--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出資馬近況(7/30~31)

2008年07月31日 22:13

ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/31
「希望していた新潟は出張馬房が取れず断念しました。ただし、番組
的に同週の小倉にも芝1800mがあったのはよかったと思います。
追い切り後も状態もいいし、何より追い切りの動きがよかった。叩いた
上積みは十分に感じられるのでいい勝負ができるでしょう」(羽月師)
8月3日の小倉競馬(2歳未勝利・芝1800m)に吉田隼騎手で出走。

7/30
30日は栗東DWコースでの追い切り。「この中間も元気いっぱいで、
暑さの中でも疲れを見せることはありません。中1週で今週使う予定
なので、30日朝の追い切りは馬なり程度ですが、それでもしっかり
した脚取りで好調さをひしひしと感じることができます。
叩いた上積みも見込めますし、初戦のレース内容からも楽しみが
大きい一戦です。レース後は結果如何にかかわらず放牧に出す
予定です」(羽月師)
出張馬房が当たれば8月2日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1800m)に
出走予定。当たらなければ3日の小倉競馬(2歳未勝利・芝1800m)に
向かう予定。

08/7/30(水)
助手 栗DW・良 82.0 - 67.4 - 53.6 - 39.8 - 12.3 馬なり余力(7)


噂は聞こえていましたが、正式にドナシュラークの今週出走が確定しました。
小倉なので現地参戦は無理でした。横断幕張りに行きたかったなぁ。口取りも。
追い切りでは馬なりでもラスト1F12秒台前半を出しているように、中一週でも
元気いっぱいのようです。
輸送・暑さも心配だけど、タフなドナシュラークなら、こなしてくれるのでは。
今回は小倉ということで、前走のような極端な瞬発力勝負にはならないでしょう。
普通にスタートを出て、中団より前につけれれば、必ずいい結果が出るはずです。
鞍上は小倉なので中館騎手は乗れず、吉田隼人騎手になりました。
あまり注目したことがなかったのですが、若いのに昨年は73勝を上げてリー
ディング11位。今年も好調で東の「若手のホープ」という感じでしょうか?
レースの後は放牧に出るようなので、勝って夏休みに入りたいところです。
頑張れ、ドナシュラーク!



ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

7/30
30日は栗東CWコースで併せ追い。「最後は一杯になってしまい
ましたが、全体の時計としては悪くありませんでした。まだ子供っ
ぽいところがあるので、もう少し走りに集中してくれれば良くなり
ますね。お兄さんもそうでしたがタイプ的に叩いて叩いてよくなる
タイプかもしれません」(木原師)
具体的なレースは未定も3回小倉競馬2、3週目でのデビューを
目標にしている。

08/7/30(水) 助手 栗CW・良 83.9 - 69.6 - 55.5 - 42.0 - 15.4
コンゴウアラムシャ(新)バテるの内追走5F併1.4秒遅れ 一杯追バテ(7)



追い切りでは終いがアラアラ~って感じになっちゃったようです。
全体の時計は良いとのことですが、途中で無駄な力を使いすぎなのかも…?
やはり激しい気性を抑えられるようにするのが、最重要課題かもしれません。
しかし、ストゥレガーレもついにデビューの予定が立ったようで、8月後半の
小倉新馬戦が目標となりました。
1200mであればたくさん新馬戦がありますが、1800mであれば24日のみ。
血統的には長いほうが良さそうですが、気性的には長いところはどうなのか?
ドナシュラークのように、まずは長いところを試してみて、結果を見てから
考えるというのも良さそうですね。(頭数揃って除外されなければですが)
それにしても「叩いて叩いて」と2回も言われるとは…。
叩き3走目くらいが狙い目ということでしょうか(^^;


ドナシュラークはそのタフさで早くも2戦目ですし、その後夏休みに入っても
今度はストゥレガーレが頑張ってくれることになりそうです。
ストゥレガーレは叩き良化型ととらえられているようなので、デビューの後も
ポンポンッと使ってくれるかもしれません。
2頭で切れ目なく出走して楽しませてくれて、本当に馬主孝行な愛馬たちです。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。
スポンサーサイト

花火大会&性懲りもなく3連単

2008年07月25日 23:30

今日は豊平川の花火大会。
ふうき、サユキを連れて家族で見に行きました。

ふうきは青色の花火が上がるたび「ふうきは、この青い花火が好きなの!」と
大喜びしていました。
そして、でっかい打ち上げ花火を見て「観覧車みた~い!」って。
お~、確かにカラフルでおっきな丸い花火は観覧車にも見えるなぁ~。
私は全然そんなこと思いつきませんでした。子供の想像力にちょっと感心!

