--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念

2008年03月30日 01:27

迷って、迷って、迷って…。

結局、ドナシュラークにもう一口、追加出資してしまいました(^^;

決め手となったのは嫁さんのセリフです。

「自分で名前つけた馬なんだし、買っちゃえば? もう、こんな機会ないかもよ」

言われた時はそうでもなかったけど、ドナシュラークの残口が0に近づいて行くに
つれて、後でジワジワと効いてきました…。


「もう、こんな機会ないかもよ…。」

「もう、こんな機会ないかもよ…。」

「もう、こんな機会ないかもよ…。」


何度、この言葉が頭の中で繰り返されたか…。
そして最後には、私の心の中で行われていた「我慢」と「追加」の綱引き。
スポーン!と「追加」のほうが逆転勝利してしまいました。
私ってもしかして、「期間限定商品」とかに弱いタイプ?

一応、自分のお小遣い貯金額とも相談して、無理のない金額と判断した上での
追加出資ではありますし、この馬なら活躍して取り返してくれるという期待も
強くしているので、後悔はしていません。
おそらく、来年には後押ししてくれた嫁さんに感謝しているでしょう。きっと!

しかし、結果的に06年産だけで3頭分も出資することになってしまったので、
来年こそは1頭分に抑えなきゃいけないです。
今のところ、07年産は「5万以下の牝馬」という予定にしています。
牝馬のほうが若干安いし、キャロットクラブは牝馬の活躍馬が多いので。
募集価格が安くても大活躍した、シーザリオのような馬を探したいと思います!



さて、デカイ出費をしてしまったので、少しでも取り返さねば。
余計傷口を広げる結果に、なりませんように…。

・高松宮記念

馬場的にも、過去の傾向的にも、差し馬有利っぽい。
でも、世間がこれだけ差し有利差し有利言っている時って、逆を突かれることが
多いんですよね。1頭くらいは前に行く馬も抑えておきますか。

◎スーパーホーネット。初コース・距離となりますが、父ロドリゴということで
ローカル1200mはむしろ向いていそうな気がします。末脚炸裂を期待!
◎から馬連流しでスズカフェニックス、ブラックバースピン、ペールギュント、
ファイングレイン、トーセンザオー、エムオーウィナーへ各100円。


先週は見事にハズしましたが、今週は当たりますように。
スポンサーサイト

キャロットクラブ近況更新(3月末)

2008年03月30日 01:26

今月は月の最終日でなく、28日に近況が更新されました。
3月31日で申込を締め切る馬がいるので、ちょっと早めたんでしょう。
ドナシュラークはついに残口が50口となりましたが、この近況更新を受けて、
土日の間に全部売れちゃうかもしれませんね。


ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)
馬体重:420kg(+7㎏)

調整も順調に進み、屋内周回コースでキャンター2000mにプラスして、週3回は
屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っていましたが、3月上旬に右前脚
球節を捻挫してしまい腫れを伴ったため、大事を取ってウォーキングマシンのみに
ペースを落としていました。その後のレントゲン検査でも骨に異常は見られず、腫れ
も引いてきたので休養は1週間で済みました。現在はコース入りを再開し、屋内周回
コースで軽くダクを踏んでいますが、脚元の状態が悪化しないところを見ると元の
ペースに戻るのも時間の問題でしょう。馬体重は増加していますが、これは休養を
挟んだ分ということもあり、今後も乗り込みの中で筋肉量を増やすことで馬体重を
なだらかに増やしていきたいと思います。

今月(3月)
solty2003.jpg

先月(2月)
solty2002.jpg

休養が1週間だけで済んで、よかったです。
体重もちょっとだけど増えたし、ここで休んだことで蓄積していた疲れが取れて、
かえって今後の調教が順調に行ってくれたり…しないかな?
取りあえず、後々に引きずりそうなことにはならないようで、安心しました。


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)
馬体重:477kg(-1㎏)
第一回産地馬体検査受検。屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター
1400mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は登坂
ペースをハロン16秒まで上げています。この中間も首を上手く使う走法を身に付け
ることに主眼を置いていますが、少しずつ進展が見られる感じです。ただし、若干
ながら首を突っ張って走るところが残っているので、今後は重点的に矯正していき
ます。期待が高い馬だけに注文がどうしても多くなってしまいますが、こういった
一つ一つの積み重ねがトモで走らせることにつながっていくと思うので、根気強く
接していきたいと思います。キャンター自体は時計も少しずつ詰めているので馬体も
いい具合に引き締まり、かなり競走馬らしい体になってきました。

