--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳馬近況

2009年04月30日 21:56

クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
4/30 NF空港
屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター1600m、周回ダートコー
スでハロン18秒程度のキャンター2500m、屋内坂路でハロン18秒、15
秒のキャンター2本を日替わりで行っています。相変わらずハロン15秒を
計時した際の動きには目を引くものがあり、更にペースを速めた際、どれ
だけの動きを示してくれるか楽しみでなりません。


今月(4月)
milenium2104.jpg

先月(3月)
milenium2103.jpg

前回更新と同じく、速めの時計を計時した時の動きを誉められています。
先の段階に進んでも、この馬の場合は不安よりも楽しみのほうが多いですね。
馬体的にも、競走馬らしくなってきました。牧場で見たときも感じましたが、トモの
肉付きがよくて、いいスピードがありそうです。
このペースをあと半月~1月くらい問題なく維持できれば、入厩が見えるでしょう。
ここまでも体調的な不安が一切無く、丈夫そうな馬なので、早い時期からデビュー
しても、長く楽しませてくれそう。
入厩まであと少し、これまでどおり順調に進んでくれますように。


2歳馬だけでなく、3歳馬も先日、週1の更新がありました。
復帰戦で残念な結果に終わったストゥレガーレですが、近況コメントからは、芝の
レースでもう一度チャンスを与えてもらえるようです。
次がラストチャンスになるでしょうから、何としても結果を出すしかありません。
馬場状態にもよりますが、芝のほうがダートより差しがきくと思うので、思い切って
追い込み戦法を試してもらいたいです。
最後方から追い込みならば、外から被せられて戦意喪失ということは無いでしょう。
これでダメであれば、もうさすがに諦めるしかないと思っています。

運命の1ヶ月後、ラストチャンスで「ミラクル」が起こることを、祈ります。



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。


PS:GWは旅行のため、コメントの返信などが遅れます。ご容赦くださいm(__)m
スポンサーサイト

NF空港牧場見学

2009年04月26日 22:31

クラウドバスターの近況が非常に順調で、このまま行けば来月くらいに本州へ
移動しそうな感じだったので、会えるうちに…と見学に行ってきました。
もちろん、ドナシュラークにも会いに行ってきましたよ。


まずドナシュラーク。

DSCF5055.jpg

見せていただいている間に「5本脚」になってしまうくらい、元気が有り余って
いる様子でした(笑)

DSCF5057.jpg

顔のちょいアップ。
とにかくジッとしていないので、まともに取れた顔がこれくらいでした(^^;
なんか大人っぽくなったような気も?

DSCF5062.jpg

治療中の脚。
外から見たら、全くわからないんですけどねぇ…。


元気はいっぱいなんですが、やはりまだまだ運動は制限する必要があるようです。

「半年ぐらいまで、このままウォーキングマシンですかね?」

と聞いてみたところ、

「もっとかかるかもしれません。乗り始めは早くて秋ぐらいになるかも…。」

と言われてしまいました。

最近の近況で、「まだまだ先」と何回も強調されているので、気になってましたが
本当に「まだまだ先」になっちゃいそうな感じです。
同じ手術をしたランザローテが6ヶ月で乗り運動開始していたので、正直言って、
「もうすぐ乗り運動開始になる可能性もあるのでは?」とわずかな期待を持ってた
ので、軽くショックでした…。今年中の復帰は、ちょっと難しそうですね。
このペースだと、調教と言える内容を始められるのが冬くらいになる可能性が高い
ので、冬は無理せず、来年の春くらいの復帰になるかもしれません。
こうなったら覚悟を決めて、気長に待つしかないですね。
とは言いつつ、まだ「予想以上の回復を見せ…」などという近況が書かれる希望も、
完全に捨てきれないのですが(^^;


次はクラウドバスター。

DSCF5063.jpg

筋肉、とくにトモのあたりの盛り上がりが凄くないですかね!?
430㎏という馬体重以上に、大きく見えました。
室内でフラッシュ無し撮影なのに、毛ヅヤも光り輝いています。

DSCF5064.jpg

顔のアップです。
眠たそうに見えるのは、私だけ?

