--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市電フェスティバル

2008年08月31日 22:38

今日は札幌市交通局主催の「市電フェスティバル」に行ってきました。

http://www.city.sapporo.jp/st/shidenfes2008/shidenfes2008.html

電車大好きっ子、電車と名の付くものなら何にでも飛びつくふうきは、前の日から
「電車のおまつり、行くんだよ!」って大喜びです。
正確には電車じゃなくて市電だけど、あまり関係ないみたい。

DSCF3565.jpg

展示用の市電の前で一枚。
以前に真駒内の交通資料館に行ったときもそうだったけど、展示用車両に乗ったり
下りたりするのが大好きなので、今日も何回も付き合わされました。
でも、今日の札幌は久々に絶好の外出日和だったので、日向に展示されていて、
当然冷房などないこの車両の中は蒸し風呂みたいな暑さでした。
「お願い、もう終わりにしよう」と、こっちのほうが先にダウン(^^;
本当は、運転手さんの格好をして写真を撮ることもできたんですが、全力拒否。
せっかくだから着て撮ればいいのになぁ~。もったいない。

DSCF3572.jpg

こちらは「ミニてつくん」。地下鉄東豊線のミニチュアです。
ふうきの中では、地下鉄>電車>市電。今日はこれに乗りに来たようなもの。
料金無料ということもあってか、メチャメチャ並ばされましたが、待たされる苦痛
より乗りたさのほうが勝ってか、文句も言わずに強い日差しの中、並んでました。
乗っている間は、ほとんど無言で真剣な表情で外の景色を見ています。
はしゃぐのではなく、これが彼の「乗り物の楽しみ方」らしい。いつもこうです。

市電のグッズコーナーでは1000円お買いあげごとに1回引けるクジがあって、
上から2番目の景品に「札幌地下鉄のチョロQ」があったのでチャレンジ!
プラレール博のときに、絶大な威力を発揮したふうきの強運に賭けてみましたが…
結果は、上から3番目の景品でした。惜しい~!
この地下鉄のチョロQって、以前は売っていたけど今は非売品なんですって。
札幌地下鉄のグッズって全然売ってないから、欲しかったのになぁ…。残念…。

市電って、電車や地下鉄に比べるとマイナーなのかな?と思っていたけど、今日の
お祭りにはかなりの人が来ていて、ファンの多さに驚きました。
ミニてつくんだけでなく、どのアトラクションも乗るのには必ず並んでいました。
子供に交じって、大きなカメラを持った大人の方の姿もちらほらと。
年に一回しかないフェスティバルなので、ファンの人にはたまらないでしょうね。
また、来年も開催されるなら、ふうきを連れて来てみたいものです。


ふうきの話ばっかりなので、サユキの話、というか近況もちょっと。

こないだ6ヶ月なのにもうハイハイをしていると書きましたが、さらに進化して、
もうつかまり立ちをし始めました。
といっても、立つことはできても移動はできないし、油断するとすぐ倒れます。
それなのに「立ちたい願望」だけは強くて、ちょっと目を離すとすぐ手頃なものに
つかまって立ち上がっているので、毎日冷や冷やもんです。
ふうきがチョロチョロしているのを見ると、自分もやってみたくなるのかなぁ?
食欲も相変わらずで、しかも食べたり飲んだりするのも器用で上手なんです。
乳首型でなく、ストローのマグマグでお茶飲ませたら、一発でできちゃいました。
ふうきの時は「吸うと出る」ことを理解するのに結構時間かかったのに。

2番目の子って言葉も早いっていうし、近くに競争相手がいると、いろんな成長が
早くなるのかもしれません。
ふうきは普段は優しいけど、自分のオモチャを触られるのだけはイヤみたいで、
サユキは何でもふうきの遊んでいるものは触りたいみたいで、そんな二人だから、
ちょっと見ていない間に、すぐバトルが勃発しています。
競争というか、毎日「戦争」状態。これならイヤでも成長しますよね~。

放っておくとすぐ危なっかしいことをやらかすし、かと思えば、どんどん成長して
いろんなことができるようになっていっちゃう。
0歳児&2歳児、本当に毎日毎日、目が離せません!
スポンサーサイト

ストゥレガーレ新馬戦

2008年08月24日 23:51

今日の小倉5R新馬戦でストゥレガーレがデビューしました。

まずパドック。
近況でも「牡馬相手にうまっけを…」などと書かれたので、牝馬もいるパドックで
いったいどんなことになるのか…と思っていましたが、意外に普通。
むしろ落ち着いて堂々とパドックを周回していました。気配はよさそう。
な~んだ、全然大丈夫じゃないか、とホッとしました。
馬体も410㎏台と聞いていたのに、426㎏。意外に輸送で減らなかった?