今月(3月)
heart2003.jpg

先月(2月)
heart2002.jpg

まだまだフォームの矯正は続くようです。思っていたより時間がかかっています。
じれったい気もしますが、じりじりと時計も詰めて週2は16秒まで来ているので
そこさえ改善ができれば、そんなに時間をおかずに次のステップ、15-15に
入っちゃうかもしれませんね。


ストゥレガーレは捻挫などありましたが、それもすぐ元のペースに戻せそうだし、
2頭ともここまで体質的な弱さは全く感じられません。
そっちの面で心配をしなくていいので、安心して見ていられます。
次もいい内容の更新が見られますように。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

狙え一攫千金

2008年03月20日 22:11

ドナシュラークの残口が結構なペースで減っています。
締切(3月末)までにはほぼ確実に満口になりそうな勢いです。
そこで、おそらく今週末が最後のチャンスになると思われるので、週末の競馬で
追加出資金の獲得を狙ってみようと思います。
と言っても、それなりの払戻がなければ、一口でも5万以上する出資金には到底
届かないので、馬券は3連単、レースも荒れそうな3歳牝馬戦を選びました。
まだ枠順も出ていませんが、明日は時間無さそうなので、もう予想しちゃいます。

・フラワーカップ
シングライクバード1着固定、フォーメーションでカレイジャスミン、スペル
バインド、マイネウインク、レッドアゲートへ。
3連単1着固定フォーメーション各100円。計1200円。

ブラックエンブレムが怖いですが、来たら諦めるということで。
さ~て。どうなりますか?

産地馬体検査

2008年03月17日 22:51

キャロット出資馬2頭のうち、ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)が
4月の「産地馬体検査」を受けることになりました。

しかし、そもそも「産地馬体検査」とは何か?

私もこういうものがあること自体、今まで知りませんでした。
調べてみたところ、北海道で馬体検査等をして馬名登録を済ませることによって、
美浦・栗東のトレセンを経由せずに、牧場から直接札幌・函館などの競馬場に入厩
できるようにするシステムのようです。
4月と6月の2回行われていて、今回は4月(第1回)の受検予定馬となります。
競走馬が競馬場でデビューするまでには、いろんな手続があるんですね。

受検予定馬は書類提出の関係で、もし満口になっていなくても3月いっぱいで出資
申込を締め切るようです。(今回は残口馬40頭チョイの中で受検予定馬は6頭)
ドナシュラークはまだ270口/400口くらいしか売れてないので、その状態で
受検予定リストに名前が挙がったということは…北海道開催でのデビューへの
期待がますます高まってしまいます。

逆にこの発表を受けて売れ行きが伸びる→一気に満口の傾向もあるらしいですが、
最近の売れ行き見てると発表が無くてもいずれ満口になりそうな感じでしたから、
残口を売るためとかでなく、普通に早期デビューが見込めると判断されたと考えて
素直に喜んでもいいんじゃないでしょうか!
札幌・函館でデビューしてくれたら、絶対口取り権利申し込んじゃいそうです。
まだだいぶ、気が早い話ですけどね~。
でも、今回のニュースで少し実現の可能性が上がった気がします。

マック仔への期待&シモネタなど

2008年03月16日 23:44

今日は重賞レースも見ていませんが、マックイーン産駒が大きいレースで
活躍した1日だったらしいですね。
私的には中山牝馬Sよりも、ホクトスルタンが勝ったサンシャインSの
結果を知った時のほうが、かなり嬉しかったです。なんと6馬身差の圧勝!
阿寒湖特別で目の前で見てから、地味に追っかけている馬なんです。
次走はもう1戦使って賞金上積み? それとも直行? どっちでしょう。
いい状態で春天に出走して、親子4代天皇賞制覇してもらいたいです。
なんとなく、ノリもこの馬に期待をかけてくれている気がするんだけどなぁ。



