--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1次募集検討&3歳馬近況

2015年09月03日 21:57

1歳馬検討を続けておりますが、だいたい候補が絞れて来ました。

イグジビットワンの14(牝 父ハーツクライ)
スナップショットの14(牝 父ハービンジャー)
リッチダンサーの14(牝 父ゼンノロブロイ)

カラベルラティーナの14(牡 父スマートファルコン)
グレイトフィーヴァーの14(牝 父ステイゴールド)
シンハリーズの14(牝 父ダイワメジャー)
シーズアンの14(牝 父マンハッタンカフェ)



このあたりが、今のところの候補です。シンハリーズ以外は、お安めです。
見事なまでに牝馬ばかりで、牡馬もダート馬が1頭だけですね。
お手頃価格帯を狙っているので、こういう路線になっちゃいました。
手が出ないのがわかっている高価格帯の馬は、あまり真剣に見てません(笑)
欲しくなっちゃいそうで…。チラ見は、してますけどね。

お手頃価格帯は特定の馬に爆発的に人気が集中することがよくあるので、
取りあえず中間発表を見て、また考えたいと思います。
第1候補は、もうほぼ決まってるんですけどねー。人気するな、人気するな…!



グレナディアーズ(牡4)
9/2 音無厩舎
2日は軽めの調整を行いました。
「先週は昇級戦とはいえ強い勝ち方をした前走と同じ条件でしたし、あんな負け方をするとは思わなかったのですが、どうもいつもの行きっぷりがなかったようです。暑い夏場に2度目の長距離輸送で、気持ちの面で萎えたところでもあったのでしょうか。馬体に大きな傷みはありませんが、このまま使って行っても良くないでしょうし、一度放牧に出させていただきます」(音無師)
近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


なんだか最近、
休み明けそこそこ走る → 次走よくわからない敗戦 → よくわからないまま取りあえず放牧
…というのがパターン化してきてないですかね。
ここ1年近く、モヤッとした状況のまま、全く進展していないような気がします。

このままズルズルと時間を消費しながら、都合よく流れが向くのを待つしかないんでしょうか。
放牧から帰ってきても同じことが続きそうで、大きな期待が持てません。
何かいい手は、ないもんでしょうか。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています
スポンサーサイト

出資馬近況(出走×2)

2015年02月12日 22:47

ブログTOPに広告が表示されるくらい、サボってしまいました…。
出資馬も戻ってきたし、もう少しで馬名の発表があったりと、クラブ全体としても
盛り上がってくるので、そろそろ私も放牧から帰ってこなきゃいけませんね(笑)


今年最初の出資馬の出走は、2頭同時(同週)となりました。
昨年の締めくくり出走も同じ週で、どちらも不完全燃焼で終わってしまったので、
今度は良い形で新年のスタートを切ってもらいたいところです。

グレナディアーズ(牡4)
2/11 音無厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒8-25秒3-13秒0)。
「今週の競馬に向けてしっかりと追い切りをこなしてきましたし、今朝は最終調整というイメージでしたが、まずまずは動けていたと思います。テンションの高さは相変わらずなので、レースに行ってそのあたりがどうかという心配はありますが、ゲート裏まではパシュファイヤーを着用するなど工夫して臨むつもりですし、なんとかいい結果を出してもらいたいですね」(音無師)
「追い切りに乗せていただきました。先週までもずっと乗ってきましたが、本来なら、今朝の馬場でもラスト1ハロンは楽に12秒台をマークしてくれるはず。やはり本当にいい頃に比べるとトモの力強さなどが少し物足りない感じはしています。とはいえ、1700mという距離はこの馬にとっては現状ベストですし、地力を考えると八分のデキでもここは勝たなくてはいけないと思っています」(北村友騎手)
15日の小倉競馬(門司S・ダ1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。


体は仕上がりきっていないようですが、気性的には休み明けでも走りそうな
タイプですし、あまり心配していないです。
新馬戦とかも、パドックで太い太い言われていながら走りましたしね(笑)
北村騎手が言うように、ここでは負けられないと思っているので、取りこぼしの
ないように、しっかりと結果を出してもらいたいと思っています。


ブレイクエース(牡3)
2/11  戸田厩舎
11日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒0-56秒0-41秒5-13秒8)。
「今週の競馬へ向けて今朝追い切りを行いました。これまでと同様にパートナーと2頭併せでしっかりと動かしています。先週の追い切りの動きが上々でしたし、今週はそこまで派手さは無いもののしっかりと反応していましたので良いのではないかと判断しています。まだ荒削りな印象はありますが、だんだん力をつけてきている状況にありますし、今回もさらなる前進を見せてくれたらと思っています。お姉ちゃんとの相性もいい岩田とのコンビで今回は向かいますから、違った一面を見せてくれたら嬉しいですね」(戸田師)
14日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に岩田騎手で出走を予定しています。