そして本場馬入場。
4番の馬の映像が流れ、次は5番のストゥレガーレ…。

私「おわぁ~……!」

画面が切り替わった瞬間、元気に2本脚で立ち上がるストゥレガーレの姿が(^^;
本場馬入場のほうでやっちゃいましたね。

新馬戦立ち上がり

そのまま次の6番の馬に映像が映り、そこには後ろを振り向き(なんだあの馬、
あぶねーなぁ…)とでも言いたそうな石橋騎手&マイネチェルシーの姿が。
と、次の瞬間、猛スピードでストゥレガーレがマイネチェルシーの横を走り抜け
ようとして、それに驚いたかつられたか、マイネチェルシーも駆け足に。
(ちなみにマイネチェルシーは、ドナシュラークの羽月厩舎の馬です(苦笑))


本場馬入場で一暴れあったけど、ゲートのほうはスムーズに入りました。
いよいよレースのスタートです。

いいスタート、ではないけどまずまずのスタート。許容範囲内でしょう。
そのまま中団より少し後ろにつけ、レースは進みます。
最終コーナー前に他の馬が行ったときに少し遅れた感はあるものの、最内に
ビタッと付けて多少盛り返し、直線に向かいます。
直線では、ムチが多少入るも、どうも和田騎手、全力で追っているという感じ
ではなさそう…? そのまま先頭集団には加われず、6着でゴール。

内にササるとか、何か追いづらいところでもあったのかな?
とは言え、仮に全力で終えていても、4~5着争いに加われたどうかくらいか。
1・2着馬は人気も実力も抜けていたし、現状では勝てなかったでしょう。
陣営の言うようにもう少し使って、成長していってからという感じのようです。

でも、スタートもまぁまぁだったし、カカったりする様子もありませんでした。
レース以外のところで必要以上に消耗したり、スタートで致命的なロスをするの
ではないかと心配していたのに、そういう面がなかったのはいいことでした。

まずはデビュー戦、思っていたよりスムーズに、無事終わってよかったです。
これからの成長に期待したいですね。お疲れさま、ストゥレガーレ!

ストゥレガーレ、明日デビュー

2008年08月23日 21:35

DSCF3531.jpg

某紙の馬柱。
思ったよりも印が少なかったです。△がパラパラと。
あまり人気にならないのかな~。
でも、スタートまでが普通に運べば、勝負になると思っています。
なんとか掲示板(=優先出走権)は確保してもらいたいところです!
な~んて控えめなことを言いつつ、デビュー勝ちも密かに期待してますけどね(^^)

明日は家族で、札幌競馬場で応援しています♪

出資馬近況(8/19~21)

2008年08月22日 23:20

ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

8/21
21日は栗東DWコースでの追い切り。「坂路で追うとちょっともたれる
面があるのでコース調教はこの馬に合っていますね。実際に今週の
動きもよかったし、新馬戦に向かう馬としては上々の仕上がりにもって
これたと思います。ゲートに不安があるので先週末に練習しましたが
拍子抜けするくらい大人しくこなしてくれました。レースでもそうならいい
のですが、練習でスムーズすぎると逆に少々不気味ですね(笑)。
輸送もあるので楽観はできませんが、ゲートを含め上手くこなしてくれ
れば面白いところはあると思います。馬体重はおそらく410キロ台で
の出走となるでしょう」(担当助手)
24日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)に和田騎手で出走。

08/8/21(木)
和田 栗DW・稍重 87.6 - 69.9 - 54.7 - 40.4 - 12.4 馬なり余力(9)


レース当週の調教も良かったようで、良い状態でレースを迎えられそうです。
出走メンバーにはそんなに評判の高い馬はいないようですが、この馬の場合は
気性難・ゲート不安があるので、相手よりもまず自分との戦いです。
パドックで馬っけなど出さずに普通に周回して、スタートをせめて5分で出て
くれれば、いい結果がついてくるんじゃないでしょうか。
当日はここまでの調教の成果をしっかりと出せますように!
さすがに小倉までは応援に行けないけど、頑張れ、ストゥレガーレ!



ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

8/19
周回と坂路で軽めのキャンター調整。「移動直後から見られる疲れ
は依然残っていますね。体も多少寂しさを感じるし、若干硬さも見ら
れます。そういった面を見ているともう少々回復の時間にあてた上で
進めていったほうが良さそうです。気持ちと体のバランスがまだ取れ
てない部分もあるし、焦らずじっくり取り組んで、いい状態で送り出す
ようにしたいですね」(GW担当者)


完全復活までにはまだ時間が必要そうです。
でも、今の時期に無理をする必要は全く無いので、じっくりと取り組んで
もらえるというのはいいことです。
力があるのはわかりましたから、ゆっくり疲れが取れるのを待ってから、
普通の状態でレースに出られれば結果がでるはずです。
気長に復帰を待ってま~す。


今週の更新では同世代(06年産)のクラブ所属馬に衝撃的な内容もあり
ました。ココパエア、ディレクトリーセが、ボーンシストが原因となって引退
だそうです…。
一度も走らずに引退とは、名付け親になった方も出資者の方々も、本当に
無念の思いだと思います。その気持ちを思うと、胸が痛くなります…。
どちらも牝馬なので、今度はお母さんとしていい子を出してほしいですね。

ちなみに、ディレクトリーセはドナシュラークと同じホワイトマズル産駒。
キャロットのこの世代は3頭ホワイトマズル産駒がいますが、もう一頭の
マリリンモモコ06は1歳の12月で募集中止となっています。
ということは、ドナシュラークがキャロット2歳世代のホワイトマズル産駒
唯一の現役馬となってしまいました…。本当に寂しいです。
ドナシュラークには無理をせずに、長く現役で頑張ってもらいたいものです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

出資馬近況(8/12~14)

2008年08月17日 01:02

ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

8/14
14日は栗東坂路での追い切り(53秒7-38秒9-25秒3-12秒9)。
「馬場もそれほど良くない中で、この時計で終いも12秒台。乗り込みも
豊富だけれど、余裕を持って仕上がったと思います。兄を見ても距離は
あった方がいいでしょう。来週が楽しみです」(木原師)
24日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)に和田騎手で出走予定。


さぁ、いよいよ1週間後にデビューです! 鞍上は和田騎手に決まりました。
1週前追い切りから乗ってくれているのは、嬉しいことです。
坂路のタイムもなかなか優秀なようで、木原先生も好感触のようです。
昔は坂路が苦手だったのにね~。逞しく成長してくれました。


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

8/12
周回と坂路で軽めのキャンター調整。「先週こちらに帰ってきましたが、
連戦そして輸送の疲れもあってか馬体が減っているように感じます。
また元気のいい馬と聞いていましたが、こちらではそのような面を見せ
ません。新しい環境ということもあるのでしょうが、疲れの影響もあるの
でしょう。競馬を見てもセンスのある馬ですし、これから楽しみの大きな
馬でもありますから、今は急かさずしっかりとレース後のケアにあてて
リフレッシュを図っていきたいと思います」(GW担当者)


GWで夏休み中のドナシュラークですが、元気が無いようで心配です。
やはり暑い時期の連戦&連続輸送はこたえたようです。
スパッと放牧に出した羽月先生の判断は正しかったんでしょうね。
たくさん食べて、馬体を戻して元気いっぱいな姿を見せてくれますように!



今日、我が家にも明細&募集予定馬一覧(東西分け・金額入り)が届きました。

まず明細。
初めて分配金という形で収入が入りました。ドナシュラーク新馬戦4着の分です。
全然計算してなかったので、こんなにたくさんもらえるんだ、と驚きました。
賞金分しか頭になかったけど、「特別出走手当」というものが意外に大きいもの
なんですね。今回の総賞金の1/4を超える金額になっています。
こうやって収入が入るのも、愛馬の頑張りのお陰です。感謝、感謝~!

そして募集予定馬一覧。
私が手が出せそうなのが6万以下くらいなので、該当するのが56頭…かな?
79頭中、これくらいが出資対象範囲ならいい感じじゃないでしょうか。
一部の高額馬は凄い価格になってますが、全体としては高く感じませんでした。
気になってる馬の中で価格が原因で出資対象から外れそうなのはレディブロンド、
ビスクドールくらいです。


現時点で気になっている馬は以下のような感じ。

1.グレイトフィーヴァーの07(・父スペシャルウィーク)
2.スキッフルの07(・父デュランダル)
3.ソニックグルーヴの07(・父スペシャルウィーク)
4.ホワットケイティーディドの07(・父シンボリクリスエス)
5.プレラットの07(・父フレンチデピュティ)

他にもいるけど、取りあえず上位5頭。上から気になり具合が強い順です。
今年は牝馬を買いたいと思っているので、牝馬が優先度高めです。
しかし、全然意識してなかったけど…白老F率が異常に高くなるのは何故?
キャロットでメインとなっているノーザンFには縁がないんでしょうか(^^;

