--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳馬・ダブル出走!

2008年10月30日 22:12

ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

29日は栗東DWコースでの追い切り。「馬なりで6ハロン81秒くらいと、動き、
時計ともに申し分ありません。元気すぎるくらい元気で、競馬に向かう段階と
しては不安な点はありません。競馬に行ってからは気性的なことなど気になる
点がないわけではありませんが、ジリジリ伸びる脚質からも福島は合っていそ
うですし、頭数も手ごろになりそう。楽しみですね」(羽月師)
11月2日の福島競馬(きんもくせい特別・芝1700m)に北村友騎手で出走。


有力馬もだいぶ他場に流れて頭数が少なくなり、相手関係も楽になりました。
羽月先生の絶妙なレース選択に感謝ですね。
調教の動きもよかったようで、あとは当日の折り合いのみでしょう。
マイヨールと競り合う形にならないことを祈るだけです。
2連勝、本気で期待してもよいと思います! ワクワクしますね~!


ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

30日は栗東DWコースでの追い切り。「今朝は坂路からDWコースに行っ
たのですが、どちらのコースでも少し煩いところを見せていました。ただ、
DWでは6ハロン86秒くらいに、ラスト1ハロン12秒台。前走時に比べる
とだいぶ良くなっているのは間違いありません。終いもいい走りをしていま
したし、やはりあとは気性の問題で、気持ちが向けばもっと走れるはず。
ダートで目先を変えることで進境が見られればと思います」〈木原師)
11月2日の京都競馬(2歳未勝利・ダ1800m)に田中健騎手で出走。


突然でしたが、今週出走することになりました。
調教で一杯に追えているように体調に不安は無いようなので、間隔を詰めることで
いい刺激が加わるんじゃないかと思っています。
他の出走馬は前走で勝ち馬から1秒以上離されてる馬ばかりで(ストゥレガーレも
そうですが)、こちらも相手関係は今までより少し楽になった感があります。
芝でも先行できるスピードがあるし、減量騎手なのでダッシュもつけやすそう。
前目に付けて、そのまま気を抜かずにゴールまで粘りこんでくれないでしょうか?


ストゥレガーレの出走も決まり、初の出資馬2頭そろい踏みとなりました。
なんとも贅沢な週末となりそうです。
どちらもいい結果が出ますように!
スポンサーサイト

久しぶりの更新になっちゃいました

2008年10月28日 23:30

先週から、突然ネットが不通になってしまってお返事や更新ができませんでした。
ネットが使えないと、本当に不便ですね。
それを直す方法すら、ネットがないと満足に調べることができません。
復旧作業にもかなり時間がかかって、ストレスが溜まりました…。
無線LANを入れ直したら直ったんですが、なぜこうなったかはわからないまま。
いったいなんだったんだろう…?



先週の週末には、ふうきの七五三の写真を撮りに行ってきました。

こないだサユキの100日写真を撮ったとき、ついでに家族の集合写真も撮ろうと
したんですけど、写真を取る部屋が怖い、着物に着替えたくないと大騒ぎをして、
結局一人だけ普段着で、しかも半泣きで写真に収まったのでした。
そんなことがあったので、今回もどうなることか…と、すごく心配していました。
予約も取ったのに、行ってから「イ・ヤ・ダ!」と拒否られるんじゃないかと…。

しかしそんな心配をよそに、当日は自分の好きな青色の着物を着ると大張り切り。
写真館のおねえさんに人見知りすることもなく、着替えもさせてもらって、撮影の
時も、カメラマンのおじさんの指示に素直に従って、楽しそうにやってました。

「いいお顔して~」

「にこーっ!」

いい表情の写真がいっぱい撮れました。
顔が和風、頭が坊主ってことで、着物もよく似合っていたと思います♪
(百日写真の時も、タキシードとかより「相撲取り」が一番似合ってました(笑))
写真ができあがってくるのが楽しみです。
3歳になったからなのか? また成長したなぁって思わされました。
知らない人に囲まれて、こんなに堂々と写真撮影してくれるなんて思わなかった。
来週末には幼稚園の面接もあるけど、うまくこなしてくれるんじゃないかな。