ここからはちょっとシモネタ(?)になります。
今日、買い物に行く途中の車の中でのふうきとの会話です。

ふうき「お父さんも、お母さんも、ちん○んついてるの。」

私「お母さんも!? じゃぁ、サユキちゃんは?」

ふうき「サユキちゃんは、ちん○んないの。買ってこないと、ないの。」

私「えっ!? 買ってきたら、つけられるの!?」

ふうき「つけられるの。」

私「売ってるところわからないから、ふうきのをあげたら?」

ふうき「イヤ!」


子供との会話って、いきなりこっちの予想しないことを言ってくるから、
面白くてしょうがないです。
まさか「買ってくる」という方向に行くとは思いませんでした。

昨日はお絵かきのことをかきましたが、歌もだいぶ上手になりました。
一曲丸ごと歌える歌も、ちょっとずつ増えてきました。
最近のブームは童謡「きしゃぽっぽ」の中の
「てっきょうだ てっきょうだ たのしいな」の替え歌です。
もう、何でもかんでもこのメロディに乗せてしまいます。

「ちかてつだ ちかてつだ うれしいなー」
「ゆきかきだ ゆきかきだ うれしいなー」
「ちゃーはんだ ちゃーはんだ ちゃーはーんー」
「いーやーやー いーやーやー いーやーだー」

本当に問答無用で乗せています。
普通に会話していても、いきなり替え歌に持っていきますからね。
すごい強引さです(^^;

お絵かき

2008年03月15日 22:30

080315_131638.jpg


080315_132742.jpg


写真はふうきの描いた絵です。

「お絵かきの時間だよ~!」

と、ノリノリで絵を描き始めるふうき。
最近は「○○の時間だよ~」が口癖です。どこで覚えた?

1枚目はジジちゃんが書いた電車に、自分で色を塗ったもの。
思ったよりもはみ出さずに、キレイに塗ったので驚きました。
意外に器用なんだなぁ。ふうき。

2枚目はアンパンマンの絵だそうです。
口の中の○は「歯」、顔の横の三本線は「耳」、○は「手」、
顔の下に生えているのは「足」(4本ありますが…)だって。
パッと見ても「何かの生物」を描いているのがわかります。

久しぶりにふうきのお絵かきを見たけど、少し前よりも
飛躍的に上達した気がします。親バカかもしれないけど。
アンパンマンなんて、前は○の寄せ集めだったのになぁ。
物を観察して、自分で表現することができてきてるんですね。

これだけ上手になれば、そろそろできるかな?と思ったので、
ちょっとワクワク、ドキドキしながら、聞いてみました。



「ふうき、お父さんの顔、書いてくれる?」



「やだ。」



そうですか………orz

出資馬近況(3月中旬)など

2008年03月14日 23:18

今日は自宅に一人です。

嫁さんが退院してから、拠点を嫁さんの実家(市内)に置いているのですが、
仕事が遅くなる日は自宅のほうに帰ってきています。
最近はこういう日が多く、子供達に顔を忘れられないか、心配…。
4月からは異動(建物内ですが)でものすごく忙しい場所に行かされるらしく、
子供の寝顔しか見られない日が増えそうで、微妙に凹んでいます…。

今までなんとか1~1.5週に1回ペースで続けていた「筋トレ」も、4月から
はどうやら継続を断念しなければいけない雰囲気です。
3年ほど前、ふうきが生まれるちょっと前に柔道を習い始めて、稽古に耐えうる
体を作ろうという目的で始めた筋トレ。(当初は2,3日おきペースだった)
道場が遠いので、今の職場に変わって多少忙しくなったので柔道のほうは残念
ながら通えなくなってしまいましたが、筋トレだけは続けていました。
ジムに通ったり、それができない日は家でダンベル使ったり。
筋肉がついてくると楽しくなって、いつの間にやらそっちのほうが目的になって
いたような気がします。
全盛期は自分で言うのもなんだけど、結構な筋肉がついていたんですよ。ウォー
キングなどもして脂肪も同時に落としたから、体脂肪率一桁の時もありました。