DSCF5067.jpg

正面から。ベロをペロッと♪
胸の筋肉がすごくついているように見えます。


近況に書かれているように、順調そのもので、このまま馬自身に何もなければ、
5月中には動きが出るのでは?ということでした。夏競馬には使えそうです。
ドナシュラークが戦線離脱、ストゥレも低迷中(というか引退の危機)なので、
クラウドバスターが早い時期から走れそうなのは、すごく嬉しいです。
このまま来月まで何事もなく進んで、無事に入厩→デビューしてくれますように。



クラウドバスターは、次に動いている姿で見れるのは、競馬場ですかね~。
厩舎の傾向から行くと小倉デビューが多いですが、順調に進んだ結果、小倉開幕の
前の6月後半~7月前半に体勢が整えば、阪神or福島デビューもあるかも?
近況コメントも評価急上昇↑↑↑という感じですから、期待せずにはいられません。
ワクワクしながら、デビューを待ちたいと思います♪
ドナシュラークも、しばらくは地道な運動が続くと思いますが、感動の復活のために、
いまはジッと我慢して、いい形で乗り運動を開始してもらいたいです。頑張れ~!

ストゥレガーレ7戦目

2009年04月25日 22:08

ストゥレガーレ(牡3)
4/25
25日の京都競馬ではスタートから押して3番手を追走。3コーナー過ぎで
手ごたえが怪しくなり始め後退し11着。「今日は外枠でしたし、前に行った
ほうが有利な馬場でしたのでスタートから積極的な競馬をしました。いい感
じで追走していたいのですが、勝負どころで外からこられると自分から競馬
をやめてしまいました。休みの間に体はよくなってきていると思うのですが、
気性の成長がもっと欲しいですね」(田中健騎手)久々の競馬でしたが途中
から進んで行かなくなってしまい、残念ながらタイムオーバーでのゴールと
なってしまいました。5月25日まで出走できませんが、今後の予定はレー
ス後の状態で決めていきます。


ストゥレガーレ7戦目の結果は11着。(13頭立て11番人気)
1着との着差は5.1秒の大差でタイムオーバー。1ヶ月出走停止となりました。

馬体重は+12㎏。これまではなかなか体重が増えてこなかったので、それなりに
調教を積んできてこのプラスというのは、良い材料だと思いました。
レースはなかなかのスタートからスムーズに前へ。
不良馬場のダートコースは田んぼのような状態だったけど、外からスムーズに前に
つけられて、泥はねなどの影響を最小限に抑えられたと思います。
向こう正面でも、そのままいい位置をキープできていました。
ここまではよかった。「もしかしたら、勝てるかも?」と思わせてくれました。

しかし、3コーナー前で他の馬に並びかけられてからは、アッという間に後退し、
レース後コメントにもあるように「やめてしまった」ようです…。
そのまま走る気が取り戻されることなく、5.1秒差の大差でゴール…。


この時期にタイムオーバーをくらうというのは、あまりにも厳しすぎます…。
時間的なロスだけでなく、能力的な問題も考えて。
この馬の場合、とにかく他馬に後ろから来られるとダメ。致命的な問題です。
変わり身の期待を持って見たレースで、これまでのどのレースよりもハッキリと、
その「問題点」を見せつけられた感じです。
出遅れて追い込んだ4戦目が一番最後までマジメに走っていたように、これはもう
あえて最後方待機で、追い込む競馬をするくらいしか無いんじゃないだろうか?