一口馬主のほうは先週の出走はありませんでしたが、今週末にはドナシュラークが
福島の500万下条件・きんもくせい特別に出走します。

他場に回りそうな馬もいますが、出てきそうな中ではストゥレガーレの新馬戦で
勝ったダノンフーバフーバ、OP3着があるマイヨールが気になります。
特にマイヨールは逃げ脚質ということで、脚質が被っているので要注意かも。
父がセイウンスカイなので、同じレースでなければ応援したい馬なんですけど…。

もし勝ってくれれば、暮れの大舞台に間隔に余裕を持たせて進めるだけでなく、
2勝していれば来年のトライアルに出る賞金は足りるので、その後も冬場に無理を
せずゆっくり充電期間に充てることができて、今後のことを考えても大きな1勝に
なるのではないかと思っています。

開催時期や条件、相手関係を見ても、非常にいいレース選択ではないでしょうか。
過去の傾向からは前に行く馬が有利なので、マイヨールを行かせて2番手くらいに
つけられれば理想的。競り合って必要以上にペースが上がるようなことにさえなら
なければ、直線では前走以上の粘りを見せてくれるはずです。
前走からの上積みを考えれば、この条件でもじゅうぶんに通用すると思ってるので
良い結果を出してくれることを期待したいと思います!


ストゥレガーレは次走はダートを使うようです。
減量騎手らしいですが、馬格が無いので斤量が軽くなるのはプラスですね。
そろそろ変わり身を見せて欲しいところです。

ミレニアムポップの07も近況が更新され、特に問題なく進んでいるようです。
でも、「他馬より敏感」「テンションが上がりやすい」と気性面ではちょっと心配な
コメントも…。まだ1歳なので、これから成長していってもらいたいですね。

土日のできごと

2008年10月19日 23:32

・土曜日

なかなか平日書く時間が無くて、結果だけの報告になっちゃいましたが、
ストゥレガーレが出走(3戦目)。6番人気で10着という結果でした。
スタートも普通に出て、直線に向くまでは非常にいい感じで4番手追走、
一瞬、これなら!?と思わせる走りでしたが…直線に入ると伸びず。
う~ん、敗因がちょっとわかりませんね。
直線に入るとやめてしまうのか、それとも距離が長いのか…?
先生が認めた素質を、なんとかレースで発揮してもらいたいものです。



・日曜日

ふうきの3歳の誕生日でした。

正直、えっ? もう3歳!?という感じ。
こないだ2歳になったばっかりのような気がするのになぁ。

ケーキは嫁さんの自作です。
ふうきの好きな「ドクターイエロー」を描いてみたそうです。
普段は不器用だけど、ふうきを喜ばせようと頑張って描いたんですね。
実物にもかなり似ていて、上手に作っていると思います。

DSCF3798.jpg

肝心のふうきはケーキを「食べたい」という気持ちがかなり高まっていたせいか、
嫁さんが「何描いてある?」と聞いても全然答えないで食べ初めてしまいました。
ご飯食べる前から「ケーキは!? ねぇ、ケーキは!?」って言ってたもんなぁ。
嫁さんは苦労があまり報われず、ちょっとショックを受けていたようです(^^;
味のほうはふうきのお気に召したようで、凄い勢いで食べ尽くしていました。
寝る前に「明日もケーキ、食べようね」と言って、まだまだ食べたいようでした。

DSCF3794.jpg

ふうきの誕生日プレゼントには、以前から欲しいと言っていたストップレールと、
好きなレースをいくつかと、好きな車両を一つだけ選ばせてあげました。
ちなみに写真にはありませんが、車両は『500系のぞみ』です。
ドクターイエローが欲しいと言っていたのに、実物を見て、急遽そっちに乗り
変えたようです。3歳児のきまぐれはよくわかりません(^^;
これだけ買っても単価が安いので、大した金額にはならないんですけどね。

