ぶ派でした。何か残ってると落ち着かなくて。

日曜日まで休みなので、ちょうど明日が折り返し地点。
前半は公園とか、子供向けイベントに行っておりました。
入場料がかからない場所で、なるべくお金をかけずに楽しむ作戦です。


1日目(土曜日)は北竜町の「ひまわりの里」へ。
満開…には早かったけど、場所によっては結構咲いていたので綺麗したよ~。
ここに行ったらかならず食べる「ひまわりソフトクリーム」も食べてきました。
ひまわりの種の香ばしさがあって、とっても美味しいんですよ。これ♪
気温が高かったせいか凄いスピードでソフトが溶けていって、子供達がソフトを
食べる姿撮りながらだったので、めちゃめちゃ慌ただしかったです(^^;

DSCF5666.jpg

北竜町へは高速使って行ったんですが、途中にあった砂川ハイウェイオアシスも
なかなかいい場所でした。高速道路によくあるSAなんですが、北海道子どもの
国という大きな公園が隣接していたり、大きなお土産館があったり、他のSAと
規模が段違いです。子連れ長距離旅行の途中休憩場所にはピッタリな場所でした。
車の中に閉じこめられてたので、子供達は広い公園敷地でおおはしゃぎでした。
お土産館の試食も充実していたので、ふうきと一緒に食べ歩きました(笑)


2日目(日曜日)は実家に帰った時に、SLが展示してある公園へ。
前の日にふうきが行きたいと言ったので、軽い気持ちで「いいよ」と言ったら。
寝る前に何回も「明日は汽車ポッポの公園に行くんだ!」と念を押されまくり。
当日も朝起きたらいきなり「さ、汽車ポッポの公園に行くか!」です。
子供はこういう約束、絶っっっ対忘れませんね(^^;


3日目(月曜日)は絶好の外遊び日和だったので、札幌市内の「川下公園」へ。
カナールとか、壁泉とか、噴水とかがあって、水遊びができる公園なんです。
去年までは水にビビって腰が引けてたふうきも、だいぶ積極的に水に入って遊べる
ようになりました。サユキは言うまでもなく、最初から恐れず突撃していきます。
来年くらいには二人で水をかけあっこして、遊ぶことができるようになるかなぁ。
今それをやったら1回顔に水がかかった時点でふうきが大泣きして終了です(笑)

DSCF5720.jpg

4日目(火曜日)はふうきが心待ちにしていた「プラレール博」へ。
すんごい人の数と、すんごい熱気でした…。大人も子供達も汗びっしょりです。
大好きなプラレールに囲まれて、念願の「複線踏切」も買ってもらって、ふうきは
大満足だったようです。でも、「複線踏切」って、このイベントでなくても売ってる
普通のパーツなんですよね。ここでしか買えない限定商品にすればいいのにな~と
思うんですが、それは大人の考え方なんでしょうねぇ。

DSCF5747.jpg

前半は私の「雨男」スキルは発動せず、よい天気の中で過ごせました。
ただ、後半は怪しいようで…どうなるでしょうか(^^;
道南に3泊旅行の予定ですが、天気がもつように祈るばかりです。

2歳馬近況

2009年08月04日 21:38

今週はついに2歳世代最初の重賞「函館2歳S」です。
もう重賞が行われるくらい、2歳世代の戦いが進んでるんですねぇ。早いもんです。
キャロ馬の出走が無いのは残念ですが、個人的には見た目的に強烈なインパクト
を持つチェリーソウマに注目しています。
前走でも、凄いのは見た目だけじゃないぞ、という強さを見せてくれました。
この顔、目の特徴って遺伝するんですかね~? 遺伝するなら、この馬が活躍して
将来種牡馬入りしてくれればさらに楽しみなんですが。
そんな夢まで見れるような強さを、今週見せてくれることを期待します。


クラウドバスター(牡2)
8/4 小松温泉
周回コースで軽めのキャンター1200mの調整を行っています。「トモ脚の
踏み込みなど改善を促す部分は相変わらず残りますが、調子自体は安定
していますし、徐々に運動のペースを速めることができています。先々の
成長を考えると、ここでじっくり進めた方がよいと思われるので、今後もほ
ぐすように乗りながらひとつひとつ課題をクリアしていきたいと思います」
(牧場担当者)
7/28 小松温泉
周回コースでハッキング程度1800mの調整を行っています。「この中間、
調教師が来場した際に『今後の成長を阻害しないためにも馬の状態に合
わせじっくり進めていきましょう』と話をしていました。先週よりも状態はよく
なっていたことから軽めの乗り運動を開始していますが、やはりトモ脚の
踏み込みの甘さなどが残る状態です。今後もジワジワと負荷を掛け、芯
から力をつけていければと思います」(牧場担当者)


今回(7月)
milenium2107.jpg

前回(6月)
milenium2106.jpg

「じっくり」を強調されているので時間はかかりそうですが、ちょっとずつでも
ペースが上がってきているのはいいことです。
北海道でもジメジメしてかなり蒸し暑いですから、本州だとなおさらでしょう。
夏バテなどしないようにモリモリ食べて、頑張ってもらいたいですね。
馬体もちょっと小さめなので、一息ついて少しでも大きくなればなお良いです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

