--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳馬近況

2008年11月28日 23:20

2歳馬が毎週更新なので、1歳馬の月イチ更新が長い間隔に感じますね。
しかし、今回の更新は待った甲斐があったと言える内容でした。


ミレニアムポップの07
馬体重432㎏(+12㎏)

周回コースでダク800m、軽めのキャンター1600mを行っています。
乗り始めてからの進展には見るべきものがあり、柔らかいフットワークで
リズムよく走ることを会得してきました。また頭をグッと下げた、重心の低
い理想的な走法を見せている点も見逃せません。どの面においても順調
に進んでいることは間違いなく、この調子でいけば近いうちに坂路調教を
開始できるでしょう。牡馬としては少々小柄な造りではありますが、まだ
まだ成長を遂げそうな雰囲気がたっぷりあります。徐々に落ち着きが出て
きたように気性面の成長が成されることも喜ばしい限りです。


今月
milenium2011.jpg

先月
milenium2010.jpg


柔らかいフットワーク、重心の低い理想的な走法、成長を遂げそうな雰囲気、
落ち着きが出てきた…。なんか、ベタ誉めじゃないですか?(^^)
唯一心配な馬体重も、先月に比べてプラス12㎏と大幅増です。
写真のほうも、体重が増えたにも関わらず先月より全体的に筋肉の起伏がより
ハッキリ見えるようになって、ギュッと締まった気がします。
そしてこの馬は、相変わらず馬体の張りツヤが素晴らしいですね。
良く見えるのは、私が素人でいいとこしか見えないからでしょうか?(笑)
今のところ不安らしい不安は全くなく、順調に進んでいきそうです。
来年が非常に楽しみです。



2歳馬2頭は特に大きな変化は無し。
来週、遅くても再来週の更新で次走がどうなるか情報出そうな感じかな。
楽しみに(ドナシュラークは多少ドキドキも)しながら待ちたいと思います。



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。
スポンサーサイト

先週末のできごと

2008年11月25日 23:12

・ふうき

青森に行くために、憧れのスーパー白鳥に乗ることができて大喜びでした。
函館で特急北斗からスーパー白鳥に乗り換える際、時間の都合で間に昼食を
挟んだのですが、昼食の間も「はやく、スーパー白鳥に乗りに行こう!」と
大騒ぎしておりました。
まだ駅に来てないよ、と言っても気持ちが先走りすぎて左の耳から右の耳へ~。

そして、いよいよご対面。

DSCF3938.jpg

「うわぁ~、スーパー白鳥だぁ~!」と、かなり感激した様子。
DVDやプラレールで見るだけだったけど、実物に会えてよかったね。

スーパー白鳥に会える喜びで札幌~函館間も興奮しっぱなし、そして実際に
対面した興奮でさらにテンション上がって、結局、札幌~青森間で一睡もせず
長距離移動を乗り切りました。(ちなみに、帰りも興奮で一睡もせず。)
大人でも疲れる距離なのに、「憧れの存在」のパワーって偉大ですねぇ。



・サユキ

青森でふうき+イトコ2人達と一緒に過ごして刺激を受けたからか、行く前と
帰ってきてからではかなり様子が変わりました。
言葉で表すのは難しいけど、動きがしっかりしてきて、力強くなりました。
そして、感情をより強く、表に出すようになった気がします。

昨日はなかなか寝付かなくて、嫁さんが顔を近づけて、「寝ないとダメだよ~」
と言った瞬間。手を振り回して嫁さんの顔(目?)を…ガリッ。
しかも、痛がる嫁さんを見てケタケタと大笑いしていました。
今までよくわからないでイタズラしてた感じなのに、確実に狙ってやりましたね。
普段慣れない環境で、しかも同年代の子供に揉まれる経験というのは子供の成長に
大きなプラスとなる刺激になるようです。本当に別人みたいですもん。




・一口出資馬

ついに2歳で5戦目となったストゥレガーレ、結果は14着と大敗でした。
スタートは今まででも一番いいくらいでしたが、どうやらモタれたり手前を変えな
かったりと、気性面での難しさが出てしまったようです。
それでも、この大敗の後でも、木原センセは「気性の成長が必要」としながらも、
「いつでも勝ち負けできる力がある」とこちらが驚くくらい強気のコメントです。
よほど馬の素質に自信が無い限り、掲示板に載ったことがなく、3秒以上離されて
負けた直後にこのコメントは出せないのではないでしょうか。
結果にショックを受けたけど、このコメントでかなり持ち直しました。
さらに続戦のようなので、引き続き変わり身に期待したいと思います。
次走が年内になれば、なんと2歳で6戦目。恐るべきタフさですね。