サユキはお腹に響くようなでっかい爆発音にキョトンとしていたけど、すぐに
慣れたようで泣いたりすることもなく、じ~っと花火を見てました。
それからしばらく経って…嫁さんに抱っこされながら、爆睡してます。
よくあんな轟音の中、寝られるもんだ。大物です。こっちにも感心しました。

今度は家の前で、花火セット買ってきて花火やってみたいな~。
ふうき、怖がってやらないかな?
手には花火を持っているけど、思いっきり腰が引けてる姿が想像できます(笑)



一口馬主のほうは、どうやらドナシュラークの次走が新潟or小倉になりそう。
しかもどっちになるかは馬房の関係でほとんど運任せです。
とてもじゃないけど新馬戦の時のようにホテルパックでは手配できません。
かといって、出走が確定するのは当週の木曜日。早割系航空券も買えないので
普通に行くとなると、ものすごい費用がかかってしまいます。

ということで、奇跡に賭けてまた3連単で一攫千金でも狙ってみます。
思ったよりも早く来週出走との噂もあるので、一発勝負!
ドナシュラーク絡みでは強運を発揮する私なので、なんとか…ならないかなぁ。


・函館記念

◎ミストラルクルーズ。勝鞍は1000万までも、中距離重賞・北海道の芝には
実績あり。話題の新人・三浦騎手にも期待!
○フィールドベアー。8戦7連対とまさに「函館の鬼」。関連性高い巴賞組。
相手はマンハッタンスカイ、タスカータソルテ、メイショウレガーロ、
マヤノライジン、ピサノパテック、トーセンキャプテン。
買い目…◎1着→○2着→6頭へ3連単1・2着固定流し各100円。

出資馬近況(7/23)

2008年07月25日 23:29

ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

7/23
23日は栗東DWコースでの追い切り。「長めから追ったのは初めて
だったけれど、全体で81秒台と上々。なかなかいい動きを見せて
くれました。ただ、かなり気性がキツく、牡馬に対しても馬っけを
出すほどなので、これから追い切りを重ねてそのあたりがどうか、
という心配はありますね」(担当厩務員)

08/7/23(水)
助手 栗DW・良 81.0 - 66.1 - 52.2 - 38.9 - 13.4 一杯に追う(7)


さすが兄3頭中2頭がセン馬ということだけはあります( ̄▽ ̄;
まさに「狂気の血」といったところでしょうか…。
兄を扱ったことがあると言っても、厩舎の方々はかなり苦労しそうです。
牧場で見たときにはいつも大人しくて、そんな素振りはなかったのに。
兄たちのように、セン馬にされちゃいませんように…。



ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/23
「見どころのある内容でしたが、なにしろ上がりの速すぎる競馬でし
たからね。位置取りが少し違えば、結果も違ったかもしれません。
レース後も馬体に異常なく、飼い葉食いもいいしタフなところを見せ
ています。今後は様子を見てですが、出張馬房が当たれば新潟、外れ
れば小倉、という形で考えています」(羽月師)


レース後も相変わらずの食欲で、本当に頼もしいドナ君です。
あまりに順調すぎて、思ったより早めに2戦目という噂もあります。
来週の未勝利戦なら、新潟にはラークフライト、プロスアンドコンズと
いう強敵がまたもや立ちはだかり、小倉は相手はわからないけど新馬戦で
かなり厳しいレースをした直後なので長距離輸送で疲れないかが心配。
またすぐレースを見れるのは楽しみだけど、8月24日の同距離未勝利戦
のほうがいいような気もします。羽月先生の判断に、注目です。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

出資馬近況(7/22)