ただ、その次のチャンスが与えられるかも、正直わかりません。
一応「今後の予定はレース後の状態で決める」ということですが、この結果では、
『決断』されてしまっても文句は言えないところだと思います。

ストゥレガーレ、まさに「崖っぷち」になってしまいました。
今後のクラブ近況コメントを見るのが、ちょっと怖いです(汗)


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

3歳馬近況

2009年04月23日 00:26

ストゥレガーレ(牡3)
4/22
22日は栗東Bコースで追い切りました。「併せた相手を追走して、最後は
少し遅れましたが、やはり単走よりも併せてやった方が動きますね。先週
末に登録した交流競走は残念ながら除外になってしまったので、あまり
待っていても仕方がないので、今週から使っていくことにします。乗り込み
はしっかりしてきているので、あとは実戦で気の悪いところを出さないでく
れればと思います」(木原師)
25日の京都競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に田中健騎手で出走を予定
しています。


ちょっと急ですが、今週末に出走予定となりました!
出資馬最後の出走が12/6ストゥレガーレ未勝利戦ですから、約4ヶ月半ぶりの
出走となります。本当にこの4ヶ月半、長かったです…。
土曜日には3歳未勝利のダ1800mは2つあるようなので、少しでも相手関係が楽な
ほうに出られるといいですね。
リフレッシュもして、馬体も多少増えて出られそうなので、休み明けではりますが
ある程度の結果は求められる一戦になると思います。
ここで全く見せ場も無いようだと、残り時間からも大幅な変わり身を期待するのは
難しそうなので、先の見通しはかなり厳しいと言わざるを得ません。
次の優先出走権を得られる「掲示板以内」は何としても確保して欲しいところ。
自身の未来のために、頑張って結果を出してもらいたいです!



ドナシュラーク(牡3)
4/20
ウォーキングマシン調整を継続しています。「制限はありますが、しっかりと
運動を行えていることで馬体重は522キロと目立って大きくなることはあり
ません。いい傾向です。乗り運動の再開はまだまだ先になりますが、この
分ならいい形で体造りを行っていくことができそうです」(空港担当者)


heart210422.jpg

ドナシュラークは相変わらずですが、今週は写真の更新がありました♪
お父さん譲り(?)の白い鼻面が可愛らしいですね(^^)
早く思う存分、走れる日が来るといいね。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

参観日

2009年04月18日 00:08

今日はふうきの参観日でした。
私も午前中だけ休みを取って、行ってきましたよ。

ふうきは幼稚園での様子を聞いても「知~らな~い」とか言って、ほとんど教えて
くれないので、どんな過ごし方をしているのか、全然わかりませんでした。
ちゃんとクラスに参加できてるのか? めちゃめちゃ気になっていました。
そこにこの参観日。幼稚園での様子を知るチャンス!と、大喜びで行きました。
たぶん、どこの親御さんも気持ちは似たようなものですよね。
子供も不安だけど、親だって不安というか、心配です。
そんな気持ちを和らげるために、このタイミングでの参観日なんでしょうね。


最初は緊張してか、普段いない親たちがいるからなのか、こっちのほうばっかり
気にして全然先生の話も聞いてないし、歌も全く歌ってませんでした。
でも、後半はちょっと慣れたのか、控えめではあるけど、歌を口ずさんだり、
ちっちゃく踊りも踊っていました。
普段から同世代の輪の中に入るのが苦手なので、すごく心配していたんですが、
たくさんの子供の中で先生の歌などに参加できているのを見ると…感動ですね。

DSCF4993.jpg


授業(?)の最中に突然、大きな声で

「おとうさん、あしたはおしごとおやすみなの!?」

と私に向かって話しかけてきて、みんなに笑われちゃうという場面もありました。
出席シールをおたより帳のカレンダーに貼ろうとしてる時で、カレンダーを見て、
今日=金曜日の次は休みの日だとわかって、つい聞いちゃったんでしょう。
土曜日・日曜日はお休みだって教えていましたから。


途中で親たちだけ中抜けするときは、涙ぐんではいたけど、服の袖で涙を拭いて、
イスに座ったまま追っかけてこずに我慢していました。
入園式の時は大泣きして、先生がつかまえている間に私達は逃げるように教室を
後にしたんですが…ちゃんと我慢できるようになって、強くなったなぁ。


教室でふうきの姿を見たのは実質30分くらいだけど、あっという間でした。
普段、見られない姿を見ることができて、本当に貴重な時間でした。
たった一週間しか経ってないのに、思ってたよりも幼稚園に馴染み始めていて、
これなら大丈夫かも?と、ちょっと安心できました。
もうちょっと慣れたら、幼稚園で体験してきたこと、自分から話してくれるかも。
その日を楽しみに、待ちたいと思います。