ドナシュラークは公式更新はないものの、調子がやっと上向いてきたとの情報も。
一時は回避の可能性が強まった中京2歳S、使えそうな雰囲気になってきました。
激走の疲れが心配されますが、陣営は「まだエンジンに体がついてきていない」と
いうコメントも出しており、まだこれからの馬という認識をもっているようなので
将来に影響が出るような無理を2歳時にさせることは無いでしょう。
ダメージが残ると感じれば回避の選択をするでしょうし、使ってきたならそういう
心配がなく、勝ち負けできる状態だと判断したということだと思います。
どちらに転んでも、いろいろと手を尽くしてくれたというウワサなので、陣営への
感謝は忘れないようにしたいものです。今後も、長く楽しませてくれそうです。

2歳馬近況

2008年11月20日 23:07

昨夜から一気に雪が降って、札幌はもう冬の景色になってしまいました。
気温も急に下がったので、歩道は分厚い氷が張ってツルッツルになっています。
転んで怪我とかしないように気を付けなければ~。
そんな心配をよそに、ふうきは雪を見て大喜びでした。
今年の冬は去年よりもいろんな雪遊びを一緒にできそうなので、そういう面では
いつもより楽しみな冬でもあります。


さて、2歳馬の近況です。
(1歳馬は今月末の近況から、掲載することにしたいと思います。)


ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

11/20
19日は調整程度。20日は栗東DWコースでの追い切り。
「水曜日は坂路で調整しましたが、ヨレながら走るなど気の悪い
ところを見せていました。
心配しましたが、今朝の追い切りはそんなところも見せず、いい
感じでしたね。使ってきていますが、まだ真剣に走っていませんし、
気の悪さを出さなければいい勝負ができるはずです。
状態もいいので、今週使っていきます」(木原師)
23日の京都競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に田中健騎手で出走。


来週出走予定でしたが、1週間前倒して今週出走となりました。
といっても、中2週空いているので間隔が詰まっている感じは無いです。
メンバーを見る限り、抜けて強い馬もいないように感じます。
とにかくスタートを5分に出て、上手く流れに乗ってもらいたいところです。
そうすれば、チャンスはあるはず!


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

11/20
「相変わらずゴトゴトしており、今週頭から強い消炎剤を使って、
だいぶマシにはなりました。獣医によると、お尻のあたりの痛みと
筋肉痛だと言うのですが、このまま来週頭まで乗れないようなら、
年内の出走はやめることにします。もう2勝しているし無理はさせ
ない予定でいます」(羽月師)
今のところ12月14日の中京競馬(中京2歳S・芝1800m)に
北村友騎手で出走予定。


前走でレコードと0.3秒差の激走をした反動か、疲れが抜けないようです。
ウワサでは、長針治療なども行っているようです。一生懸命に走る馬なので、
1戦1戦の消耗が他の馬よりも大きいのかもしれませんね。
羽月先生も状態最優先で無理をさせない考えのようなので、来年のクラシック
路線での活躍を楽しみにしている私としてはそのほうがありがたいです。
状態を見極めて、出走か、休養か、適切な判断をしてくれるでしょう。
でも、来週の更新を見るときはかなりドキドキしそうです。どうなるかなぁ。



今週末は青森のほうに旅行の予定です。
ストゥレガーレのレースを見れないのが、ちょっと残念。
いい結果を出して「見てない時に限って~!」と悔しがらせて欲しいです(笑)



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

レゴブロック

2008年11月16日 23:30

DSCF3905.jpg

写真はふうきがブロックで作った地下鉄の「南北線、東西線、東豊線」です。
ちゃんとそれぞれのイメージカラーで作ってあります。
※南北線=緑、東西線=赤、東豊線=青

私の手出し口出し無しに、気が付いたら一人で作っていたのでビックリしました。
少し前までは、私にアレ作れコレ作れと言うだけだったのになぁ。
(まぁ、今もアレ作れコレ作れと言うことも多いんですけど。)

ちなみに、各車両の前と後ろに着いている黄色と赤のブロック。
これは電車のライトだそうです。黄色が前で、赤が後ろ。
私は全然知らなかったんですが、地下鉄に限らず、山手線や新幹線でも、前方向の
先頭車両のライトは赤で、最後尾の車両のライトは赤のものが多いようです。
いつの間にやら、自分で発見して、黄色=前、赤=後ろで覚えていたみたい。