2008年07月23日 00:44

またまたドナシュラーク中心の一口ネタです。なかなか興奮冷めません。

ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/22
20日の新潟競馬では中団外目につけ直線鋭い脚で伸びてくるも前までは
届かず4着。「結果は4着だけど内容は上々だったと思います。ジョッキーも
競馬を教えてくれたし、今後に繋がるはずです。体型的にはもう少し短い距
離かなと思っていましたが今日の競馬なら中距離でも十分やれるでしょう。
まずはレース後の状態を見た上で次へと向かっていきます」(羽月師)
「すごく伸びているんですけどね。今日の流れなら仕方ありません。前へと
行くこともできましたが、今日は初めての競馬ですし、前に馬を置いて直線
脚を伸ばすという競馬をしました。距離は短くても対応できると思いますが、
今日のような走りができるのだから1600~2000mくらいでこの馬の良さを
引き出していった方がよりいいと思います」(中舘騎手)



クラブHPにレース後のコメントが出ました。
現地レクチャーで聞いてきた内容とほぼ同じです。
どうやらちょっと太めだったという話もあるようですが、今回のレースを見ると、
仕上げきらずに余裕残しでよかったんじゃないかな、とも思えました。

改めて考えると、この時期のホワイトマズル産駒が余裕残しの体で、直線ぶつけられ
ながら33.4秒の末脚繰り出すって…実は凄いことかもしれない。速い上がりが出やすい
条件だったとしても。ある程度瞬発力勝負にも対応できることがわかりました。
今後、万全の体調で、普通のペースでレースが流れて、折り合って流れに乗って、
直線不利なく末脚をのばすことができたら、ゴール時にどんな光景になるのか…。
競馬だから、そんな全てがうまくいくことは難しいと思いますが、どうしてもその
光景を想像せずにはいられません。

うわさではレース後も元気な様子らしく、取りあえずホッとしています。
ドナシュラークがしばらく激戦の疲れを癒している間、私は彼の活躍する姿を想像して
楽しみながら、ゆっくり待つことにしたいと思います。
この待っている期間も、たまらなく楽しいひとときですね。毎日妄想大爆発です。
もう一頭の愛馬のストゥレガーレも、ソエと戦いながら、坂路の調教タイムはついに
60秒を切る目前まで詰めてきているようです。
こちらもだんだんと、デビューの日が近づいてきた感じがあります。

先週は募集予定馬リストも届きました。
まだあまり目を通していませんが、一流種牡馬がズラリという感じですね。
今年は「安めの牝馬1頭」、と予定していますが牡馬にも目移りしてしまいそう。
カタログが来るまでに、ある程度候補を絞っておこうと思ってます。

今のところは、いろいろと夢が広がる楽しい一口ライフを過ごせています。
ほとんどが運だけど、1年目でいいスタートを切れました。
これがビギナーズラックで終わりませんように(^^;

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

ドナシュラーク、デビュー

2008年07月21日 00:49

ついにレース当日。
予定より早めにホテルを出たものの、新潟競馬場行きのバス乗り場で長蛇の列、
競馬場に着いたら入場券買うのにまた並ばされ、入るのにえらい苦労しました。
今日は重賞があるからなんですかね? とにかく凄い人でした。

開門と同時に入場したら、ダッシュで目指すは…総合インフォメーションの横の
扉の中。昨日、下調べしておいたので最短距離で一直線です。
ここで一体何をするのか? それは「横断幕を出すための申請」です。

先週、フィフスペトルの横断幕を見た後、やっぱりどうしても作りたくなって、
実家のほうに発注しておいたんです。
イラスト好きの妹+○○縫製に務めてる母、我が家が誇る最強タッグです。
横断幕に書く文字、配色を伝えて、あとは途中の過程で何回かバランスや文字の
大きさなどを、携帯で送ってくれた画像見ながら調整のお願いをしながら作成。
月曜日作成開始、木曜日に完成だから実質4日の強行軍で仕上げてくれました。
文字の大きさの変更依頼を出した時にだいぶキレられましたが、辛抱して、この
強行軍の中でよく作ってくれたと思います。感謝、感謝、大感謝!