それでも、珍しく自分の欲しいオモチャを買ってもらえたふうきは大喜びです。
家につくなり、新しいレールを部屋に展開しておおはしゃぎでした。
しかし、新しく買った中の「Uターンレール」、実は使いどころが難しい…。
これを使うと、全体を一つの円にするのが非常に難しくなるんですが、新しく
自分で選んで買ったパーツなのでやはりどうしても外せないらしい。
しばらくはレイアウトに頭を悩ませそうです(私が)


ところで、最近のふうきには口癖が一つありました。



私「そろそろ、アンパンマンのトイレ(おまる)でしてみたら?」

私「シャンプーのとき、頭の上からザバッとシャワーかけてもいい?」

私「自分で上の服も着てみようか?(ズボンはなんとか自分ではける)」



この手の問いかけに対して、ふうきの答えは一つです。


ふ「まだ2歳だからできないんだ。3歳になったらやるの!」


本当に、明日からできるんでしょうかねぇ~?

ドナシュラーク3戦目

2008年10月12日 22:21

今日は出資馬のレースを初めて家で大人しく観戦。

まずパドック。
ちょうどドナシュラークの順番が回ってきたところで、横でふうきがプラレールの
「サウンド山手線」を勢いよく走らせ始め…うるさい~! 解説が聞こえない~!
ちょっと、静かに…と言って振り向くと、既に次の馬の順番…orz
2回目のパドック放送でやっと見れたけど、戦前の公式コメント通り、やはり少し
テンションが高めの様子。馬体もいかにも「+16㎏」って感じでした。太い。

本場馬入場は普通に終わったんですが、その後はさすがに2番人気に推されている
からか、画面にどアップになったり、輪乗り場でも結構映してもらってました(^^)
出資馬がこうやって注目してもらえると、やっぱり嬉しいですね。

そしてレースがスタート。

デビュー前のスタート不安はどこへやら、今回も好スタートから一気にハナへ。
そして…今回もやはり鞍上の手綱はガッチリと「抑え」の構え。
最終コーナーまで位置取りは変わらず、行きたがるのも変わらず(^^;
ホントに「熱い」気性なんだなぁ~。ドナシュラーク。
乗る人は、直線に向くまで手綱引っ張りっぱなしで疲れるでしょうねぇ。

先頭のまま、開幕週の馬場の最内というこれ以上ない絶好のコースを走り続け、
最終コーナー回りきって直線。あとは後ろから何も来ないことを祈るだけ!

2番手にいたアグネスジェードも粘るけど、差は詰まらない。
このまま行けるか…と思いきや、来た! 来た!! 来た!!!
外から単勝1倍台の1番人気、ワールドロレックス!
ドナシュラークも粘る、しかし差は少しずつ詰まる!
早くゴールが来てくれ、早くゴールが来てくれと、心の中で叫んでました。

しかし、ついにワールドロレックスがドナシュラークに襲いかかり…。

ゴール。

あぁ、これは…差された…か…。


写真判定になりましたが、正直言って絶対差されたと思いました。
スローVTRでは、レース映像よりも差がきわどく見えましたが、それでも
やはり差されているように見えました。
2着か、でも、頑張った。状態が今回よりさらに上向く次走は、今度こそ…。

確定は第4レースのパドックが終わるまで、かかりました。
そして、電光掲示板が画面に映し出されました。

1着   (ドナシュラーク)
2着  3 (ワールドロレックス)


か、勝った…? 勝ってる!? 勝ったーーーーー!!!


