--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NF空港・早来牧場見学

2009年05月31日 22:36

キャロット会員仲間さん達と一緒に、NF空港・早来牧場見学に行ってきました。
私以外の会員さんは、本州からわざわざ来たのに天気があいにくの雨。
なんでも、3人中2人が雨男・雨女だそうで、そこに雨男の私が更に加われば、
この結果はしょうがないとも言えます(笑)


ドナシュラーク。

ドナシュラーク1

ドナシュラーク2

ドナシュラーク3

今回も相変わらず「5本脚」を披露してくれました(^^;
アエロホースを追加しても、まだまだ元気が有り余っているようです。
でも、こないだ見たときよりも若干、締まったように見えました。
牧場の方も「2勝目を上げたとき、これは『アタリ』だ!と思ったのに…。」と、
怪我のことを残念がっていました。本当に復帰が待ち遠しいです。



クラウドバスター。

クラウドバスター1

クラウドバスター2

やっぱり筋肉凄いですよね~。パワーもありそうです。
気持ちが乗り切ってない、という公式コメントがかなり引っかかっていましたが、
あまり気にしなくても良さそうな感じです。
何となくですが、思ったより早く声がかかって入厩しちゃうんじゃないかな?



今回は他の会員さんと一緒だったので、自分の出資馬以外も見ることができました。
何頭か、写真を載せておきます。


アンヴァルト(Vindication×母父Giant's Causeway)

アンヴァルト1

アンヴァルト2

だいぶ背腰の疲れも取れてきたとのことです。筋肉質で格好いいですね。
ちなみに厩舎では「アーちゃん」と呼ばれているそうです(^^)


リンドブルム(サクラバクシンオー×母父Sadler's Wells)

リンドブルム1

胴が長く、薄手で脚が長いので、意外と距離はもつかも?とのことでした。
母父サドラーズウェルズの血が、出ているんでしょうかね。


マルティプライ(Fusaichi Pegasus×母父Alzao)

マルティプライ1

体重も410㎏を超えて、当初よりだいぶ大きくなりましたね。
北海道入厩の話もあって残口もあるので、悩ましいところです。


アースガルド(ネオユニヴァース×母父Fairy King)

アースガルド1

アースガルド2

今をときめくネオユニヴァース産駒ですね。
牧場の方が「今日のダービーまで勝ったら、(種牡馬の人気が)凄いことになる」と
言っていましたが、本当にそうなっちゃいましたね。来年も旋風を巻き起こすか?


カクタスペア(Lion Heart×母父Gone West)

カクタスペア1
カクタスペア2

不安も出ましたが、だいぶ回復してきたとのことです。
乗れている時にはかなりイイ動きをしていたとのことなので、しっかり立て直しが
できれば、楽しみな一頭ですね。



たくさんのスター候補を見ることができて、すごく楽しかったんですが、やっぱり
まだ実際の馬を見て、体のパーツや動きの「ここがいい!」という感覚はいまいち
わからないですね~。特に動きの重い・軽いとか、柔らかい・堅いとか。
せっかくの貴重な機会だというのに、ちょっと勿体ない気がします。
時間があるときに、過去の社台・サンデーの募集馬の写真を見たりしているので、
カタログ写真なら、前よりちょっとは違いがわかるようにはなったんですが。
いつか、歩様を見て「これは素晴らしい馬だ!」とか、言ってみたいもんです。


ところで話は変わって、今日が運命の一戦だったストゥレガーレ。
最下位+2連続TOという、あまりにも厳しい結果になってしまいました…。
向こう上面の時点で、レースをやめちゃっている感じでしたね。
近いうちに、クラブの公式で今後のことが出ると思いますので、その時に改めて
日記に詳しく書きたいと思います。
スポンサーサイト

我が家の近況

2009年05月30日 16:06

先週土曜から子供達が風邪をひいてしまって、幼稚園も休んで家に籠もってました。
タチの悪いウイルス性のものらしく、かなり長引いて長期戦になってしまいました。
週末も出かけられないし、家でも思いきり遊べないし、熱で辛そうにしてるのを見る
とこっちまで辛くなるし、普通に元気なことのありがたさを改めて実感しました。