申請は部屋の中で名前と住所、横断幕の内容を記入して、許可済みのシールを
貼ってもらって完了。思っていたより簡単でした。
そしてパドックへダッシュ! 昨日、パドックにあった横断幕を裏側から見て、
取り付け方も見ておいたので、マネして取り付けます。これも意外にスムーズ。


oudanmaku.jpg

『震天迅雷 ドナシュラーク』


※大辞泉より
・「震天」…天を動かすほどに勢いの盛んなこと。
・「迅雷」…激しい雷鳴。

ということで、この2つをくっつけた造語です。
『天を震わせるような激しい雷鳴』、そんな走りをイメージしてみました。



横断幕を張った後は、建物の中に避難して涼みつつ、1時間くらい前からは
パドックに張り付いて待機。
途中、お知り合いである、ドナシュラーク出資者の会員さんご夫婦と合流して、
いろいろとお話している間に、ついにその時が。
6Rの出走馬達がパドックにやってきました。ドナシュラークも…いた!

dona.jpg

私は歩様とか、動きとか、馬体は見ても全然わからないので、ドナシュラークが
周回するのをカメラで写真撮りつつ、ただじーっと眺めていました。
初めてのパドックなのに、暴れたり、鳴いたりせずにしっかり回ってるなぁ…。
もう、すっかり競走馬っぽくなっちゃって、ちょっと感動しました。

しばらくして「とま~れ~!」の号令がかかりました。
この時、ちょうど私の目の前にドナシュラークがいるときに号令がかかったので、
じっくり見ることができました。
その後、キャロットの勝負服を着た中館騎手が跨っている姿を見て、再び感動。
ドナシュラークは少しパドックを回って、そのまま本場馬入場へ。
あの大きなターフビジョンに、バッチリその姿が映し出されていました。
私はここでゴール前に移動。

dona1.jpg

dona2.jpg


それから待つこと十数分。ダイワハンターが馬体検査→競走除外になるという
アクシデントがありまして、一瞬ドナシュラークかと思ってヒヤッとしました。
結局は何事もなくゲートに入って、いよいよ…レースのスタートです!

心配したスタートは問題なく、むしろ好スタート。
そのまま先頭を奪う勢いか…?と思いきや、抑えて6,7番手?くらいへ。
道中はちょっと口を割るような仕草をみせつつも、なんとかそのままの位置を
キープしたまま直線へ。

ここで一瞬、隣の馬によられる感じ(ぶつかった?)になって、多少内のほうへ
行ってしまいましたが、怯むことなく馬群を抜け出し、単独3番手。
これは…もしかして、届くのか!? 思わず「差せ~っ! 差せっ!」と声が。

しかしすぐに隣にいたジャッカネイプスに交わされ、4番手になってしまって、
そこからはなかなか差が詰められないまま、4着、ゴール。
結局、勝ったのは5番人気のマッハヴェロシティ。2着にガンズオブナバロン、
3着鋭く追い込んだ(上がり32.6!)ジャッカネイプス。
う~ん、残念! 口取りの権利を使うことはできませんでした。

レースのしばらく後、これまた初体験の「レクチャー」です。
どうやら、中館騎手は先々のことを考えて、あえて前に馬を置いて抑える形に
したそうです。前に行くこともできたけど、そうすると、前に行く競馬しかでき
ない(抑えのきかない)馬になってしまうので、今回は競馬を教える意味でも、
前には行かなかったようです。
でも、よく伸びているし、とても楽しみな馬だと言っていたとのこと。
次走は様子を見てからだけど、しばらくはこの路線を使うことになるようです。

確かに目の前で勝って欲しかった気持ちもありますけど、中館騎手がここまで
将来のことを考えて乗ってくれたのを知って、正直嬉しかったです。
目先の一勝よりも、後々大きいところで活躍して欲しいですからね!
もしかすると、これからもコンビを続けてくれるのかもしれませんね。

こうしてデビュー戦は4着という結果になりましたが、新馬戦にしては厳しい
レースで、濃い内容の、先々が楽しみになる走りを見せてくれました。
今回は展開がちょっと向かなかったのもあると思います。
さすがにあの位置から差し切るとなると、32秒前半の脚を使わなければ届き
ませんからね。血統的にも時期的にも、それを望むのは酷というものです。
でも、きっとこの新馬戦での経験が、後々に生きてくると信じています。

まずはドナシュラーク、無事に完走してくれてありがとう。お疲れさま。
今回の新潟遠征、本当に楽しませてもらいました。
かなり迷ったけど、行って良かったと心から思います。
ちょっと休んで、またその走りで感動を与えてください!