2歳馬近況(+皐月賞予想)

2009年04月15日 22:54

クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
4/15 NF空港 馬体重:427kg(+1㎏)
屋内周回コースでハロン18秒程度のキャンター1600m、周回ダート
コースでハロン18秒程度のキャンター2500m、屋内坂路でハロン18秒、
15秒のキャンター2本を日替わりで行っています。速めの調教を開始しま
したが、テンションの高揚は見られず、気性面の成長が窺えます。普通
キャンターの際はそう目立ちませんが、速めの時計を出した際の走りは
抜群によく、素質の高さをひしひしと感じることができます。やればやる
ほど良さが出てくるタイプで今後がとても楽しみです。


月の真ん中の更新はアッサリした内容が多いのですが、今月に関してはすごく
内容が濃くて嬉しかったです。(地味ですが、馬体重まで更新されてます。)
各メニューの時計も速められていて、坂路で15秒が週2回になりました。
さらに「気性面の成長」や、後半の誉めコメント連発と、2週間前の更新とは
えらい違いです。速めの調教を開始すると各馬の素質がよりハッキリと見えて
くるという話も聞いたことがあるので、この段階でいいコメントが次々に出て
きたのは、非常にいいことだと思います。
今回の更新の内容を見て、ますますデビューが楽しみになりました♪



先週の桜花賞は馬連で1-3着をくらってしまい、なんとも微妙な結果でした。
今さらですが、ブエナビスタ強かったですね~。
東京2400mに舞台が変わればさらにいいだろうし、負ける姿が想像できません。
ただ、オークスはそれぞれが未知の舞台ということで、2着が荒れる可能性は
高そうです。いい穴馬、見つけたいですねぇ。

と、そんな先の話はさておき、今週は牡馬の第1冠目・皐月賞。
完全に3強ムードですが、私はあえて別の馬から行ってみたいと思います。
軸に予定しているのはフィフスペトル。
キャロ馬ということでひいきしているわけではなく、ここまでさまざまな条件、
戦法で走ってきましたが、全て3着圏内と安定感は抜群です。
前走は直前でいろいろあっての急遽参戦だったのにも関わらず差のない3着。
しっかり照準を定めた今回は、3強に割って入る可能性も十分あると思います。
胴が短い体型から、距離が…と言われているようですが、少なくとも血統からは
距離は持ちそうだし、こなせると信じてみることにします。
相手はここからロジユニヴァース、巻き返し期待のセイウンワンダー。
先週の流れから、「ワイド」で2点に流してみようと思っています。
そろそろ、今年最初のG1的中といきたいところです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

入園式

2009年04月09日 23:02

今日はふうきの入園式でした。
前の日から、親と離れて集団に入って、無事に過ごせるのか心配でした。
果たしてどうなるのか…。

朝からいきなり「行きたくない!」攻撃に出られることも覚悟してたんですが、
「早く制服着て幼稚園行こ~よ!」と、意外に乗り気。
幼稚園到着までは、順調。第1関門はスムーズにクリアできてホッとしました。

DSCF4886.jpg

到着後、私達&嫁さんの実家の両親と一緒に教室で待機してから10分程経ち、
全員が揃った頃に、先生が入ってきて、軽く今日の説明が始まりました。
そして説明が終わってから、先生が

「それでは、ご家族のみなさんはホールに移動してください!
 名残惜しくなるので、ササッと振り返らずに移動してくださいね~!」

…えっ!? ということは、ここからふうき一人で教室に残るの?
あまりに突然の別れに、私もちょっと驚いてしまいました。
ふうきも何が起こったかわからず、私達についてこようとしますが、先生に説得
されて、教室に留まらされてます。
中にはこの時点で号泣している子もおり、泣き声と叫び声と悲鳴が入り交じる、
異様な雰囲気の中、振り返りたくなる気持ちを抑えて、教室を出ました。
ホントに無事に入場してこれるんだろうか…?