でも、今回の風邪で、ふうきがちょっと強くなったのを、見ることもできました。
薬を水にといて飲むのも、あーだこーだ言いながらちびちび時間をかけて、引き延ば
し引き延ばしやっていたのに、ギュッと目をつぶって、プルプル震えながら、覚悟を
決めてグ~ッと一気に飲み干した姿、ちょっとこっちもグッと来ました。
見るからに、すんげぇ苦そうな、大人でも飲みたくないような薬なんです、これが。
今までダラダラ引き延ばすか、私たちが無理矢理飲ますかだったのに、イヤなことに
自分で覚悟を決めて立ち向かえるようになったのは、凄いことじゃないかなぁ。
(まだ、少しの後押しは必要ですけどね。)
病院での採血も胸部レントゲン写真も、泣かずに頑張ったみたいです。
目薬や座薬も私たちが押さえつけることなく、こらえて頑張ってくれました。
特に座薬は、蹴りが飛んできたり、体ひねったり、抑えるの大変だったのにね~。
私の縦四方固めは、出番がありませんでした(笑)

サユキのほうも、ある意味「強さ」を発揮。薬飲ます時などの抵抗がハンパ無い!
夜は父のパワーと母のテクニックの合わせ技で対抗しますが、日中は嫁さんが一人で
だいぶ苦戦したようです…。
目薬は目をこじあけて、薬は水で練って口の内側に塗りつけてお茶を飲ませる…など
強引でしたが、飲まないで長引く方がかわいそうなので、頑張ってもらいました。

ふうきはほとんど治って、サユキもピークは過ぎたようで、あと少しかな。
発熱期間中はお風呂も入れてあげられなかったので、落ち着いたら子供達の大好きな
「おおきなおふろ」に連れて行ってあげようと思います(^^)

2歳馬近況

2009年05月30日 16:06

クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
5/29 NF空港
屋外直線坂路でハロン17~18秒(週2日はハロン14~15秒)のキャン
ター2本を基調に、週1日は周回コースのみでキャンター1600mを行って
います。速めのメニューにもだいぶ慣れが出て、いい動きを示すようになっ
ていますが、夏競馬を使うにはまだ気持ちの乗りが足りない気がしますの
で、もうしばらくは当地で乗り込みを進めていくことにします。


今月(5月)
milenium2105.jpg

先月(4月)
milenium2104.jpg

5月中にも入厩の話が出ていたのに、なかなか移動しないのでどうしたんだろう?と
思っていたら、もう少し牧場で乗り込むことにしたようです。
脚元などの不安でなかったのは幸いですが、同父のストゥレガーレで苦労させられて
いるので、精神面でのコメントが出ると、ちょっと不安になってしまいます。
「夏競馬を使うには」と言うことは、秋競馬になっちゃうのかなぁ。
できれば小倉1200m新馬→小倉2歳Sと行って欲しかったんですが、間に合うかな。
馬体は相変わらずイイ感じで、調教のペースも順調に上げられているので、入厩すれ
ばそこからレースまでは早そうです。なるべく早めに声がかかりますように。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

3歳馬近況

2009年05月30日 16:03

ドナシュラーク(牡3)
5/25
ウォーキングマシン調整とアエロホース30分を行っています。「前回の検査
結果が良好だったことを受けて、この中間からアエロホースを開始しました。
これでこれまで以上の負荷を得ることができるでしょう。万全の状態で乗り
運動を再開できるようにできる限りのことを行っていきます」(空港担当者)


アエロホース(別名ウォータートレッドミル)とは、歩行装置を水の中に設置した
ようなもので、浮力を利用することにより、脚元へあまり負担をかけずに運動量を
増やすことができるみたいです。これで体重も少し絞れそうですね。
いよいよ乗り運動へ向けての準備が開始されて、7月の乗り運動開始が現実的に
なってきました! 1ヶ月半後、期待しても良さそうです♪


ストゥレガーレ(牡3)
5/27
27日は栗東CWコースで追い切りました。「終いが掛かったぶん併せは
遅れましたが、6ハロン81秒台ならまずまずでしょう。動きも、最近の中
では一番良かったですね。芝のスピードにどれだけついていけるかですが、
追われているぶんにはしっかり動けるので、レースに行って気を抜かずに
走れるかどうか、そこがポイントになりますね」(木原師)
31日の中京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に田中健騎手で出走を予定
しています。