カタログの到着は来月頭くらいになるのでしょうか。
それで馬体を見て、厩舎チェックして最終決定となります。
厩舎も気になるところですね。
気になっている馬の厩舎が、北海道で多く使ってくれそうな厩舎だったら大幅に
ポイントがUPするかもしれません(笑)

やはり出資候補選びの作業は難しいけど、楽しいものですね。
あと1ヶ月ちょっとですが、もう少し悩みながら楽しみたいと思います。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

夏休みも終盤

2008年08月17日 00:21

昨日、熊石での2泊3日旅行を終えて帰ってきました。

今回のメインは400年近い歴史を持つという熊石のお祭りを見ることでした。
「根崎神社例大祭」というお祭りで、立派な山車がメイン通りを練り歩くんです。
この山車、熊石の各町内ごとに作成しているんですって。
山車の上で太鼓を叩く役目の子供も、各町内から選ばれるんだとか。
年に1度の晴れ舞台、準備から本番まで各町内単位でさぞ盛り上がるでしょうね。
昔からずっと、各町内がそれぞれを意識して、時には競い合って、お祭りを長く
盛り上げ続けてきたのかもしれません。

DSCF3476.jpg

私はYOSAKOI以外に、あまり大きなお祭りを見たことが無かったので、すごい
迫力だなぁと思いながら見ていました。
でも、後で嫁さんから聞いたけど、もっと昔のお祭りを知ってる嫁さんのご両親に
すれば「昔のほうが盛り上がっていた」んだとか。
今回は大人がやっていた、山車を引っ張る役目も昔は子供がやってたらしいです。
今の時代、どこも若手の不足問題は深刻なようです。

お祭り以外にも、海に行ったり、田舎の町並みを散歩したりと楽しかったです。
ふうきは最近は水に入るのをちょっと怖がっていたのに、海でも大はしゃぎ。
散歩中には「かぶとむし、どこにいるの?」「かぶとむし取りに行く!」だって。
どうせ本物のカブトムシを見つけても、触れないくせにね~(笑)
バッタを捕まえて見せたら「おとうさん! それ、もうポイして!」って言ってた
くらいだから。セミの抜け殻もダメ。虫嫌いはお母さんから受け継いだみたい。

サユキも初めての場所でいろいろ刺激をたくさん受けたのか、ハイハイの速度や、
物に手を伸ばすスピードも格段に上がりました。
そして、食欲がかなり旺盛なことも判明。
ババちゃんが、試しに柔らかめのお米や、すりつぶしたトマトをあげてみたら…。
ものすごいがっついて、全部ペロリと食べたあげくに、まだよこせと要求。
もらえないとわかると、仰け反って「ん~!!!」と、怒っています。
食が細めで、離乳食のパック1つを完食させるのにも苦労したふうきと違って、
あげたらあげただけ食べてしまいそうな勢いです。驚きました。

長距離移動は大変だったけど、2人とも楽しんでくれたようです。
嫁さんも、子供の頃に遊びに来た頃のことを思い出して、懐かしかったみたい。
こういう場所でゆったりとした時間の流れの中、開放的な気分で過ごすのもいい
ものですね。
最近、ずっとせかせか過ごしてきたので、いい気分転換になりました。


今日は札幌競馬場に家族で行く予定だったけど、雨が降ったので私だけで参戦。
結果は…見事に惨敗でした。
夏休みの最後に、景気をつけて休み明けの仕事に臨む計画は見事に失敗です。
今日の札幌では三浦騎手が4勝の荒稼ぎをしていました。
さすが評判の新人。これは本当に超大物になるかもしれませんね。

長かった休みも明日で終わり。
明日は市内で少し出歩くだけで、のんびりと過ごす予定です。
終わってみれば、アッという間の一週間でした。充実した休みを過ごせました。

でも、このままずっと夏休みだったらいいのになぁ…。

プラレール博

2008年08月13日 00:14

アクセス札幌で開催されている「プラレール博in SAPPORO」に行ってきました。

http://www.stv.ne.jp/event/plarail/annai/index.html

今回は平日に行ったこともあって、結構空いていました。
アトラクションゾーンでも並ばされることが一回も無く、とてもスムーズ♪
以前行ったときには一番人気の「乗ろうよ大きなプラレール」などは30分以上
並ばないと乗れない状態でしたからね。