プラレールでも、このライトの色はちゃんと再現されているので、間違って赤の
ライトの車両を前にして走らせると、バックしたらダメ!と怒られます(^^;
意外に、こういう細かいところにこだわりを見せるふうきです。


DSCF3906.jpg

こちらは、私がレゴブロックで作った(作らされた)南北線。
ブロックの種類が少なくて、大雑把な作りになっております…。ふうきはこれでも
喜んでたけど、本当はもっと、細部にこだわってリアルに作りたかったのです。
もっと部品を、買い足したくなってきた…。

私も実は、レゴ歴長いんですよね。小学校、いや、中学校くらいまで遊んでいたん
じゃないかな?(滅多にオモチャ買ってもらえないので)
今回、ふうきに作ってあげるという名目のもとで、やっていましたが、途中からは
自分が楽しくて、作ってたような気がします。やっぱり楽しいです。レゴブロック。
いろんな遊び方を長く楽しめて、世代を問わないオモチャだと思っています。


でも、こんな楽しいレゴブロックだけど、今は注意が必要。
ふうきが地下鉄を作った、幼児向けのサイズが大きいブロックは大丈夫なんだけど、
普通のサイズのレゴブロック、これはサユキが簡単に飲み込めちゃうサイズ。
ふうきも「ちっちゃいほうのブロックで遊びたい!」と言うけど、サユキが寝たあと
限定にして、普段は我慢してもらっています。

早くサユキも口に物を入れる時期が過ぎて、一緒に遊べるといいんですけどね。
あと半年くらいの、辛抱かな~。

おしゃべり、はじめました

2008年11月14日 22:44

最近、子供の話はふうきを中心に書いていた気がするので、サユキの成長っぷりも
書いてみたいと思います。

ハイハイのスピードもあがり、つかまり立ちもお手の物。
もう少しで9ヶ月になりますが、あと1~2ヶ月で歩くんじゃないかという勢いです。
何でも触りたいお年頃なので、テーブルの上にもうかつにモノを置いておけません。
嫁さんの携帯は、すでに歯形をいくつかつけられています(^^;
ふうきの時と比べて、勢いというか、度胸がある気がしますね。
何をするにもためらいが無いので、ちょっと目を離すと恐ろしいことになります。

でも、度胸はあっても、お母さんが見えなくなるとすぐ泣いちゃいます。
後追いはふうきの時よりも凄くて、お母さんに対する執着が強い気がします。
泣いたときに私が抱っこすると、手を突っ張って体ねじって全力拒否体勢!
ふうきはどちらかというと、お母さんというより「おっぱい」に執着していたので
将来に卒乳できるのか、不安になったものでした。(以外にスンナリだったけど)

意味のある言葉もしゃべりはじめました。一番ハッキリしてるのは「ばいばい」。
私がスーツを着始めると「ばっば、ばっば」と言いながら手を振り始めます。
すんごい笑顔でするんですよね~。親バカだけど、かわいいです。
嫁さん、ふうきと一緒にお見送りしてくれるのが、朝の楽しみです。
他には「パン」も覚えたみたい。
私が朝、パンを食べ始めると、「ぱん、ぱん、ぱん」と言いながら、遠くからでも
凄いスピードと迫力でパンを奪いにやってきます。
食べ物が絡むと、何かスイッチが入る気がするサユキです。食欲が凄い。

新しいことがいろいろできるようになって、その都度褒めてあげるんですけど、
サユキを褒めるとふうきもマネしてやりはじめるんです。
サユキに「ぱん、ぱんって言えるんだね~。」って言うと、あっちのほうから
「ぱん! ぱん! ぱん!」ってふうきの声が。
室内用の車にサユキを乗せれば、僕も僕もと言うし、逆にサユキもふうきが
おもちゃで遊び始めるとそっちに行きます。(そしてたびたび衝突する)
やっぱり、お互いに意識しているんでしょうね。きょうだいって、面白~い。

言葉を話し始めると、また可愛さが増しますね。
会話ができるようになれば、さらに可愛さが倍々。今から楽しみです♪

ハンドルネーム変更のお知らせ

2008年11月09日 23:26

突然ですが、HNを変更することにしました。

新HNは「じゃす」とさせていただきます。

大変恐縮ですが、リンクをしていただいている方には、管理人名のほうを変更して
いただけると嬉しいです。お手数をお掛けしてすみません。

これからは新しいHNで、新しい気持ちで頑張りたいと思いますので、今後とも
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2歳馬近況