先週の併せ2.2秒遅れを見た時は軽く絶望しましたが、今週は少しマシな調教が
できたようです。ただ、どうしても終いが掛かる(=最後までマジメに走らない)
という部分が直らないようで…。
まぁ、最低限の負荷はかけられたようなので、あとはレースを見守るのみです。
たぶんラストチャンスになると思いますので、前走と同じく外から被せられて終了
という終わり方だけはしないでほしいです。殿一気とか、思い切った戦法をお願い
したいところ。それでも結果が出ないなら、諦めもつくというものです。
とにかく、最後まで諦めないで走って欲しい! 頼むぞストゥレガーレ!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

2歳馬近況

2009年05月15日 23:47

クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
5/15 NF空港 馬体重:434kg(+7㎏)
週3日は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター1600mの後、
屋内坂路でハロン18秒(終いハロン15秒)のキャンター1本、残りの
3日は屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。
週1日はハロン14秒のキャンターを取り入れ始めましたが、徐々に
慣れも出て、いい動きを示すようになってきました。馬体重には大き
な変動はありませんが、中身の充実は十分に感じることができるの
で夏前の入厩にも十分対応できるでしょう。「仕上がりも順当に進ん
でいるので、早ければ5月中の入厩も検討しています」(大根田師)


15秒の速い時計を出す回数も増え、さらに14秒の時計も出し始めました。
それでも相変わらず体調的な不安は一切出ず、「15秒の壁」も楽々と乗り越えて
入厩へ向かってまっしぐらという感じです。
超健康優良児なので、このまま予定通り5月中に入厩してくれそうですね。
無事に入厩できれば、厩舎で1ヶ月半くらい調整して、7月上旬くらいにデビュー
といったところでしょうか? 阪神の最後か、もしくは札幌か…?
筋肉隆々でパワーありそうなので、札幌の洋芝もこなすと思うんですけどね~。
本州か、北海道か、どっちに入厩なのか、近いうちに答えが出ると思いますので、
注目して待ちたいと思います。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

キャラ弁デビュー

2009年05月14日 22:43

100円ショップで買ってきた「し」の字みたいな形をした肩・背中のツボ押しで
凝っている部分をゴリゴリやったところ、今日になって揉み返しが凄いです。
ツボ押しが安物だから? やり方が悪かった? 慣れれば解消されるの?
理由はわかりませんが、やる前より、痛くなっている気がします…。



さて、今日は突然の嫁さん「キャラ弁」デビューとなりました。
いつかは作ることになるのではないか?と恐れていた嫁さんですが、入園1ヶ月と
思ったより早いタイミングで、昨日、ふうきから作成要望が出てきました。
他の子がアンパンマンのお弁当食べてるの見て、自分も欲しくなったらしい。


私「こういうのって誰かがやり始めると、みんな欲しくなるね。携帯みたい。」
嫁「ホントさぁ~。ウチの幼稚園、キャラ弁禁止にしてほしいわ(苦笑)」


さっそく、アンパンマンのキャラ弁のレシピをネットで調べてみました。
すると…ウワサには聞いていましたが、気合いの入ってる人は凄いですね。
白いカマボコとかで、アンパンマンの鼻部分の「テカリ」までつけてたりします。
私が作ったとしても、ここまで細かくやる気力は無いなぁ~。しかも早朝に。
芸術作品と言えそうな凄い弁当の数々に、ただただ感心するばかりでした。


そして今朝、嫁さんがふうきのリクエストに頑張って作成したキャラ弁がこれ!

DSCF5153.jpg
(※おかずもあるんですが、撮り忘れました)

昨日、いきなり言われたのでキャラ弁材料を買いに行くヒマもなく、冷蔵庫にある
材料で考えなきゃいけなかったので、工夫が必要で大変だったみたい。
でも、絵が苦手な嫁さんと思えないくらい、「アンパンマン」そっくりです♪
同じ系統の色であるホッペと鼻を全部シャケフレークにせず、鼻だけあえてノリに
したのも、うまいと思いました。全部同じ材料にすると、どこまでがどのパーツ
なのか、わかりづらくなったんじゃないかと思います。
本物の色にこだわらず、見栄えを優先して、いい機転をきかせたと思います。

ふうきもアンパンマンのお弁当に大喜びで、いつもはいくつか残してくるおかずも
含めて、今日はちゃぁんと全部食べてきてくれて、嫁さんも喜んでいました。
これもキャラ弁効果でしょうか♪
こうやって頑張って作ったキャラ弁を、子供が喜んで完食してくれるのが嬉しくて
作る方も気合いが入るのかもしれませんね。
それに、大好きなキャラの弁当なら、少しくらい嫌いなモノが入ってても、食べる
ことができるかも…?(アンパンマンのホッペをニンジンにしてみるとか。)