デビュー前日

2008年07月19日 21:30

明日北海道を出発しては間に合わないので、新潟に前日入りしてます。
いろいろ下見の意味も兼ねて、着いたら競馬場へ直行~。
せっかく新潟に着たのに、他の場所を観光する気ゼロです。私。

新潟競馬場は想像していたよりもずっとキレイでした。
「直千」のレースも見ることができて、大満足。
遠くから、小さな点だった馬たちが、ちょっとずつ大きくなってきて、
そして外ラチ寸前をグワーッと駆け抜けていく。大迫力です

競馬場でちらほら「直千一気」とか「一直千!」と書かれたTシャツを
着ている人がいて、私もお土産にほしくなったのですが、競馬場内で
見つけることはできませんでした。
新潟といえばやっぱり「直千」。お土産にピッタリだと思ったのに、
残念です。もう作っていないんですかね、あのTシャツ。

パドックではドナシュラークのお兄さん、グリーンプレジャーも
発見。今はこの新潟競馬場で先導馬として活躍しているんです。
引退後もこうやって元気な姿を見られるというのはいいことですね。
明日はドナシュラークとパドックで共演!もあるんでしょうか(^^)
グリーンプレジャー


ドナシュラーク、競馬新聞を購入して見てみると…思っていたより
たくさん印がついています。
▲がたくさん並んで、離れた4、5番人気くらいかな?と思っていたけど
◎を打っている記者も結構いて、上位とそんなに差がありません。
血統面で派手さはなくても、見る人は見ているようで嬉しかったです。
必要ないのに、思わず2種類も競馬新聞買ってしまいました
やっぱり、自分の出資馬が新聞に載ってるのを見ると、感動しますね!

18059582_473043736.jpg

18059582_680315101.jpg



さぁ、明日はいったいどんな結果になるのか。
今日は興奮して寝られないかもしれません!

ドナシュラーク、いよいよデビュー(&出資馬近況)

2008年07月19日 00:34

昨年、出資申込みをした「ハートオブゴールドの06」。
驚くくらい順調に調教が進んで、名付け親にまでさせていただいて、ついには
こんなに早い時期にデビューしてくれることになりました。
夢を持って始めた一口馬主生活を、想像していたよりもさらに楽しいものに
してくれた、最高の愛馬です。

その最高の愛馬の晴れ舞台が日曜日20日の新潟6R新馬戦。
除外の心配もありましたが、無事に出走も確定してくれてホッとしています。
かなり早めに手配した新潟飛行機&ホテルパックも無駄にならず、ホッ(笑)
新馬戦は人気があって競争率が高いという「口取り権利」も無事GET!
秘密兵器(?)も持参で、万全の体勢で現地応援に望むことができそうです。

新馬戦にしては17頭立てと頭数も揃いました。
出走メンバーの中にも既に雑誌等で注目されている、強そうな馬達がいます。
その中でも、ディープインパクト近親のガンズオブナバロン(サンデーR)、
福永騎手が美浦まで調教乗りに来たという藤澤厩舎のジャッカネイプス(サン
デーR)、調教で好タイム連発の同じキャロットクラブのラークフライト。
この3頭は注目度が段違いです。他にも強い馬が何頭も…。

しかし、ドナシュラークも今週の調教でラスト11秒台のタイムを叩き出し、
非常によい動きを見せているようです。
血統面での豪華さはあまり無いだけに、どうしても人気は上記注目馬にもって
いかれそうですが、実力では引けを取らないと信じています。

まずは無事に完走、そしてできるなら1番最初にゴールを走り抜けて欲しい!
このメンバー、頭数、距離で勝てたなら、非常に価値のある勝利になります。
現地で成長したその姿を私達に見せてくれよ~!

頑張れ、ドナシュラーク!



ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/17
16日は栗東DWコースでの追い切り。「終い重点に11秒台でまとめた
ように、動きはなかなかのものです。これなら初戦から楽しみですね。
距離は未知の部分がありますが、パワーがあるタイプですからこなして
くれると思います。メンバーは揃いそうですが、状態もいいですし、楽し
みは多いですね」(鹿戸助手)
20日の新潟競馬(2歳新馬・芝1800m)に中舘騎手で出走。

08/7/16(水)
助手 栗DW・良 84.6 - 67.0 - 53.4 - 38.8 - 11.9 一杯に追う(8)



ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

7/17
17日は栗東坂路で終い重点(62秒6-12秒8)。「今朝は終いだけ
でしたが、まずはここまで順調に乗り込めています。ソエも気になりま
せんし、全体的な体調もだいぶ持ち直している感じです。デビューまで
にはもう少々時間をかけてやっていきます。徐々に時計を詰めていく方針
です」(木原師)



今回はドナシュラークをメインに書きましたが、ストゥレガーレも順調です。
ドナシュラークが早い段階でデビューしてくれたのもあり、こちらは気持ち的
にも焦らず、ゆっくりと成長を眺めていくことができています。
小倉に間に合うかな? 間に合わなければ、札幌もまだ開催してるよ?(笑)



※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

あと4つ寝たら

2008年07月16日 23:23

ドナシュラークのデビュー戦!
毎日妄想が止まりません♪ 気持ちはもう、新潟です。
調教も非常にいい動きを見せているらしく、期待はさらに高まります。

しかし、気になる情報も。



ドナシュラークのデビュー戦・20日新潟6R

出走可能頭数:18頭

出走予定馬数:20頭



…えっ!?

これって、まさか、確率は低いけど、除外の可能性アリ…!?
ここまで来て除外なんてくらったらショックがでかすぎます。
もう旅行の手配は全て済んでおり、中止になれば高いキャンセル代が…!
そしてなにより、気持ちの問題が…!

明日はJRAの出馬表を、祈るような気持ちで見ることになりそうです。
まずは、まずは無事に出走できますように!(>人<)

出資馬近況(7/9~10)

2008年07月12日 23:05

ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

7/9
9日は調整程度。「ゲートは一時期のうるささもなんとかおさまって、うまく
合格してくれました。ソエもだいぶ治まって、ケアしながらではありますが
このまま順調に進められそうです」(木原師)


先週とあまり変わり映えのしないコメントですね(^^;
木原調教師は過去のデータを見ると、夏は小倉で使うことが多いようです。
1800mあたりが良さそうですが、小倉の新馬戦はほとんど1200mのようなので、
1800mを使うとなれば中距離向きの有力馬が集中しそうです
デビュー戦をどこにするのか、木原センセの判断に注目です。


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/10
10日は栗東DWコースで併せ追い。「古馬500万下の馬に外から追いかけ
てもらう形で追い切りましたが、3馬身突き放す形になりました。時計はそれ
ほどでもありませんし、思いの外相手が走らなかったこともありますが、それ
にしてもいい行きっぷりですね。来週は輸送もあるので控えめにするつもり
です」(羽月師)
20日の新潟競馬(2歳新馬・芝1800m)に中舘騎手で出走予定。

08/7/10(木) 助手 栗DW・良 83.1 - 65.7 - 52.2 - 38.2 - 13.2
ワンダーガジ(古500万)一杯の内先行3F付0.7秒先着 一杯に追う(7)


タイムのことはよくわかりませんが、一杯に追われた古馬を3馬身突き放すと
いう内容は非常にいいんじゃないでしょうか。
先週も今週も古馬に先着。レースの「勝ちグセ」みたいに、調教でも他の馬を
突き放すことで自信につながってくれればいいなと思います。
鞍上も中館騎手に決定と、正式に発表がありました。
春の新潟リーディングの中館騎手。非常に頼もしいパートナーです。
最近、中館騎手のブログが開設されたようなので、来週にはドナシュラークの
ことも少し書かれるかもしれません。楽しみにしたいと思います。



さ~、いよいよドナシュラークのデビューが来週となりました。
だいぶ悩みましたが、新潟へ飛んで現地観戦することにしました!
一口馬主を始めて、出資馬が初めてレースに出る記念すべき日ですからね。
実は横断幕を作ろうかというプランもありましたが、なかなか時間が取れず、
結局は作ることができないままデビュー目前まで来ちゃいました。
今日、見事なデビュー勝ちを決めたフィフスペトルのパドックを見ていた時、
格好いい横断幕がTVにバッチリ映っているのを見て、やっぱり作っておけば
よかったかなぁと少し後悔しました(^^;

今の正直な気持ちは、期待と怖さが半分半分といったところ。
楽しみだけど、見るのが怖い気もする…。なんとも言えない気持ちです。
来週はレースのことをいろいろ想像しながら楽しんだり不安がったり、
口取り権利に必死に申し込みしたり、馬柱見ながら興奮したり…。
いろいろと貴重な体験ができる一週間になりそうです。

ここまで順調に来たのだから、レースまでの後一週間、何事もなく無事に
過ごしてくれますように!