こちらはグレナディアーズよりも遅い帰厩だったので調整する時間も少なく、
追い切った内容もパッとしないので、本当にまだまだという感じです。
鞍上が岩田騎手に強化されたので、大きな期待をしたいところなんですが、
どうでしょうねー。正直、半信半疑です(^^;
前走はずーっと外々を回らされながらも、力は見せてくれました。
岩田騎手に替わった今回はどんな競馬を見せてくれるのでしょうか。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

2014年の一口馬主生活を振り返る

2014年12月14日 20:13

グレナディアーズ、ブレイクエースが放牧に出て、もう今年の出資馬の出走は
無くなりましたので、ここで今年1年の一口馬主生活を振り返りたいと思います。

グレナディアーズ(牡3) … ダート戦を中心に、7戦2勝
アンゴスチュラ(牝3) … デビューするも2戦目で鼻出血再発→引退
ブレイクエース(牡2) … 11月にようやくデビューし、2戦消化→5着、6着
ササファイヤー13(牡1) … 牧場育成中


グレナディアーズは去年暮れ、芝の新馬戦を勝って、年明けて3歳となった今年は
クラシックへの期待をしておりましたが、2戦目惨敗→ダートへの転向となりました。
結果的にはスパッと芝を見切れるような負け方で、よかったのかもしれません。
その後は堅実な成績で2勝を上げ、うちで初の3勝馬となってくれました。
来年はいよいよ、オープンクラスへの挑戦となります。

ただ、頑張ってくれたんですけど、今年の成績には正直満足してません。
「幻の2戦目」の放馬→発走除外、3歳重賞の連続除外、気性や展開のアヤでの
取りこぼしなど、うまく噛み合わない部分が多々ある中での、この成績ですからね。
もっと上を狙えたんじゃないかと、思わずにはいられません。
来年は持てる力をちゃんと発揮できるよう、心身の成長を期待しております。

もう一頭の3歳馬アンゴスチュラは、グレナディアーズ以上に能力を出せないまま、
鼻出血による無念の引退となりました…。
安田先生も期待してくれていたようで、本当に残念でなりません。
繁殖に上がることもできなかったようですが、netkeibaの掲示板情報によれば、
無事に乗馬になれたようなので、それだけは救いです。

2歳馬ブレイクエースは、デビューまで予想以上に時間がかかってしまいましたが、
なんとか2歳のうちに2戦をこなすことができました。
まだまだ仕上がり途上という感じで、その状態でまずまずの走りを見せてくれたので
勝ち上がりの光は見えたんじゃないでしょうか。
来年、なんとか暑くなる前に1勝を上げて、安心させてもらいたいです。
もっさりパワー型というか、お兄さん達とは違うタイプの馬になりそうな気がします。
案外、ダートを使ったらポンポンいくかもしれませんね。

今年から仲間入りしたササファイヤー13は、臆病なところがあると言われたり、
左飛節に腫れが出たりと、順風満帆とは言えない状況です。
まだ深刻に考える時期ではないけど、ちょっと心配です。強くなっておくれ~。

そして、今年の目標だった「アンゴスチュラが1勝」「札幌開催での出資馬出走」は
残念ながらまたもや達成できませんでした。
来年は「みんな無事に走ってくれますように」とささやかな願いをかけるだけにして、
出資馬たちを見守りたいと思います。

出資馬近況

2014年10月23日 20:51

ここ1ヶ月くらい、ちょっと競馬から遠ざかっていまして、重賞レースすらもほとんど
見ていないような状態でした。(凱旋門賞は、もちろん見てました)
秋のG1シーズンも始まったし、そろそろ出資馬にも動きが出てきそうな感じなので
ぼちぼち復活していこうと思います。


グレナディアーズ(牡3)
10/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から周回コース調整に加えて坂路での乗り込みを開始しました。次開催京都が目標とのことですからペースを上げて17-16ぐらいのところをコンスタントに乗って、帰厩までには15-15も取り入れていきます。状態に関しては気になるところはありません」(NFしがらき担当者)