デビュー戦は大成功でしたが、そのうち、次のリクエストがあるんですかね~?
作りも色使いも、なるべくシンプルなキャラで来てくれるといいんですけど。
トーマスとか言われると、難しそうですね。青色とか、何を使えばいいのか(^^;

3歳馬近況

2009年05月14日 22:41

ストゥレガーレ(牡3)
5/14
13日は栗東坂路で15-15程度を行い、14日は軽めの調整を行いました。
「少し楽をさせて、だいぶ元気が戻ってきました。DWから坂路と両方乗って
いますが、順調です。停止期間が開けたら使えるように調整しています。
芝1800ぐらいを使えればいいですね」(木原師)


5/25まで停止期間ですが、開けたらすぐ使いそうな雰囲気です。
東京まで遠征はしないと思うので、芝1800mを使うのであれば、5/30中京
4Rに若手騎手限定の芝1800m戦がありますから、そこの可能性が高いか?
このレースなら4戦続けて乗っていて、ストゥレガーレのことを良く知っている田中
騎手も乗ることができますからね。
ただ、問題は優先出走権を持っていないので、出走できるかどうかですが…。
東京・中京の2場しか開催がない時期なので、出走馬が集中しそうで怖いです。



ドナシュラーク(牡3)
5/13
ウォーキングマシン調整を行っています。「脚元は順調に回復していますし、
体調もよいのでこれまで同様にマシンを継続しています。今後も注意しなが
ら調整を進め、2ヵ月後の検査で良好な結果が出るようにしたいですね」
(空港担当者)


「2ヶ月後」という目標があると、やはり待つ側も気持的に全然違いますね♪
本当に検査結果が待ち遠しいです。



2歳馬のクラウドバスターも、今日、臨時更新があって、早ければ5月中に入厩も
あるということでした。
牧場に行ったときにも聞いてきたことですが、やはり公式に出ると嬉しいです。
このコメントが載ったと言うことは、今日時点でアクシデントによるペースダウン
なども無いと言うことですから、明日の定期更新も安心して見ることができます。
できればデビュー地などについて、コメントがあると嬉しいんだけどな~。
同じ厩舎のティルフィングの過去近況を見ると、実現はしなかったけど函館入厩の
プランが出たこともあるので、小倉デビューが多い厩舎ですが、北海道デビューの
可能性ゼロではないということがわかり、わずかな可能性に期待しています。



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

3歳馬近況

2009年05月07日 21:52

ストゥレガーレ(牡3)
5/7
6日、7日は坂路で軽めの調教を行いました。「間隔を開けないと出走できま
せんので、この中間は調教量を減らさないように坂路中心に乗り込んでいます。
どうしても精神面で弱いところがあり、普段も馬場入りの際にうるさかったりと
気性の難しさを見せています。この期間にじっくりと乗り込んで、気持ちが前向
きになるように取り組んでいきたいですね」(木原師)


タイムオーバーで1ヶ月は空けないといけないのはもちろん、今の時期の芝短距離
未勝利戦は除外が多いようなので、出走停止が空けてもスムーズに出走することが
できるんでしょうか? 除外回数とか、前走からの期間とか、いろいろ優先条件も
あるようですが、私自身も完全には理解しておりません。
出走できるまで時間がかかりそうなので、それまでに変化があればいいのですが。



ドナシュラーク(牡3)
5/7
ウォーキングマシン調整を行っています。「2日に右前屈腱のエコー検査を
行ったところ、良好な回復振りを見て取ることができました。すぐに乗り運動
を開始するには至りませんが、2ヶ月くらい先の検査で更なる良化が見られ
れば乗り運動を開始することも検討できるかもしれません。馬体重は520
キロです」(空港担当者)