3歳馬近況

2009年08月04日 21:34

以前、ドナシュラークは幹細胞を腱に移植するという治療を受けましたが、最近、
ネットのニュースで、幹細胞研究において「歯の完全再生」がマウスで成功したと
いう記事を見つけました。この技術が人に活用でるようになれば「入れ歯不要」の
時代も期待できるんだとか。将来的に、歯以外のいろんな物にも使えそうです。
この分野の研究がさらに進んでいけば、今までなら安楽死処分になっていたような
重度の怪我でも完治してレースに復帰できる、または種牡馬の道が残るようになる
かもしれません。体の一部を「再生」することができるのであれば、もしかすると
セン馬が再び「男」に戻って種牡馬に…なんてことも期待できるんでしょうか?
そこまでは無理かな…? でも、いろいろ可能性が広がりますね~。


ドナシュラーク(牡3)
8/3 NF空港
ウォーキングマシン調整とアエロホース30分を行っています。「大きな
変化はありませんが、状態面は良好です。回復具合をチェックしながら
検査の日程を考えていきますが、もうしばらくの間は慎重に進める方針
です」(空港担当者)
7/27 NF空港
ウォーキングマシン調整とアエロホース30分を行っています。「調整に
変わりはありませんが、いいコンディションを保つことができています。
今は辛抱のときですが、しっかり様子を見つつ、エコー検査を受ける日
程なども合わせて考えながら、乗り運動の再開を目指していきたいと
思います」(空港担当者)


今週もエコー検査は行わなかったようで、調整メニューも先週までと同じです。
前回検査が5月7日で、その時点で「2ヶ月後の検査で~」とコメントされていて、
7月1日に「近々脚元のエコー検査~」とあったので、7月上旬くらいには検査を
行うのかと思っていましたが…。
無理して早く乗り運動開始して欲しいとは思わないのですが、毎週ドキドキしながら
近況更新を見て、肩すかしをくらうというのが1ヶ月ほど続いているので、ちょっと
つらいですね(^^; 出走できる態勢の馬がおらず、近況更新だけが楽しみなので。
来週以降、良い検査結果が出たというコメントが、出てくれますように~。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

2度あることは3度ある

2009年08月02日 23:49

今日は家族+友人と札幌競馬場に行って来ました。

先週月曜くらいに天気予報見て、週末前後は全く雨が降らない予報だったので、
この日に決めたんです。今回は「雨男」発動しない自信があったんですよ。
しかし…またもや、ピンポイントに日曜日だけ雨!
木曜くらいまで、予報的にも雨の要素全く無かったのに、見事と言うしかない。
雨不足で困っている地域に旅行に行ったらいいんじゃないかと思いました(苦笑)

競馬場に着いてからは雨もほとんど止んで、時折パラパラくるくらいだったのが
救いでした。思ったより水はけが良いのか、芝生も思ったほど水分含んでなくて
シートを敷いて観戦することができました。

ふうきは競馬場前に寄った西松屋で買ったラムネ付きマイクが気に入ったようで、
ず~っと手に持ったまま、ハイテンションでの意味不明のオリジナル曲歌ったり、
大人達に「お名前は?」「好きな食べ物は?」等のインタビューを繰り返したり。
競馬にはあまり興味無いみたいでした(^^;
でも、興味無くても小倉記念の勝ち馬(かなり人気薄)を見事に当ててましたよ。
ふうきを信じて総流しかけておけば、晩ご飯は焼肉だったなぁ。勿体ない!

DSCF5612.jpg

サユキもずっとはしゃぎっぱなしで、昼寝もせずに走り回っていました。
競馬場ファミリーコーナーでも、ふうきと一緒に遊具によじ登っていて、本当に
怖いモノ知らずな感じでした。ふうきは押したって行かなかったのに、サユキは
止めても一人で突き進んでいってしまいます(^^;
競馬場出口で帰りにターフィー君に泣かされて、その後ベビーカーに乗ったまま、
電池が切れて眠りの世界へ…。

キャロ馬も出走してたんですが、まともに見れたのがマージービートくらいでした。
パドックでは落ち着いているけど、ちょっと気合いが足りないかな?という感じ。
前の馬が立ち上がりそうになったりしたときも、動揺せずしっかり歩いていました。
レースは最終コーナーでかなりいい勢いで上がってきて、キャロ2歳世代でついに
勝ち馬が!と期待したのですが、直線思ったほど伸びず6着という結果でした。
でも、叩いた次は気合いも乗るだろうし、かなり上積み期待できそうですね。

DSCF5597.jpg
パドックでのマージービート

DSCF5607.jpg
ゲート裏でのマージービート

DSCF5611.jpg
本場馬入場だけ撮れたティフィン


馬券の収支もマイナス1000円くらいと、私にしては上々の結果でした。

ふうきは帰ってきてから珍しく「競馬場の絵を描く!」と言ってスケッチブックに
絵を描き始めました。
何を書くんだろう…?と思ってみていると、どうやら電光掲示板のようです。

DSCF5617.jpg

私「あとさ、馬も描いてみたらいいんじゃない?」
ふ「じゃぁ、おとうさんがかけば?」

…やっぱり、競馬自体には興味が無いようです(´▽`;

馬券もまずまずだったし、子供達も楽しめたようだけど、天気だけが残念でした。
今度こそ、快晴の中で気持ちよく観戦して、馬券でも儲けて楽しみたいものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。