DSCF3345.jpg

前のプラレール博の時はまだ1歳、そしてプラレール自体に興味を持つ前だった
ふうきですが、今回は既にすっかりプラレールに染まりきった状態だったので、
大はしゃぎで楽しんでいました。
ジオラマだけでなく、アトラクションやプラレール釣りなどのゲームも、私の
手を引っ張って「これ、やりたい!」って珍しく自分から積極的。
普段は慎重派でも、興味のあることだと行動的になるものなんですねぇ。

DSCF3382.jpg

写真はふうきがゲームでもらってきた「金メッキプラレール」。
プラレールあみだくじ、スロットプラレール、車庫入れゲームという3つの
ゲームをクリアすると、それぞれ先頭車両、中間車両、後部車両がもらえると
いうもので、ふうきは3つとも1発でアタリを引いてストレートにGET!
ゲームのチケットが余っていたので、1つめをやってみたらアッサリとクリア。
チケット買い足して2つ、3つ目とやらせてみたらあれよあれよという間に
全て揃っちゃった。ふうきの強運には驚かされました。

この3つのゲーム、どれも運任せのゲームで、確率はだいたい30~40%。
3つ揃えるのって、かなり難しいと思うんですよね~。
運任せのゲーム3つに、それぞれ1つずつアタリを入れるなんてタカラトミーも
うまいことやっているなぁと思わされますもん。
絶対、2個目まで手に入れて、3個目に大金つぎ込む人がいると思います。
3個中2個まできたら、欲しくなっちゃいますよね。
子供よりも大人の方が熱くなっちゃうんじゃないでしょうか(^^;

ふうきも楽しんでくれたし、貴重なプラレールも手に入って、満足の1日でした。


明日からは嫁さんの両親の実家があった熊石町(今は八雲町の一部)というところ
に2泊3日で行ってくる予定です。
嫁さんの話では、ちょっと田舎の海沿いの町ということらしいです。
新鮮な海の幸が食べられそうで、今から楽しみです。
札幌育ちのふうきにも、貴重な体験になるんじゃないかなぁ。
いっぱい自然と触れ合って、楽しんでくれればいいなと思っています。

金メダル♪

2008年08月10日 23:21

キャロットクラブ所属馬のフィフスペトルが函館2歳Sで重賞制覇!
キャロの勝負服がすごい勢いで迫って交わした瞬間は興奮しました。凄い脚!
キンカメ産駒、三浦騎手の初重賞制覇となったこの勝利。
どちらも今後大活躍しそうなので、これは「歴史的第一歩」になりそうです。

今年のキャロ2歳世代の勢いは素晴らしいものがありますね。
初出資となった思い入れのある世代なので、同期馬達の活躍は本当に嬉しいです。
フィフスペトル出資者の方々、本当におめでとうございます。
バイラオーラも5着でしっかり掲示板確保。どちらも今後が楽しみです。

馬券のほうも、返還分をさっ引いてプラス600円と上々。
2番人気・1番人気の馬連で15倍もつくとは、さすが2歳戦といった感じ。
未知の部分が多いだけに、人気がそこそこ割れて配当つきますね。



キャロのほうでも快挙でしたが、オリンピックでも快挙!(普通は順序逆?)
男子柔道で内柴選手が見事金メダルをGETしました。
息子の前で「強い父」を見事に見せた内柴選手。本当に格好よかったです。
私なんて息子にろくな姿を見せていませんよ~。父としても憧れてしまいます。

今日の柔道もよかったけど、昨日の柔道もすごく感動した試合があります。
あまり話題になってないけど、男子60㎏級の決勝戦です。
この決勝戦でみごと一本勝ちを決めた韓国・崔敏浩選手。
ワザの流れが止まりかけたのに、そこから無理矢理ひっくり返して一本。
何が何でも投げてやるという、一本への、勝利への執念を感じました。
そして、それまでずっと無表情だった顔が、優勝したとわかった瞬間にぱあっと
喜び一杯の表情に変わったのを見ると…こっちもつられて泣きそうになりました。
あのギャップ、あの表情は反則です。

明日からも注目の選手がたくさんいるし、感動の試合がたくさんありそう。
時差もほとんどないので、夜にゆっくり見られるのもいいですね。楽しみです。


話は少し変わりますが、実は私も昔、少々柔道をたしなんでいまして、ふうきにも
本人が望むならやらせてみたいなぁなんて密かに思っているんです。
心身ともに鍛えられるし、私も少しなら教えてあげられるので。
(道具も他の競技に比べて安いし…。)
それで、今回試しに柔道の試合を始めてTVでふうきに見せてみたんです。