出資馬現地観戦交通費獲得チャレンジ馬券(第5回)

2008年07月12日 23:01

全くカスリもしないまま、最終回の5回目となってしまいました。
今回こそ、奇跡が起きてくれないか…?
どうせ1回負けが増えても600円なので、福島・阪神の2重賞とも
買うことにしました。


・七夕賞
◎グラスボンバー
○アルコセニョーラ
3着候補 キャプテンベガ、カネトシツヨシオーマイネルキッツ、
     ミストラルクルーズ、ドリーミーオペラ、ビエンナーレ
買い目…1着◎→2着○→3着候補×6へ3連単各100円。


・プロキオンS
◎ワイルドワンダー
○サンライズバッカス
3着候補 ゼンノパルテノン、バンブーエール、リミットレスビッド、
     スリーアベニュー、ラインドライブ、ヴァンクルタテヤマ
買い目…1着◎→2着○→3着候補×6へ3連単各100円。


当たって~!(>人<)

運動会

2008年07月05日 23:35

今日はふうきの幼稚園の運動会。
お天気もばっちりで、絶好の運動会日和でした。
出る種目は2つだけですが、両家の祖父母+私の弟も駆けつけてくれました。

開会式から20分程で、ふうきの出る1つ目の種目「サンサン体操」です。
幼稚園での練習では「お日様のお面」を断固拒否。絶対付けなかったそうで…。

「ふうきがちゃんとお面つけて踊ったら、みんな喜ぶと思うよ~」
「ジジ、ババも、ふうきがお面付けて踊るところ見たいんだって!」

とプレッシャーをかけたからか、待ち時間の間も表情も硬いし、指をかじって
みたりとどこか落ち着かない様子。

開会から20分後、集合時間が来たので、ふうきを集合場所に連れて行きます。
お母さんと手を繋いでいたので、お面をサッと頭にかぶせたあとに、お面を
取ろうとするもう片方の手を私が繋いで「さぁ、行くぞ~!」と素早く連れて
行く作戦を取りました。
作戦は見事成功。かぶせた直後の時間さえやりすごせば、つけてることを忘れる
のか、違和感がなくなるのか、あまり気にならなくなるようです。
私はそれから、素早くビデオカメラ役の弟が待つ撮影ポイントに向かいました。

そして音楽が流れて体操開始。
ふうきはさっきまでの緊張を感じさせず、お面つけて、上手に踊っているよ~。
普段は結構ハチャメチャだけど、大勢の同世代の子に混じって、ちゃんと一つの
種目に参加できるようになったんだなぁ。普段は見られない姿です。
我が子の成長した姿に、ちょっと感動してしまいました。

unndoukai.jpg


もう一つの種目はスタートラインからゴールラインまで家族と一緒に走って、
先生にお菓子をもらうというもの。
こちらもジジちゃんと一緒に、ちゃんと完走してお菓子をもらっていました。

体操などは練習はダメだったみたいだけど、本番では家族が見守る中でしっかり
こなしてくれて、本番に強いところをみせてくれました。
運動会の後は緊張から解放されたのか、大はしゃぎの大ハッスルでした。
プレッシャーもかけてしまったけど、よく頑張ったよ、ふうき。えらかった!

来年は年少クラスになって、私は早朝から場所取りに行かなければならないし、
ふうきはお母さん同伴ではなく、一人で種目に参加しなければなりません。
いろいろと大変そうですが、感動や楽しみもまた増えそうで、今から楽しみです。
普段はあまり外での姿を見れないので、やっぱりこういうイベントはいいですね!