2008年11月05日 22:57

ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

11/5
「こちらが思った以上に強い競馬をしてくれました。レース後、馬も元気いっぱいです。
ただ、長距離輸送の往復で、馬体は少し寂しく映りますので、まずは馬体回復を考えて
ケアしていきたいと思います。G1もありますのでまだ次走は検討中ですが、なるべく
いい馬場で走らせたいということと、気性的に長距離輸送がどうかという気持ちがある
ので、中京2歳Sがいいかな、と思っています」(羽月師)次走はまだ未定も12月14日
の中京競馬(中京2歳S・芝1800m)を視野に入れている。
11/4
2日の福島競馬では好スタートから先頭に。向正面で上手く溜め、勝負どころから後続に
接近されるも一度も前を譲らず逃げ切っての優勝。「マイナス12キロでの出走でした。
輸送は問題なくこなせていましたが、レースの朝にかなり入れ込んでしまったので理想
としていた470キロ台よりはやや少なくなった状態でしたね。ただし、前走に比べれば
全然イレ込みはきつくなかったし、何とかいい走りをして欲しいと思って送り出しました。
実際はジョッキーが上手くのってくれたのもありましたが、すごく強い勝ち方をしてくれた
ので今後が非常に楽しみになりました。今後はまず減った体を戻してあげ、疲れを癒して
あげることに専念します。あまり環境を変えないほうが良さそうなので、今のところ厩舎に
おいて様子を見るつもりです。その後の状態を見た上で具体的な予定を組んで行こうと
思っています」(羽月師)
「折り合いが肝心と聞いていたし、返し馬の時にもガッと行きそうな雰囲気があったので、
レースでは変にいじらない方が良さそうだなと思っていました。出たなりで自然と運べれ
ばと思っていただけで、逃げにはこだわっていませんでしたが、自分より速い馬もいませ
んでしたから自然と逃げる形になりました。楽に行けはしたのですが、道中もハミを咬ん
で走っていました。それでも最後までしっかりと走って前を譲らないのですから、これまで
乗ってきた2歳の中でも勝負根性という面ではかなりのものを持っていますね。派手な
勝ち方をしてしまいましたが、それだけの能力を持った馬だと思います。折り合い面が
難しくて今後も課題なのは間違いありませんが、今日のような形に徹して競馬を覚えさ
せていったほうがいいのかもしれません。距離は長くていいタイプとは言えませんが、
1600~1800mくらいでより良さが発揮できると思いますよ」(北村友騎手)


北村騎手、ドナシュラークの勝負根性を絶賛してくれています!
羽月先生は高い評価のコメントだけでなく、体調面に関するコメントをたくさんしてくれていて、
ドナシュラークのことをよく見て、本当に大事に扱ってくれているなという印象を受けました。
次走はどうやら中京2歳Sとなりそうです。(ウワサでは北村騎手らしい?)
正直、G1出走か~!?と期待もしていたのですが、ドナシュラークのためにはいい選択だと
思います。
今回は輸送などでだいぶ体重が減ってしまったようなので、輸送が短くて済むのはいいですね。
1600mでなく、1800mという距離も先を見据えたものだと思います。
ここで賞金を加算できれば、春のG1はどれも確実に出走できるでしょう。
5戦目になるけど、ここを使ったらお休みももらえるだろうから、あと少し頑張れ~! ドナ!


ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

11/5
ダートで砂を被ったら嫌気をさすのではないかと心配していましたが、最後までしっかり
走っていました。あの内容ならメドがたった感じはしますね。レース後、馬体に問題は
ないですし、元気いっぱいなので、このまま在厩で次走を考えます」(木原師)
11/4
2日の京都競馬ではスタートでやや後手を踏み、後方からじっくり進める。4角から追い
出すと最後までジリジリと伸びて7着。「砂を被っても全く問題なかったしダートのほうが
良さそうですね。スタートで煩いところを見せたり直線で少しもたれたりと、若さはまだ
残りますが、今日は最後まで気を抜かずに頑張ってくれました。次はさらに良い走りが
期待できると思いますよ」(田中健騎手)「初めてのダートということで砂を被ってどうかと
思っていましたが、今日の走りを見ると問題はなかったですね。ラストはしっかり伸びて
いたし、ダートの適性はありそうです。何かきっかけがほしいと思っていたので、この
一戦が逆にいい刺激になったかもしれません。レース慣れしてくれば変わってくるで
しょうし、次も同じような条件で続戦していくつもりです」(木原師)


なんと、まだまだ続戦するようです!
これだけ連戦しても元気いっぱいとは、ストゥレガーレの丈夫さには恐れ入ります。
次はスタート五分に出て、できれば中団より前で競馬をしてもらいたいところです。
きっと、今回以上の結果がついてくると思っています。