私「ふうき、これ柔道っていうんだよ。どう?」
ふ「………。(無言)」

固まってます。

私「ふうきも柔道、やってみたい?」
ふ「ふうきは2歳だから、ちっちゃいからできないよ。」
私「じゃぁ、3歳になったらやってみる?」
ふ「3歳になっても、やらないよ!!!」

断固拒否されました…。

それから「わかったよ。ふうきは柔道やらなくていいんだよ」って何回言っても

「3歳になってもやらないの…。」
「いっぱい、こわかったの…。」
「ふうきはプラレールがいいの…。」

って、しばらくは繰り返して言っていました。相当怖かったらしい(^^;
あまり格闘技向きの性格ではないのかもしれません。
先日の絵とか、音楽教室での様子を見ると芸術系かな?
どっちかというと、サユキのほうが性格的に格闘技向いていそう(笑)
あの度胸と突進力は、けっこう大物ですよ。きっと。

お絵かき&週末重賞予想

2008年08月09日 00:23

今日は課のメンバーでビアガーデンに行くはずだったのに、急遽、急ぎの仕事が
入ってドタキャンになってしまいました…。ウチの係って、いつもこう。
超特急で仕事をなんとか片づけ、家に着いたときにはみんな既に寝た後です。
寂しいなぁと思いながら着替えをしていたら、壁に見知らぬ絵が…。

080808oekaki.jpg

どうやら、ふうきが今日描いた絵みたいです。
親の私が言うのもアレなんですが…あまりに上手でビックリしました!
今まで顔は描いても、体を描いたのは見たことがありません。
しかも、一つの紙に一つの顔を描いていたのに、この絵はちゃんとバランスを
取って我が家のメンバー全員を描けています。
こんなに絵を描く力がレベルアップしているとは想像しませんでした。
驚きと嬉しさで、仕事の疲れも吹っ飛んじゃいました!
全員に歯(口の中のもじゃもじゃ)があるのがまた、ふうきらしいです(^^)


成長と言えば、サユキもふうきに負けずに成長しています。
こないだ寝返りができたばかりなのに、もうハイハイしてます。
手元の本ではずりばいが7~8ヶ月と書いてあるけど、サユキはまだ5ヶ月。
生まれた時がデカかったから、体に合わせて成長も早いのかもしれません。
自分の思い通りに動けるようになったのが嬉しいのか、あっちこっち動き回って
なんでも触ったり口に入れたりしています。
ふうきの「サユキちゃん、触らないで!」の声も無視して、プラレールの線路を
掴んで振り回して破壊したりもしています。
さらに、ふうきの顔をガリッと引っ掻いて泣かしたことも…。
サユキの怖いモノ知らず&興味津々の突進&お触りには、ふうきもタジタジです。



さて、今週の重賞は函館2歳Sと関屋記念。
最近は交通費獲得を目的に、3連単ででかいところを意識的に狙っていましたが
久しぶりに馬連を中心に買ってみたいと思います。
一応、2歳戦は得意の分野なんですが、当たるかな~。


・函館2歳S
外枠がとにかく有利で、前走は函館芝で連対している馬がほとんど。
条件に該当する中から、メジロチャンプ、フィフスペトル、ルシュクルを。
それにラベンダー賞勝ちのナムラミーティアを加えて計4頭で。
・4頭馬連BOX+1・2着フィフス・ナムラ、3着メジロ・ルシュクルの
 3連単フォーメーション各100円。馬連6点・3連単4点で計1000円。


・関屋記念
トウショウヴォイスを軸。この馬が馬券に絡んだのは全て左回り。過去に距離
短縮組が穴を空けたケースも多く、この馬自信もマイルくらいがちょうどいい
のではないでしょうか。
リザーブカード、ヤマニンアラバスタ、マルカシェンク、マイケルバローズ、
タマモサポート、トップオブツヨシへ流し。
・馬連流しでトウショウヴォイス→6頭へ各100円。



明日からは夏休みです♪
まずは馬券を当てて、いい気持ちで夏休みをスタートしたいところです!