でも、やめるのはちょっと残念だけど、解放される安心感も、少しあるかも。
筋トレって最低でも1週間に1回くらいはやらないと、維持できないので、
それに縛られている気持ちもあるんですよね…。
今日を逃せばしばらく何日かできないから2週間以上空いてしまう!なんて時
には、結構強引に予定を合わせていた気がします。
でも、サユキも生まれたし、これからはそんなことじゃイカンですからね。
今まで続けさせてくれてた嫁さんに感謝するとともに、それにかけていた時間を
今後は家族にかけてあげなきゃ、ね。

今までかけた時間が嘘のように、すぐに普通の体に戻ってしまうんだろうなぁ。
一つ心配なのは、筋肉量が増えると代謝が増えるので、少しくらい多く食べても
太らないでいれたんですが、筋肉が落ちてからも同じ気持ちで同じ量を食べると、
エライことになりそうな気がします…。お、恐ろしい…。

と言いながらも、仕事帰りに買ってきたチョトスをこんな時間に食べる私…。
いかんなぁ。先がちょっと思いやられます。
そのうち、ふうきが小学生くらいになって、柔道でもやり始めたら、一緒にまた
筋トレ始めてみようかな。
父子で競い合いながらトレーニングするというのも、楽しそうです。
二人でやれば、なんとなくサボりづらそうな気もします。



さて、今日はキャロットクラブ出資馬の近況更新もありました。
今まで月末更新しか載せていませんでしたが、2歳から月2更新になっています。
月末に比べて写真もなく、内容も短い月中更新ですが、今回は見逃せない内容が
あったので、載せてみたいと思います。

ストゥレガーレ(ソルティレージュの06)
屋内坂路でハロン17秒程度のキャンターまで進めていましたが、右前
脚球節を軽く捻ったのか腫れが見られるようになったため、現在はウォー
キングマシンにペースを落として様子を見ています。楽をさせることで状態
は良化しているところを見ると腫れは一過性のものだと思われますので、
そう遠くなく人を背にコース入りを行う予定でいます。


ここまで順調でしたが、ついに出た「ペースダウン」…。
重傷ってワケではなさそうですが、私としては始めてのマイナスコメントなので
結構、ショックが大きかったです…。
疲れによる腫れだったら長期化する可能性もありそうですが、軽く捻ったのが
原因なら、治れば今後に影響は少なそうな気がします。
ここで一息ついたことが、結果的に良い方向に出てくれることを祈りたいです。


ドナシュラーク(ハートオブゴールドの06)
屋内周回コースでキャンター1400mの後、屋内坂路でハロン17秒
のキャンター1本を行っています。ハミを換えたことがよかったようで
だいぶ首を使った走りができるようになってきました。まだ成長途上な
面は残りますが、確実に前進していることに間違いはありません。


なんか微妙に2月末の内容よりも調教量が減ってません?
(前回更新では坂路17~18秒×2本、周回コースでキャンター2000m)
でも、フォームの矯正が成功しつつあるというのは、嬉しいですね。
前脚だけで走り続けてると、そっちの方ばっかり負担かかりそうですし。
正しいフォームで、バランス良く成長してもらいたいですね。


ドナシュラークのほうは、ついに残口が150口を切りました。
このまま順調に行けば、そんなに時間がかからず満口になるかもしれませんね。
全然売れてなかったときは不安に感じることもありましたが、売れて来ちゃうと
それはそれで、逆に寂しい気がするのは私だけでしょうか?
よく行っていた穴場の美味しい店が、いつの間にやら有名になってしまった時の
気持ちに似ている気がする…。

※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています。

出資馬の馬名決定!

2008年03月10日 21:26

出資している2歳馬2頭の馬名が、クラブから発表されました。

・ハートオブゴールドの06
馬名:ドナシュラーク(Donnerschlag)
由来:「雷鳴」の意。稲妻のような衝撃的な走りが人々の心に突き刺さる
様子をイメージして。母名より連想。(独語)



・ソルティレージュの06
馬名:ストゥレガーレ(Stregare)
由来:「魔法をかける、魅了する」の意。見る者を魅了するような魅惑的な
走りを見せてくれることを期待して。母名より連想。(伊語)



なんと、ハートオブゴールドの06のほうは私が応募した馬名です!
由来も応募した原文のまま。
まさか、1年目で名付け親になれるとは…めちゃめちゃ嬉しい…!
自分が名前をつけた馬が競馬場を走るなんて、一口馬主を始める前は夢の
また夢だったけど、この馬が無事にデビューをしてくれれば、その夢が
叶っちゃうんですね! 凄いことです。
私的にはもちろん最高の馬名ですけど、この馬に関わる人々みんなにも、
この馬名を気に入ってもらえるといいな。

「ドナシュラーク、1着でゴール!」

こんな実況を聞ける日を、楽しみに待ちたいと思います。
想像するだけでもワクワクするなぁ~!