いい意味で予想を裏切り、乗り運動開始の時期に関するコメントが出ました!
先日牧場で聞いてきた時は、もっとかかりそうな雰囲気でしたが、その後の検査の
結果が思っていたよりもよかったんでしょうね(^^)
あくまで2ヶ月後の検査結果次第で、しかも検討できる『かもしれません』という
コメントですが、ついに乗り運動開始時期を考えることができる段階にきたこと、
現時点でいい回復をしていることが確認できて、希望が大きく膨らみました。
仮に2ヶ月後の7月上旬に乗り運動を開始できたとすると、同じく屈腱炎を発症し、
NF空港で順調に復帰への調教が進んだベンティスカの例に当てはめて考えれば、
入厩まで4ヶ月、厩舎で更に1ヶ月半かかってますから、ドナシュラークの場合は
ゲート試験もあることを考えると、何事もなく全てが順調に進めば、早ければ1月
くらいの復帰も有り得るかもしれません。
まだ相当気が早いのはわかってますが、ついこんなシミュレーションをしてしまう
くらい、今回のコメントは嬉しい内容でした。
2ヶ月後、検査の結果が良い方向に出ますように。心から、そう願っています!



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

GW折り返し地点

2009年05月06日 23:47

写真はふうきが描いた「じゅうたい」。
(道路に車がいっぱい連なっています。絵の上半分は「トンネル」だそうです。)
DSCF5127.jpg


2枚目の写真は「いーてぃーしー」。
DSCF5128.jpg


5/2~5/5で青森(嫁さんの妹さんご夫婦のおうち)に行っていたんですが、
「高速道路どこでも千円」が始まったので、札幌~函館間はJRでなく、車で移動
してみたんです。そしたら帰りの函館~八雲の間で大渋滞にハマってしまって…。
結局函館~札幌まで8時間以上もかかってしまいました。
ふうきは物心ついてから、こんな渋滞にハマったのは初めてだから、強く印象に
残ったんでしょう。突然今日になって、「じゅうたい」の絵を描き始めました。
「もの」を描くだけでなく、「ものごと」を描けるようになったんだなぁと、また
改めて感心してしまいました。
まだ字は書けないけど、これに字がついたら「絵日記」と言えるんじゃない?


でも、絵の面では成長を見せてくれたけど、青森に滞在中は気持ち的に未熟な面が
大爆発していました。普段よりも妙に甘えっ子になって、思い通りにいかない時の
ダダのこねかたも凄くてハンパじゃなかったです。
なぜか、向こうのおうちの人に挨拶するのを断固として拒否するし…。
嫁さんの妹さんご夫婦も、普段からこうなの?と驚いたんじゃないだろうか?
逆に嬉しい時のテンションの上がり方も凄くて、感情の起伏が激しかった感じ。
3泊4日の間に4,5回くらい鼻血ブーして、咳もしてたので、体調面での不調も
あったのかもしれないし、幼稚園に行き始めた直後で不安定な部分があるかもしれ
ないけど、ハッキリとした原因はよくわからないです…。

疲れとか、普段と違う環境でおだっちゃってるだけならいいんですが、挨拶とかの
拒否は3,4ヶ月前くらいからちらほらあるので、気になってもいます。
私達や、お互いの実家メンバー相手なら、「ありがとう」や「こんにちわ」とか言う
ので(100%ではないけど)、言葉の意味や、しなきゃいけないことはわかってる
はずなんだけど…。
身内じゃない人への照れ、もしくは警戒なのか、それとも別な理由があるのか…?
この日記を書きながら、後ろのほうのTVでやってたドラマ「アイシテル・海容」
をチラ見していたら、あのドラマのように、自分の子供に対して何かの見落としを
しているのでは?と少し心配になってきました。
きっと、接する中で原因となるものを見つけることができても、すぐその日に改善
するものではないから、一緒に根気強く頑張っていくしか、ないでしょう。
取りあえず今は、改めて家族の中で地道に、挨拶の練習ですね。

またふうきのことばっかりになっちゃいましたが、サユキも旅行を経て、ますます
活発になっちゃいました。こっちは環境が変わろうが、知らない人がいようが、
物怖じもせずに突撃していくタイプだということが改めて確認できました。
1歳上のイトコと取り合いになった時、相手に噛みつこうとしておりました(汗)
「噛みつきウインディ」と有名な某ダートG1馬を彷彿させる凶暴さ・根性です。
こっちはこっちで、ふうきとは別な心配を抱えることになりそうです(^^;
でも、床に落ちてる服や靴下など、見つけては持ち主に「はい」と届けにいったり
食べ物をもらっても、自分より他の人に「はい」と先に渡したり、意外に世話好き
な一面も見えるようになりました。

明日は私は休みだけど、ふうきは幼稚園で、午後には家庭訪問があります。
ふうきの幼稚園での様子が、ちょっとは知ることができるかな?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。