それからしばらくホールで待ち。子供達が入場してきました。
あまりにも泣くので親を呼ばれる子、一直線に家族席のほうに向かってくる子、
そしてさらに音量を増す泣き声。もー、「修羅場」って感じでしたね。
そんな中、ふうきはと言うと…一応、ちゃんと列におさまって、泣かずに入場を
しておりました。なんとか、頑張っているようです。

でも、さすがに最後までってのは無理だったみたいで、歌を2曲くらい歌った
ところで立ち上がり、泣き顔でこっちに向かってきちゃいました。
そこからは嫁さんが付き添って、一緒に入園式に参加しました。
後で先生から聞いた話では、入場して座ってからすぐに、泣いてたらしいです。
それでもその場で限界まで我慢して頑張っていたんですって。
後ろから見ると頭だけしか見えず、大人しく座ってるように見えたので、全然
気付かなかった。
泣いちゃったけど、さびしさに耐えて、ふうきなりによく頑張ったと思います。
教室で別れた時点で走ってこなかっただけでも、成長したよ。ふうき。

DSCF4908.jpg

入園式、かなり心配していたけど、なんとか頑張ってこなしてくれました。
感動~っていうより、ホッとした気持ちのほうが大きいかもしれません(^^;
とにかく「修羅場」な雰囲気で、無理矢理一通りの次第を消化していく…って感じ
だったので、お祝いイベントっていうより、「親離れの訓練」みたいでした(苦笑)

既に帰ってきてからも「明日は、幼稚園行かない!」発言が飛び出しているので、
明日からも引き続き大変そうですが、慣れるまで親子で頑張るしかないですね。
実は約1週間後に早くも参観日があるので、その時にふうきの成長を見るのを、
楽しみにしたいと思います。

DSCF4939.jpg
※入園式が終わった後、みんなでカフェでケーキを食べました。
プレッシャーから解放されて、生き生きしてました(笑)

パーフェクト種牡馬辞典

2009年04月08日 23:24

「パーフェクト種牡馬辞典」の09-10年版を購入しました。

DSCF4869.jpg

種牡馬ごとの各種データだけでなく、現役時代のエピソードや血統背景などなど、
読み物としても非常に内容が充実しています。
田端氏の独特のユーモア・表現は、読んでてちょくちょくニヤリとさせられます。
血統好きの私には、たまらない一冊です♪


そして、今年の種牡馬辞典には、私を大喜びさせる内容がありました。

なんと、ホワイトマズルの「代表産駒」の欄にドナシュラークの名前が!!!

現時点で2歳500万条件を勝っただけのドナシュラークが、まさかここで名前を
あげてもらえるとは思いませんでした。
賞金額や勝ち鞍的にも、まだまだ格上の馬はいるはずなのに…。ドナシュラークの
素質を認めてもらえたような気がして、ものすごく嬉しかったです。

「代表産駒」に載せたからには注目してるということでしょうから、今年復帰して
1,2勝を更に積み上げられれば、来年のこの本でコメントをもらえたりするかも
しれませんね。復帰戦がますます楽しみになりました。

ずっと買い続けていたお気に入りの本に、出資馬の名前が載るとはなぁ~♪
久々にドナ絡みで嬉しいニュースでした。



・桜花賞予想
配当的に荒れることはありますが、桜花賞での連対馬はほぼ例外なく、過去に重賞
での好走実績(重賞連対、またはトライアル3着)があるようです。
穴馬はトライアルで好走しても軽視されたか、近走不振の重賞連対経験馬ですね。

ということで、「1強」ブエナビスタから、1200m重賞以外の好走実績を持つ馬に
流そうと思います。うまくいけばヒモ荒れで好配当GETもできそう?
全部となると頭数が多すぎるので、血統などから少し削って6頭へ。

軸:ブエナビスタ
相手:イナズマアマリリス、ジェルミナル、ワンカラット、ダノンベルベール、
ルージュバンブー、ヴィーヴァヴォドカ。
(回避馬が出た場合の補欠→サクラミモザ、アイアムカミノマゴ)