もう、驚き&感動でした。
判定写真を見ると、確かにわずかに残っていましたが…めちゃめちゃ際どい!
しかし際どくとも、それでもしっかり残ってくれたのはドナシュラークの根性と
騎手の腕じゃないでしょうか。ものすごく、大きなハナ差でした。
ドナシュラーク、初勝利! そして一口馬主としても、初勝利!
やった~!!! 最高です(*^▽^*)


実は航空券・宿泊パックの申込み期限ぎりぎりまで、京都に行くかどうか悩んで
いたんですが、11月のほうが安いと断念したんですよねぇ(^^;
嬉しい反面、やっぱり行っておけばよかった~と、ちょっと後悔。
でも、今回は明らかに太めの状態で、途中でお尻の筋肉痛などのアクシデントも
ありながら、それでも勝ちきってくれました。
次は上のクラスでの戦いになりますが、相手が強くなる以上にドナシュラークの
上積みが大きそうで、引き続き大きな期待を持ってよさそうです。
今回の走りは、そう思わせてくれる内容だったと思います。
これは次走も、遠征&口取り申込みを検討しなきゃいけませんね。

かなりハラハラさせられましたが、忘れられない1日になりました。
おめでとう、ドナシュラーク! そして、ありがとう、ドナシュラーク!
今後も非常に楽しみです。たくさん、楽しませてくれそうです!

抽選結果&出資馬近況

2008年10月10日 20:59

今日、結果通知書が届き、無事に出資確定しました!

DSCF3793.jpg


今年は1頭しか申し込んでないので、外れたらどうしようかとドキドキでした。
ホッとしました~。

スピード系血統と相性のよい父タニノギムレットに、母父は優秀なマイラーを
数多く輩出したネイティヴダンサー系ベーリングの配合。魅力的なシーバードの
クロス。ボリュームのあるトモと丈夫そうな馬体。厩舎も数を使う厩舎らしいので、
元が取れる可能性は高いんじゃないかと思っています。あとは、故障さえなけ
ればという感じですね。(これが一番難しい)

しばらくは月イチの更新を眺めながら、のんびり馬名でも考えたいと思います。
でも、去年と比べて両親の馬名にちなんだ馬名は考えづらそうな印象。
今は既に2008年で母の「ミレニアム」って感じでもないしなぁ~。
父の「ギムレット」からも、お酒関係の有名どころはだいたい使われてそうだし。
そもそも、私はあまりお酒飲まないから、そっち系はものすご~く疎いです。
(※余談ですが、炭酸がダメでビールが全く飲めないという珍しい人です。)

取りあえず、3頭目の出資馬として仲間入りしたミレニアムポップの07。
先輩達のように早い時期にデビューして楽しませてくれたら嬉しいです。
順調に調教が進みますように!


さて、その孝行出資馬2頭の近況です。


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

10/9
8日は栗東DWコースでの追い切り。「順調に調整でき、レースに臨め
そうです。ただ、放牧から帰ってきてから、少しテンションが高いのが
気になりますね。そのあたりが久々にレースに行ってどう出るかでしょう。
行きたがるような素振りも見せていますので、距離がマイルになるのは
よさそう。ここを使っていいガス抜きができればと思っています」(担当
助手)12日の京都競馬(2歳未勝利・芝1600m)に岩田騎手で出走。



噂は聞いていましたが、鞍上はなんと岩田騎手です!
どんな騎乗を見せてくれるか、非常に楽しみです。
先週・今週の調教でも羽月厩舎の獲得賞金TOP2と併せ馬を行っていて、
ドナシュラークに対する陣営の期待の高さが感じられます(^^)
途中でペースダウンがあったり、調教量的には少し足りない気がするので、
正直言って仕上がり途上の感じもあり、休み明けでもありますが、前向きな
気性から、休み明けでも走ってくれるのではないかという期待はあります。
開幕週の馬場を気持ちよく先行して、いい結果を出してもらいたいです。



ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

10/8
8日は栗東坂路で併せ追い(58秒3-42秒3-27秒4-13秒8)。
「馬なり程度でまだビッシリとやっていませんが、併せて追えるのは
収穫ですね。前走のように常識にかかったレースをしてくれれば、
徐々に内容は良くなっていくはずです」(木原師)
18日の京都競馬(2歳未勝利・芝1800m)に出走予定。