このまま行けば、今年だけで出資馬の出走が二桁に届きそうです。
2頭の頑張りには、本当に頭が下がる思いです。
特にドナシュラーク、毎回違う競馬場で走っており、中京2歳Sに無事に出走して
くれれば中央10場のうち半分を、2歳のうちに走ることになります。
現役の間に、10場全て制覇してしまうことも、有り得るかもしれませんね!
札幌記念でその快挙を達成してくれないかなぁ~と、そんな妄想もしています(笑)


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

ストゥレガーレ&ドナシュラーク4戦目

2008年11月02日 21:15

今日は初の出資馬ダブル出走となりました。
どっちも本当によく走って楽しませてくれます。
もしかすると、キャロ06産2歳世代でこの2頭が現時点最多出走じゃないかな?
(違ってたらすみません)


まずは京都1R・2歳未勝利(ダ1800m)にストゥレガーレが出走。
パドックはいつものようにまずまずいい感じ。
しかし、ゲートに入った後にちょっとウルサイ仕草を見せていました。
「この状態でスタート切られたらマズイなぁ」と思っていたら案の定、スタートで
後手を踏んで向こう正面では最後方。これは厳しい…。

最終コーナーで外を回し、いつも失速してしまう直線へ。
すると…思ったよりも伸びてきそうな感じ!?
すぐに画面からは切れて見えなくなってしまいましたが、今回は諦めずに走った
ようで、7着まで順位を押し上げてゴール。

勝ち馬からのタイム差は決して誉められたものではありませんでしたが、直線は
今までで一番見所のある走りだったのではないでしょうか。
スムーズに前に付けれていれば、もしかすると掲示板はあったんじゃないかなぁ。
基本的に前有利のダート戦で、向こう上面最後方はキツすぎますからね。
ようやく直線でマジメに走る気が出てきてくれたようなので、次のレースでは
さらに着順を上げてくれるんじゃないかな。
このまま続戦か? それともそろそろ放牧を挟むのでしょうか?



そして福島9R・きんもくせい特別(芝1700m)にドナシュラークが出走。
パドックはあまり長く放送してくれませんでしたが、うるさくはない様子。
体重もマイナス12㎏と、キッチリ絞ってきました。解説者の評価も上々です。

そしてレース。
なかなかのスタートから、最初のコーナーを最内経済コースをビタッと走り、
外を回すマイヨールに3,4馬身ほどのリードを取り、逃げの体勢。
向こう上面では差を詰められて1馬身差程になりましたが、意外にマイヨールが
ドナシュラーク以上に手綱をガッチリ抑えの体勢。
ここで競りかけてこられなかったのは非常にありがたかったです。
相変わらず多少抑えてはいたものの、今までで道中は一番気分良く走ることが
できていたように見えました。

最終コーナーではマイヨール、ダノンフーバフーバが追い始めましたが、楽な
手応えのドナシュラークとの差を全く詰められません。
直線に向き、ドナシュラークが追い始めると…あとは差が広がるのみ。
3馬身、4馬身、5馬身…。もう、痺れるような走りでした。
前走と違ってハラハラすることも全くなく、後続をちぎりまくる愛馬の走りを
悠々と眺めて楽しむことができました。
結局、着差にして6馬身、タイム差にして1秒の差を付けてゴール。圧勝!

勝ちタイムはレコードにわずか0.3秒差という素晴らしいもの。
さらに過去のレース(新潟開催時を除く)を見ると、過去のきんもくせい特別で
上がりが35秒を切った馬はナリタブライアンを含め1頭もおりません。
それを逃げて34.9秒の上がりを使うのだから、これは凄いことですよ。
馬場の違いもあるかもしれませんが、改めてドナシュラークの力を感じました。

10/28の日記にも書きましたが、本当に大きな一勝を上げてくれました。
賞金的にも楽になったし、内容からも今後が本当に楽しみです。
ウワサによるとかなりの時間をかけて輸送したようだし、レースの疲れもあると
思うので一息ついてからだと思いますが、次はどこを使うのでしょう。
朝日杯でG1に挑戦!となると、めちゃめちゃ興奮しそうです。
今後の更新で目標が発表されるのが、非常に楽しみです!



今日はドナシュラークの勝利に加えて、天皇賞秋の馬券も馬単1点で的中して、
本当にいい1日になりました♪
いいことありすぎて、来週以降に反動があるかもしれませんね(笑)
車ぶつけたりしないよう、運転などに気を付けたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。