2歳馬近況

2009年04月04日 23:31

クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
3/31 NF空港 馬体重:426kg(-1㎏)
屋内周回コースでダク800mとハロン18~20秒のキャンター1600m、
周回ダートコースでダクとハロン18~20秒のキャンター2500m、屋内
坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を週2日ずつ行っています(週
1日はハロン15秒を計時)。この中間は意図的に様々な調教環境に触れ
させていますが、これが功を奏しているようで特に周回コースではムキに
なって走るところがなくなりました。課題でもあった坂路でのキャンターは
まだテンションが上がり易く、落ち着きを欠くことがあるのでメンコを着用
するなどできる限りの対処を行っていますが、以前と比較して力みは取れ
てきました。馬体重に変化はありませんが、着実に力をつけていることは
間違いないので気性面の成長が今後のカギとなりそうです。なお、本馬は
4月23日、24日に行われる第一回産地馬体検査を受検予定です。


今回(3月)
milenium2103.jpg

前回(2月)
milenium2102.jpg

気性面の問題を抱えつつも、ついに坂路で15秒を計時するまでになりました。
産地馬体検査も受検する予定ですし、やはりデビューは早くなりそうです。
ドナ・ストゥレも、この時期はまだ15秒台突入してませんでしたからね。
それにしても、メンコの着用など、いろいろと手を尽くしてくれてはいますが、
かな~り、気性的に難しそうな雰囲気を醸し出しておりますね…。
坂路では力みやすいがコースでは大丈夫、ということで、平坦の短距離あたりが
向いていそうな感じです。やはりデビューは小倉芝1200mかな?
ギム産駒は長い直線の競馬場が得意なので、新潟芝1400mとか、もっと合いそう
ですが、厩舎の傾向から、まず行かないでしょう。
しかし、ストゥレといい、ギム産駒は気難しい馬が多いんでしょうかね(^^;
(たまたま私が気難しい馬に続けて当たってるだけかもしれないけど。)



今月のキャロ会報に、少し前にあったアンケートの結果が載せられていました。
意見の多かった項目に対して、クラブの回答や対応が掲載されています。
アンケートを取って、クラブ会員の声を聞くというだけでも、頑張ってるなぁと
思っていたのに、さらにここまで丁寧な回答までしてくれるとは驚きました。
なかなかできることじゃないですよね、こういうことは。
当然、全ての要望を叶えられるわけではないけど、何故無理なのかということを、
クラブがちゃんと回答してくれるだけでも全然違うと思います。
気になっていることも、電話をしてまで聞くというのもなかなか難しい。
そういうことも、こうやって誌面に載せてくれれば、モヤモヤも晴れますよね。

最近はレース後の更新もその日のうちにしてくれるし、他にもいろいろな改善点が
あったので、十分すぎるくらい満足してたのに、さらに上を行ってくれそうです。
会員のことを考えてくれる、素晴らしいクラブだと、キャロットに入会して本当に
よかったと、改めて感じました。

ちなみに回答項目の中で、会員が一番気になるのは多分「抽選方法」でしょうね。
今までは完全抽選でしたが、会員の急増で競争がさらに激しくなって、なかなか
欲しい馬に思い通りに出資できない現状です。(私も新参の部類ですが。)
それに対して、「ポイント制」の導入を検討しているとの内容でした。
例えば、100ポイントを、1頭には80、もう1頭には20ポイント等に振り分けて
応募、抽選になった場合は、ポイントの多い人から当選…みたいな感じ?

私みたいに1年に1~2頭くらいしか出資しない人には、ポイントを狙った馬に
集中させやすいので、ありがたい制度と言えるでしょうけど、多頭数買いたいと
いう人は、ポイントの振り方が非常に難しく、下手に分散させると当選の頭数が
激減してしまうことも考えられるので、あまり歓迎されないでしょう。
どんな方法でも、全ての人が満足することはないけど、難しいところですね。

今年はディープの子が出てきたり、06産世代大活躍の後なので、さらに競争が
激しくなるでしょうから、抽選方法をどうするかは、かなり影響あるでしょう。
まだ検討段階で、他の方法になる可能性もあるので、今後も注目したいと思います。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。