来週出走予定。坂のある阪神より京都のほうが向くのではないかと思います。
ただ、騎手が現時点で未定ということは…乗り替わりでしょうか?
難しい馬なだけに、乗り替わりはプラスにはならないでしょう。
誰が乗ることになるのか、気になるところです。



ドナシュラークが7月にデビューしてから、2頭で月イチ以上のペースで出走
し続けてくれてます。出資初年度から、本当にいい出資馬達に恵まれました。
この流れが長いこと続いてほしいものです(^^)

札幌開催最終日

2008年10月05日 23:24

8週間に渡る札幌開催も今日が最終日。
地元としては、これは行かにゃ~!ってことで、家族で行ってきました。

午前中はいつも通りほとんどファミリーコーナーで。
ふうき、今日は公園で遊ぶ他に、馬車にも乗ってきました。

ふうきをこういう乗り物に私や嫁さんが同乗せずに自分だけで乗せるのは初めて
だったので、乗る前に「お父さんと一緒じゃなきゃヤダ!」って言い出したり、
途中で下りるって言うのでは…とも思ってたけど、そんな心配は無用でした。
知らない子と大人しく相乗りして、ぐるっと一周して馬車を降りたら
「乗ってきたよ~」って、笑顔でこっちに駆けてきました。全然楽勝~。

DSCF3787.jpg


些細なことだけど、成長してるんだなぁって感じさせられました。親バカ~?(^^;


公園の遊具でも、いつもは難しいところは補助を要請してくるのに、

「おとうさん、あっちで座って見てて!(=こっちに来るな)」

と、今日は付き添いを拒否。一人で遊ぶんだそうで。

最近は日常でも「じぶんで!」って言うことが多くなって、そういう時期に入って
来たのかもしれません。
まだ時間がかかったり、危なっかしい場面もあるけど、ここは大人が手を出したい
のを我慢して見守ってあげなきゃいけないんでしょうね。
急いでいるときは、面倒だからやってしまいたくなるんですけど(^^;


ふうきは今日、張り切って早起き(朝6時)しすぎたツケが来たのか、昼過ぎに
眠くなってグズグズ。「もう帰る」を連発しまくり。
こういう場所に来るとテンション上がってはしゃぎすぎて、でも体はついていかず
後半失速するというよくあるパターンにハマっちゃいました。
ちょっとずつ成長はしてるけど、こういうところはまだまだ2歳児って感じ。
風が冷たくなって、かなり寒くなってきたのもあって、最終レースを待たずに
メイン終わったところで引き上げました。

馬券のほうは、いつものように前日に1~12Rを予想して、あとは見るだけ。
4R/12R当たって、調子に乗って追加したスプリンターズS撃沈の分を差し
引いてもプラス千円ちょいってところ。まぁまぁでした。

あ、それと目の前でキャロットクラブのフィックルベリーが勝って、「口取り」の
様子を初めて見ることができました。
騎手や出資馬と一緒に並んで、バシャバシャ!っと写真撮ってもらってました。
やっぱり生でみると、自分もやりたくなっちゃいますね! そのうち、いつか…!
来週はドナシュラーク、再来週はストゥレガーレが出走予定ですが、観戦に行く
ことができないのが非常に残念です。
11月に入れば閑散期になって、旅費も安くなるので、ちょっと狙っております。


今年も楽しませてくれた札幌開催も、これでおしまい。ちょっと寂しいです。
でも、来年は函館競馬場の改修があって、函館で開催していた分が札幌に来ると
いう話を聞いているので、例年の2倍楽しめる予定です(^^)
今回はシートを敷いている範囲と、ベビーカーの上しか行動できなかったサユキも
ふうきと一緒に走り回って楽しむことができるようになってるでしょう。
いろんな意味で、今年よりもさらに楽しみな来年の札幌開催です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。