牧場での調整も順調のようで、いい状態で帰厩できそうな雰囲気です。
おそらく目標は11月23日(日)の花園S(1600万条件)あたりでしょうか。
準オープンは出走すること自体が大変と聞きますが、1000万勝ち直後の
馬だと優先順位的にはどのくらいの位置になるんでしょうね?
いまだに条件戦における出走順位の仕組みがよくわかってません(^^;


ブレイクエース(牡2)
10/23  戸田厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒9-53秒7-40秒1-13秒8)。
「じっくりじっくり乗り込んできていますが、段々と良くなってきていますよ。先週の追い切りは見た目こそそうでもなかったかもしれませんが、乗っている側としては手応えは悪くなかったし、そろそろ変わってきそうだなと思っていたんです。それで今週を迎えたのですが、追い切りは馬場コンディションを考慮してポリトラックコースで行いました。先週と同じパートナーと一緒に動かしているのですが、見た目も徐々に良くなってきたでしょ?。だからと言っていついつの競馬とすぐ予定を決めるまでではないですが、形になってきているのは確かだと思いますよ。このあともこの調子で進めていきます」(戸田師)


こちらはちょっとずつ前進…してるんでしょうか?
気がつけば入厩から4ヶ月が過ぎました。そろそろデビュー予定が出て欲しいですね。
芝、ダートのどっちでおろす予定くらいは、知りたいです。
年内にデビュー、できるのかなぁ…。


※クラブHP記事の引用、写真の転載はクラブより許可を得て行っています

2013年一口馬主まとめ

2013年12月26日 23:39

出資馬たちの1年の動向は、こんな感じでした。


グレナディアーズ(牡2)
NF早来育成→10月末移動&入厩。
12月15日阪神新馬戦(芝1600m)でデビュー→1着!

・アンゴスチュラ(牝2)
NF空港育成→6月末しがらき移動→7月末入厩。
9月15日阪神新馬戦(ダ1200m)でデビュー→肺出血で直前回避→放牧

・キューの12(牡1)
NF空港育成中


グレナディアーズは気性面の問題を指摘され続けてなかなか移動できず、
アンゴスチュラは年明けに脚元の疲れが出たり、さらには鼻出血まで発生。
特にアンゴスチュラのデビュー直前鼻出血のショックは大きく、一口馬主に
対する気持ちも折れる寸前でした。

しかし、秋後半からグレナディアーズが移動→電撃(?)入厩、ゲート試験も
スパッと通り、あれよあれよという間にデビューを迎えます。
しかもまだ良化途上の状態で、いきなりデビュー勝ちを決めてくれました。
後半2ヶ月で、一気に今年1年の運気の帳尻を合わせた感じですね(^^;
10月頭の時点では、こんな展開になるとは予想もしてませんでした。
まさに終わり良ければ全て良し。
来年、このいい流れがなるべく長く続いてほしいものです。

アンゴスチュラは順調に行けば、2月くらいにはデビューできるかも。
なんとかアクシデントなく、行って欲しいですね。
でもやっぱり、仕上がり早そうなタイプだけに、2歳戦を棒に振ってしまった
のはちょっと痛かったかもなぁ。
カットレットがそんな感じで、モタモタしてる間にピークを過ぎてしまったので、
同じ失敗を繰り返すことにならなければよいのですが。少し、心配です。

今年度募集で仲間入りしたキュー12は、ここまでは順調です。
出資寸前まで、お手頃価格複数頭にするか、高額馬一頭入魂にするか、
悩んだ末に選んだ馬なので、この決断で良かったと思わせてくれるような
活躍を期待してます。


ここ数年は、あまりにも出資馬が不振で目標を立てようという気持ちすら
起こりませんでしたが、グレナディアーズのお陰で来年に向けて前向きな
気持ちをもつことができたので、久々に目標を設定してみたいと思います。

1.札幌開催での出資馬出走。(できれば現地観戦したい)

2.アンゴスチュラが1勝をあげること。


1つ目は一口やり始めてからずっと持ってる願望です。
来年はリニューアルして2年ぶりの開催になりますし、新・札幌競馬場で
出資馬が走るのを生観戦できたら、言うことないです。

2つ目は、取りあえず1勝を上げてくれれば、故障などのアクシデントが
ない限り古馬になっても走るのを見られますので、まだ勝ち星をあげて
いないアンゴスチュラに、再来年以降の楽しみを確保して欲しいです。

来年は午年。しかも、実は私は年男だったりします。
馬関係で、いいことがないかなーと、ちょっと期待しております(笑)
目標達成&出資馬に怪我がなく元気に1年過ごせますように~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。