出資馬現地観戦交通費獲得チャレンジ馬券(第3・4回)

2008年07月05日 00:39

ドナシュラークの出走が7月20日予定で、もう今週と来週の2週しかないので
今回は2レース買ってみたいと思います。どっちも難解なレースです…。


・函館SS
◎ルルパンブルー。
大敗は全て1400m以上。重賞勝ちある距離&計量での激走期待。
相手はキンシャサノキセキ、ウエスタンビーナス、タイセイアトム。
買い目…◎1着固定、相手3頭へ3連単フォーメーション各100円。


・ラジオNIKKEI賞
◎キングオブカルト。2000m以上500万勝ちの馬がよく来てるので。
○タケショウオージ。父コマンダーで東京よりもローカル合いそう。
相手はスマートギア、ダイバーシティ、モンテクリスエス、ノットアローン、
ルールプロスパー、アロマキャンドル。
買い目…◎1着→○2着→6頭へ3連単流し各100円。



ダビスタのほうは考えた配合+SPの複数インブリードの配合で、G1・3勝
してくれた馬が出て、資金面ではほぼ心配がなくなりました。
1億5千万くらいの牝馬(血統見るとモデルはエアグルーヴ?)も手に入れて
これからG1常連馬が出てくれることを期待しています。
付けた種牡馬がセイウンスカイ(考えた配合)なので、ちょっと当たりはずれは
でかいかもしれませんが。
ホントはサンデーでも付ければいいんですが、ゲームの中くらいはマイナーな
種牡馬の産駒に活躍してもらいたいので、渋い種牡馬を選んでみました。


明日はふうきの通っている幼稚園で運動会があります。
メインは年少~年長クラスですが、2歳児クラスのふうきも参加できる種目が
2つくらいあるようです。
そのうちの一つ「サンサン体操(だったはず)」は、ここまで何回か練習も
しているようですが、練習ではあまりうまくいってないみたい…。
踊るときにつけるお面を嫌がったりと、いろいろ問題があるようです。
両家の祖父母も見に来るので、本番に強いところを見せて欲しいものです。

それにしても、幼稚園での姿を見ていないので、たくさんの同世代のこの中に
ふうきがいる姿ってのが、イマイチ想像つかないです。
あのふうきが、もう運動会に出る年齢になった…というのもピンときません。
どんな姿を見せてくれるのか…楽しみなような、心配なような。
自分が親として、運動会を見る側になったというのもなんか不思議な感じです。
いろんな意味で、明日はドキドキすることになりそうです。

出資馬近況(7/2~4)

2008年07月05日 00:36

ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)

7/4
4日にゲート試験を受け、無事合格。「無事合格してくれました。ソエの
方も大丈夫そうなのでこのままデビューへ向けて進めていきたいと思い
ます」(木原師)

7/2
2日はゲート練習。「3頭の真ん中でゲートを出しましたが、だいぶ辛抱
してくれるようになりました。大人しくはないものの常識の範囲内。
慣れもあるのでしょう。ゲートからの出はまだ速いとまではいきませんが、
なんとか順調にきています。今朝の練習の後様子を見て、早ければ
今週中に試験を受けるかもしれません」(木原師)



今月
solty2006.jpg

先月
solty2005.jpg

あまりゲートが得意で無さそうな雰囲気でしたが、実際に試験を受けてみたら
一発合格! ゲート練習ってストレス溜まりそうなので、練習期間が少しでも
短く済んだのはよいことです。
合格後も放牧には出さず、このまま進めるみたい。
ソエもよくなってきているようで、地道にだけど、確実に前進してます。
そういえば馬体重はどれくらいになったんでしょう…?



ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)

7/3
3日は栗東DWコースでの追い切り。「先週やったことで、だいぶいい
感じで走れるようになりました。ゲートに不安があったので、水曜日は
ゲートから出しましたが、少し緊張するものの問題ない程度でした。
このままレースまで順調に進めていきたいですね」(羽月師) 今の
ところ20日の新潟競馬(2歳新馬・芝1800m)を目標にしている。

栗DW・良 67.8 - 53.2 - 39.5 - 12.4
トーホウヘレン(古500万)馬なりの内先行0.2秒先着


今月
heart2006.jpg

先月
heart2005.jpg

先週よりも相手が強化され、500万クラスと併せでしたが、しっかり先着!
格上相手にこの内容。レースでの期待がますます高まってしまいますね。


そういえば、再来週くらいには07産募集馬のリストが届くらしいです。
今年は血統だけでなく、馬体にも注目しながら選んでみようと思ってます。
どんなラインナップになっているのか、今から楽しみです!


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。