ソルティレージュの06のほうは不採用でしたが、いい名前がついたので
こちらも大満足です。
響きも格好いいし、その名のとおり観衆を魅了する走りを期待したいです。


ここで、私が応募した馬名でボツになったものも、1個ずつですけど載せて
みたいと思います。このままお蔵入りさせるのも、なんか寂しいし…。


・ハートオブゴールドの06
応募馬名:ハーツディザイア(heart's desire)
由来:「心からの願い」の意。人々の願い・期待を背負い、それを自らの
力に変えて大舞台で活躍してくれるように。母名から連想。

・ソルティレージュの06
応募馬名:シルバーブリット(Silver Bullet)
由来:ジンベースのカクテルの名。また「銀の弾丸」は不思議な魔力を
持ち、魔除けの効果があるとも言われる。父名、母名から連想。


やっぱり、採用されたものと見比べると、実際に決まった馬名のほうが
しっくり来る気がします。
みんな気合いを入れて応募してくるし、相当な応募数があっただろうから
選ぶほうも大変だったでしょうね。

調教も進んできて、馬名も決まって、デビューに向かって着実に前進して
いる感じです。
このまま何ごともなく、順調にいってくれますように!

お兄ちゃんの変化

2008年03月09日 23:37

今日は暖かかったのでふうきと外に出て遊びました。

080309_140712.jpg

ふうきはMY雪かきで雪を放り投げ、時には私に雪をぶっかけて怒られ、
私は雪だるまを作って遊んだりしました。
雪だるまなんて、いったい何年ぶりに作っただろう?
作ってる最中は、ふうきそっちのけで作成に熱中してしまいました。
ある程度ベタ雪の日じゃないと、雪玉を転がしても全然大きくならないし、
今日は雪だるまを作るのにも、いい天気でした。
気が付いたら、ふうきの背丈とあまり変わらないくらいの大きさに…。
これ、倒れたらふうきが押しつぶされちゃいますね。


写真でふうきが履いている長靴。
わかりづらいですが、アンパンマンの長靴なんです。
これがふうきの大のお気に入り! …というか、これしか履かないです。
しかし、今の時期ならいいんだけど、これから雪が解けて、春になっても、
夏になっても、これしか履かないんじゃないかという心配もあります…。
ホント、最近は着るもの履くものに対してのこだわりがものすごくて…。
服も絶対、アンパンマンの柄が入った服じゃないと着ません。
それ以外の服を無理矢理着せようとすると、もう大暴れですよ。
たぶん、嫁さんのママ友も「ふうきくん、いつもアンパンマンの服…。」と
そろそろ思っている頃なんじゃないかな…。
せっかく買ったのに、一回も着ていない服(非アンパンマン)が、何着か
タンスに眠っていたりもします…。
何ヶ月か前までは、私らの「着せ替え人形」だったのになぁ(^^;
なんでも素直に着てくれたあの頃が、懐かしいです。


そして、妹に対する対抗意識もだんだん、出てきたみたい。
「お母さん、サユキちゃん抱っこしたらダメ!」って、頻繁に言うように…。

そして私がいるときにはもう一言。
「サユキちゃん、お父さんが抱っこする!」

…お父さんは妹に独占されてもかまわないのね。そうですか。

寝ているベッドを揺すったり、細かい攻撃も出てきました。
気が小さくて、他の子に攻撃することなんて考えられなかったふうきも、
やっぱり妹ができるとこうなっちゃうんだなぁ。
お母さんへの愛情というのは、想像以上に深いものなんですね。
お母さんとの抱擁なんて、顔面くっつけて、それは濃厚にやっていますよ。
お父さんはちょっと、さみしいです(苦笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。