出資馬近況(8/6)

2008年08月07日 00:56

今日は職場の友人と「世界の山ちゃん」で手羽先食べてきました。
この人と飲むときは8割くらいがここの店なんですよね~。
味付けは少し濃いめですが、塩味濃いのが好きなので私には丁度よいです。
ヤミツキになる味で、1ヶ月に1回くらい、無性に食べたくなるんです。

最初の注文は決まって、

「手羽先5人前!」(+飲み物)

追加注文して、最終的に2人で10人前食べてたこともありました(^^;
この店で食べるときは「とにかく手羽先が食べたい」時なので、その他の物は
ほとんど注文しません。一心不乱に手羽先を食べています。



今回のキャロット水曜更新はストゥレガーレのデビュー予定が出ました。


ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

8/6
6日はゲートから追われた。「ゲートに不安があるので、今朝はゲートから
3ハロン追いました。まだ出てからフラフラしているところはありますが、
ゲート内は隣の馬が暴れそうになってもギリギリ我慢していましたし、これ
ならレースに向かえそうです」(木原師)
今のところ24日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)を目標にしている。


デビュー戦は1800mになりました。この時期に小倉での1800m新馬は
8/24しかないようなので、除外されずに出走することができるのかな?
ゲート試験合格しても、まだスタートの練習みたいなことをしているように、
こりゃ相当不安があるのかもしれません。
既に2戦消化したドナシュラークと1週間しか入厩時期が変わらず、それから
ず~っと頑張って、小さな体でたくさんの調教をこなしてきました。
その努力の成果が出るように、少しでもロスなく競馬をして欲しいものです。


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

8/6
6日にグリーンウッドへ移動。


無事にグリーンウッドに着いたようですね。一安心。
あまり暑くならず、快適な夏休みを過ごせますように~。



1歳馬の検討もぼちぼち進めているところですが、やっぱり迷いますね。
今のところ、一番気になっているのはスペシャルウィーク産駒です。
新種牡馬の中ではデュランダルかな。募集予定1頭しかいませんけど…。
今月あたりに厩舎が発表になるらしいので、そちらも気になりますね。
安くて出資者孝行な募集馬を引き当てたいところですね。
なかなかそんな都合良くはいかないでしょうけど。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

マルコメ~♪

2008年08月04日 23:59

って言っても、今の若い人はわからないでしょうね(苦笑)

使用前

使用後


ふうきの髪の毛、超☆夏バージョンに変身しました。(ジジちゃん作)
1つ目の写真がビフォー、2つ目がアフター。
最初、嫁さんから写真が送られてきたときはビックリしましたけどね。
何の予告もなく、いきなりザックリ短くなってたから…。
どこかのお寺の坊主になるつもりなのかと思いました。

でも、実際に見てみると…イイ!
ふうきは完全な和風のお顔なので、やっぱり坊主頭が似合うわ~。
触り心地も最高~! シャリシャリ~!
シャンプーも短くて済むし、散髪代もタダだったし、良いことづくめです♪
じっと見ると、頭のデコボコ具合も面白くて、つい笑ってしまいます。

これからしばらく、無意識に頭をシャリシャリしてしまう日が続きそうです。
後で寝る前にも、シャリシャリするぞ~。

ドナ君は夏休みへ

2008年08月04日 23:32

ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

8/4
3日の小倉競馬では好スタートから道中2番手を追走。四角ではジワッと
先頭に並びかけ、直線で先頭に立ちそのまま粘り込みを図るも、最後は
後続に交わされ3着。「調教師からは気性面で前向きなところがあるので、
無理に抑えず出たなりの位置から進めて欲しいと言われていました。好スタ
ートを切り、道中も前を見ながらスムーズに運べ、直線でも手応えに余裕が
ありました。しかし、今日は勝ち馬の切れ味にやられてしまいました。まだ
幼い中で見どころある競馬が出来ましたし、今後どのような成長をしてくれ
るか楽しみです」(吉田隼騎手)
「前走は体つきにも余裕がありましたし、輸送を挟んだことで体は絞れてい
ました。一番気掛かりだった気性面も、まだ幼いところはありますが、煩く
なりすぎることもなかったです。ここ二走頑張ってくれましたし、今後は一度
放牧に出して疲れを癒してあげたいと思います。復帰は馬の状態次第となり
ますが、今日と同じような条件で使って行くことになるでしょう」(羽月師)
今のところ6日にグリーンウッドに放牧予定。



予定通りレース後は放牧に出るようです。
私は放牧=北海道かと思っていたのですが、「グリーンウッド」へ放牧でした。
調べてみたところ、栗東の近くにある施設みたいです。坂路もあるんですね~。
恥ずかしい話ですが、こんな施設があるなんて今まで知りませんでした。
実は私、未勝利戦にも優先出走権(5着以内)があることも知らなかったし、
出張馬房のことも今回の一件で初めて知りました。
一口馬主を始めてから知ったことがたくさんあります。

次走以降も、距離は引き続き中距離を使うようです。
今回はあえて抑えないでよいとの指示があったらしいですね。
羽月先生もいろいろと試しながら、いい方法を考えてくれているようです。
「ドナシュラークの本当の走り」を見られる日が楽しみです。
ドナシュラークは、どんな戦法が似合う競走馬になるんでしょうね。

どうやら短期放牧らしいので、思っていたよりも復帰は早そうです。
これまで遠征続きでしたが、阪神・京都での滞在競馬も見てみたいですね。
ドナ君は他の馬よりも相当たくさん食べるらしいので、グリーンウッドの方は
これからカイバを買い足しに行かなきゃいけないんじゃないでしょうか(笑)
GWでもたくさん食べて、夏バテしないで元気に過ごしてね~。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

ドナシュラーク2戦目

2008年08月03日 23:38

我が家のケーブルTVではグリーンチャンネルのEASTしか受信できず、
小倉はレースのリプレイしか見られないので、WINSで観戦しました。

レース前の馬体重発表では前走より大幅減の-12㎏。
といっても、パドックで元気がないようにも見えないので、前走太かった分を
絞って、キッチリ仕上げてきたということでしょう。

そしてドナシュラークの第2戦がスタートしました。

スタートは上々。そのまま前走同様、二の足を使って前に取り付きます。
4,5番手くらいに付けてくれれば…と思っていたんですが、最初のカーブを
回りきった時点でなんと2番手。思ったよりも前に付けました。
向こう上面に入った直後、吉田隼騎手がガッチリと手綱を抑えにかかります。

しかし、そこからはず~っと微妙にカカリ気味な感じ。
前走は前に他馬の壁があったけど、今回は目の前に1頭いるだけですからね。
すっかり行く気になってしまったのかもしれません。
最終コーナーを回る時も、他馬が手を動かしているのに対しドナシュラークは
鞍上が必死に抑えて「まだ早い、まだ早い」といった感じ。
それでも抑えきれずに直線に入る頃には先頭に立っていました。

前の1レースが前残り競馬だったので、このまま押し切れるか!?とも思った
のですが、道中ずっとマークするような位置にいたドリームゼニスにかわされ、
さらに外からキングスレガリアに差されて3着になって、ゴール。
早めに先頭に立っちゃって、先着馬にはいい目標となっちゃったかもしれません。


前走同様、一生懸命走りすぎるところがあるのかもしれませんね。
と言っても、走る気が無いよりもあったほうがいいに決まっているので、これから
その気持ちをコントロールできるように成長してくれればと思います。
今回も勝ち馬にスバッと交わされた後も、ガタッと来ることなく、4着馬の猛追を
抑えたように、やはりドナシュラークには諦めない勝負根性があると感じました。
前走の直線で激しく接触したので、その精神的なダメージが残ってないかが密かに
心配だったんですが、そんな様子は微塵もありませんでした。

レース直後は、正直言ってショックだった(勝てると思っていたので)のですが、
まだ先は長いんだし、ポジティブに考えていきたいと思います。
前走よりも着順が一つ上がったし、2戦連続掲示板確保は力の証です!
そもそも、もっと遅いデビューと思っていたので、2歳のこの時期からこんなに
楽しませてくれていること自体、予想外のことですからね。

それに、今回は道中も2番手、そして直線ではいったん先頭だったので、実況で
馬名がかなり連呼されました。「ドナシュラーク、ドナシュラーク先頭だ!」って。
自分の考えた名前がこうやって何回も呼ばれるというのは気分のいいものですね♪
こんな贅沢なレースの楽しみ方をできるなんて、一口馬主やっててよかった。

ドナシュラークはこの暑~い時期に2戦も、しかも続けて遠征で頑張りました。
今後は放牧の予定らしいので、次のレースはちょっと先になりますね。
またしばらくは初勝利のシーンを想像しながら、楽しみに待ちたいと思います。
今日もお疲れさま、ドナシュラーク!

明日は小倉が熱い!

2008年08月02日 22:17

今回も結構印を付けてもらっています。

dona-shirusshi.jpg

この新聞の想定1番人気はドリームゼニス。
前走、阪神1800mの新馬戦で0.3秒差の4着している馬です。
平坦ローカルの小倉なので、スムーズに前に付けれる脚質も怖い相手です。
でも、ドナシュラークの新馬戦で2着だったガンズオブナバロンが今日、
新潟で未勝利戦を6馬身差でレコード勝ちし、あの豪華メンバー新馬戦が
ハイレベルの1戦であったことを証明してくれました。
そこで4着に頑張ったドナシュラークも、自分の力さえ発揮できれば、
必ずいい勝負ができると信じています。

ガンズに続いて、こちらも折り返しで快勝と行きたいところです!
明日も小倉は30℃超えと暑いらしいけど、暑さに負けずに頑張れ~!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。